音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
大塚 愛「熟女になったらフリーダムに羽ばたいていく」

大塚 愛「熟女になったらフリーダムに羽ばたいていく」

J-WAVEで放送中の番組『GROOVE LINE』(ナビゲーター:ピストン西沢)。9月9日(月)のオンエアでは、大塚 愛が登場。近況やリリースしたばかりの26thシングル『Chime』について語った。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年9月16日28時59分まで)


■「Fコードを押さえられるようになった」

大塚が『GROOVE LINE』に出演するのは5年ぶり。近況を訊くと、最近「苦手だったギターのFコードを押さえられるようになった」と明かす。

西沢:ギターをはじめてどれくらい?
大塚:最初は10代ですよ。そこからずっとFで挫折していたんですけど、いきなり弾けるようになって、急に楽しくなっちゃって。
西沢:じゃあ、大塚 愛の曲にはFはなかったの?
大塚:あります。Fを弾けるようになったから、やっとできるようになったんです。
西沢:『さくらんぼ』は何で作ったの?
大塚:基本的にはピアノです。頭のなかで作っちゃうので、コードとかわからないですね。
西沢:でも、ギターはギターなりの曲になるじゃない?
大塚:それは頭のなかでギターがガンガン鳴っているんです。
西沢:そうするとギターを抱えて......。
大塚:そこまではまだ頑張れない。あと3年ください(笑)。

「ギターを持っていればライブで走り回らなくていいから、もう1回やり始めたんです」とギターに再挑戦した理由を明かした大塚。実はライブで間をもたせるために走り回っていたそうで「ノッてるふりとか疲れるじゃないですか? ギターならその場にいればいいかなと(笑)」と語った。


■『黒毛和牛上塩タン焼680円』を出したとき...

番組では、大塚の26thシングル『Chime』を流した。曲を聴いた西沢は「歌い方が優しくなった」と褒めつつも、以下のように言及した。

西沢:昔の勢い一発の感じが、だいぶ影を潜めているよね。
大塚:あれはまた、のちほど熟女になってからやります(笑)。
西沢:あれを商品化したのは日本であなただけですからね。
大塚:でも最近、変わった作風の曲が多いじゃないですか。そこに出しちゃうと埋もれちゃうので。
西沢:その作風の先駆けですよ。あれを聴いて「これ音楽として売れるんだ」って。
大塚:『黒毛和牛上塩タン焼680円』を出したときに「なんだ、これ?」という感じがあったじゃないですか。そのあと「なんだ、このタイトル」って感じの作風が今は普通になっていますよね。



かつてとは作品が持つ雰囲気は変わったものの、大塚は「熟女になったらフリーダムに羽ばたいていく」と、初期の頃の元気いっぱいな作品づくりにも意欲的な姿を見せた。熟女の定義に関しては「自分が"きたな"と思ったとき」とも。今後の大塚の活躍にも注目したい。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年9月16日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GROOVE LINE』
放送日時:月・火・水・木曜 16時30分-19時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。