音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
乃木坂46・齋藤飛鳥「やだやだやだやだ!」 ハリー杉山の話に戦慄?

乃木坂46・齋藤飛鳥「やだやだやだやだ!」 ハリー杉山の話に戦慄?

J-WAVEで放送中の番組『POP OF THE WORLD』(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY'S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、乃木坂46・齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーだ。11月23日(土)のオンエアでは、11月22日(金)より公開中の映画『ゾンビランド:ダブルタップ』予告編から英語を学んだ。


■齋藤が好きなキャラクターは…

齋藤からのあいさつ「What are you up to?」(何してる?)でスタート。まずは、リスナーからの質問に答えた。

「好きなキャラクターはいますか?」

齋藤:キャラクターかあ。ホラー系だといますね。ホラー系なのかな……。
ハリー:ジェイソンとかチャッキーとか、いろんなキャラがいるけど、誰が一番いいの?
齋藤:ホラーって言っていいのか分からないんですけど、赤ちゃんをあやすハリー杉山さんですね(笑)。

齋藤は赤ちゃんをあやす仕草を披露するハリーの顔が「ホラーすぎる」ということでお気に入りのようだ。


ハリー:あのさ(笑)。いいよ、別にキャラにしても。夢のなかに出てきちゃいますけど、大丈夫ですか?
齋藤:やだ~、絶対にやだ~。出てこないで。
ハリー:これね(ラジオでやっても)伝わらないんだよ。ただ叫んでるだけだから。
齋藤:顔がすごいんですよ、ほんとうに。
ハリー:ちょっと飛鳥ちゃんに訊きたいんですけど、テケテケっていうキャラ知ってる? 僕は昔、漫画『地獄先生ぬ~べ~』を読んでて、その中にテケテケっていう下半身がない幽霊が出てくるんです。テケテケは下半身がないから、下半身を求めるために世の中を渡ってるんですよ。だから学生のときに机に向かって宿題をしていると「やべえ、テケテケがくるかもしんねえ」って。下を見た瞬間にテケテケの顔が出てくるかもしれないって、ずっと……。
齋藤:(笑)。
ハリー:ねえ、笑い過ぎ。
齋藤:ハリーさんって、意外とそういう感じですよね(笑)。
ハリー:テケテケに見つかったら、時速何キロでこっちに向かってくると思う?
齋藤:せいぜい20キロ?
ハリー:違うんだよ。100~150キロのスピードでこっちに突進してくるから、もう逃げられない。
齋藤:もうだめだ。こわっ。
ハリー:しかも、テケテケの話を聞いた人は……。
齋藤:やだやだやだやだ!
ハリー:3日以内にテケテケに会うから!
齋藤:聞いてない聞いてない。
ハリー:(笑)。
齋藤:こわっ!
ハリー:でもテケテケに「地獄に落ちろ」って言えたら大丈夫だから。
齋藤:テケテケに向かってそんなこと言うんですか? えー、でもひどくないですか?
ハリー:本当だよね。「テケテケ VS チャッキー」だったらどっちが勝つのかな。チャッキーってすごいのよ。ナイフの扱いがすさまじいの。しかも、チャッキーは首を切り落としたり燃やしたりしても生き返るからね。
齋藤:無敵ですね。
ハリー:暇なときにいつも考えちゃうの。誰が最強のホラーキャラなのかなって。
齋藤:でもテケテケこわいなあ。私の所にも現れるかな……。
ハリー:(笑)。


■映画『ゾンビランド:ダブルタップ』予告編

コーナー後半では、公開中の映画『ゾンビランド:ダブルタップ』の予告編から英語を学んだ。映画を観たハリーは、以下のように感想を述べた。

ハリー:ずっと笑っちゃった。ゾンビ映画ってさ、恐怖だけで攻める作品もあれば、うまく笑いと恐怖とほっこりを入れる作品もあって、『ゾンビランド:ダブルタップ』は後者なんですよね。もともとは、2009年公開の映画『ゾンビランド』があるんです。出演者のウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーンなどは、今はスーパースターですけど、2009年当時はウディ・ハレルソン以外、スターだけどまだ一流バリバリではなくて、エマ・ストーンなんかは最近『ラ・ラ・ランド』とか『女王陛下のお気に入り』とか……。
齋藤:『女王陛下のお気に入り』観ました。大好きでした!
ハリー:マジで? 女性同士の愛情なのか憎しみなのか、グロいよね。それでね、そんな超絶忙しいスーパースターたちが、『ゾンビランド』の続編だったらみんな集合しようっていって、メインキャストがまた集合したわけなんですよ。世界がゾンビによって食われてしまう。人間はほんのちょっとしか残っていない。発生から2カ月後の世界を舞台に、ゾンビ世界で生き残るための32のルールを作り出して生き延びたのが、オタク大学生のコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)です。そしてみんなが集まっていく。それがもとのストーリーで、続編はその10年後の話です。この映画の何がおもしろいかって、ゾンビの退治の仕方がすごい。前作よりゾンビがパワーアップしていて、前作でもノコギリとか、いろいろな武器が出てきたんですけど、今回もまたいろいろ出てきます。飛鳥ちゃんならゲラゲラ笑いながら楽しめると思います。

「今回は新キャラクターとして、少し頭が悪そうだけど肝っ玉が据わっているギャルが登場します」と、ハリーは解説を続ける。“ギャル”ことマディソンを演じるのはゾーイ・ドゥイッチだ。ハリーは、予告編でマディソンが言う「Whoopsie, I forgot the seatbelt rule.」に注目した。



ハリー:「Whoopsie」は「やば」「やっちゃった」「うわっ」「Oh!」と同じような言葉なんですけど、よく聞くんですよ。「Oops」って聞いたことがあるかもしれませんが、その進化版が「Whoopsie」です。
齋藤:「Oops」はよく聞きます。
ハリー:そして「I forgot the seatbelt rule.」(シートベルトのルールを忘れてた)。前回は32のルールでしたが、今回は73もルールがあるんです。これをちゃんとやっておかないと、ゾンビに食われてしまうと。いろいろなルールがあるんです。たとえば、たとえトイレに行っても安心しないで、とか。お約束のシーンがあるんですよね。だいたいトイレに行って「ここにはゾンビがいないしリラックスできるな」って思ったら、まさかの場所からゾンビが出てくるとかさ。英語としては「Whoopsie」を覚えてほしいな。「Whoopsie」のあとはだいたい、なんで「やばい」って言ったのか説明を加えます。飛鳥ちゃんは「しまった」「間違えちゃった」っていう出来事、最近ある?
齋藤:アラームをかけ忘れるのは、よくありますね。
ハリー:そういうときは「Whoopsie, I forgot the alarm.」です。
齋藤:Whoopsie, I forgot the alarm.
ハリー:そうそう。「alarm」は母音「a」から始まるので「the」の発音は「ザ」じゃなくて「ジ」になります。

【冠詞「a/an/the」に関する記事はコチラ】
乃木坂46・齋藤飛鳥が朝食ビュッフェで必ず食べるものは? 「なんでも好きですけど…」

ハリーは「いろいろなシーンで『Whoopsie』は使えます。なんでこんなネイティブな言葉を知ってるのかな、と思われるかも」と話す。映画『ゾンビランド:ダブルタップ』を鑑賞する際、「Whoopsie」がどこで使われるか注目してみていかがだろうか。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年11月30日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『POP OF THE WORLD』
放送日時:毎週土曜 6時-8時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン