音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
トロっとひんやり、のどごし滑らか! 織田信長や豊臣秀吉も愛した夏にぴったり絶品和スイーツv

トロっとひんやり、のどごし滑らか! 織田信長や豊臣秀吉も愛した夏にぴったり絶品和スイーツv

J-WAVEで放送中の番組『FRUIT MARKET』(ナビゲーター:横山エリカ)のワンコーナー「ERIKA'S SWEETS PARTY」。8月24日(土)のオンエアでは、「塩瀬総本家」の水羊羹を紹介した。


■歴史の偉人たちも愛した創業660年の味

創業660年という長い歴史を持つのは、明石町に本店を構える「塩瀬総本家」。初代が1349年に中国から日本にやって来て、日本で初めて餡入りの饅頭を作った。そこから応仁の乱、室町時代など時代を超えて、塩瀬の饅頭は織田信長、明智光秀、豊臣秀吉、徳川家康などに愛好された。

塩瀬総本家
常に饅頭を中心とした和菓子を作り続け、看板商品も饅頭ではあるが、夏の時期は水羊羹も人気だ。担当者によると、こだわりは小豆。饅頭、羊羹、その他の和菓子全般に北海道・十勝の厳選された農家の小豆を使用している。一般の乾物屋などには流通していないほど上級な小豆だという。

水羊羹のほとんどは、滑らかなこしあん。少し冷やして食べれば、「夏の風情を楽しめる」と担当者は話す。横山はスタジオで水羊羹を試食。長さ20センチほどの筒状の容器に入っていて、食べやすいサイズにカットする。「見た目はすごい光沢があってツルツルとしています」と横山。

塩瀬総本家の水羊羹
横山:すごいのどごしが滑らかで、口の中に入れるとトロっと舌の上でとろけます。甘さもすっきりと優しくて、爽やかにいただけます。ひんやりと冷えているので、冷えた小豆はホントに夏を感じます!

そして今回は、この時期に水羊羹と並んで人気だという、職人の手作りによる創作ゼリーも試食した。半円型のゼリーの中に柳型のゼリーが入っており、涼やかで芸術的なゼリーだ。香りは爽やかな柑橘系。「歯応えがしっかりあって、レモンとライムのようです。涼しげで夏にぴったりだと思います」と、横山は大満足の様子だった。

今回紹介した水羊羹とゼリーを詰め合わせた「夏すがた」というセットもあるので、夏のギフトにいかがだろうか。

夏すがた
J-WAVE『FRUIT MARKET』のワンコーナー「ERIKA'S SWEETS PARTY」では、気になるスイーツを紹介している。放送は毎週土曜の16時から。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『FRUIT MARKET』
放送日時:毎週土曜 15時-17時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/fruitmarket

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン