音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
乃木坂46・齋藤飛鳥、“カード派or現金派”の質問に…「お金は出しちゃえば忘れる」

乃木坂46・齋藤飛鳥、“カード派or現金派”の質問に…「お金は出しちゃえば忘れる」

J-WAVEで放送中の番組『POP OF THE WORLD』(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY'S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、乃木坂46・齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーです。7月27日(土)のオンエアでは、おみやげを買うときに使える英会話を学びました。

【『POP OF THE WORLD』(毎週土曜 6時-8時)】


■カード派or現金派

齋藤からの挨拶「How is your Saturday morning?」(土曜の朝、どう過ごしてる?)でスタート。まずは、リスナーからの質問に答えました。

「おふたりはカード派・現金派どちらですか?」

ハリー:ここまで現金をしっかり使うのは日本くらいな気がする。
齋藤:あ、そうなんだ。
ハリー:中国とか完全キャッシュレスソサエティになってるから。でも、僕は五分五分くらいですね。現金を持たない人もいるけど、現金を持ってないと不安になってしまう。
齋藤:私もどっちも持ち歩きます。よく「カードだと使いすぎる」って言いますけど、個人的にはどっちも変わらないなって。お金は出しちゃえば忘れるから、現金で払ってても節約できるわけでもなかったので。
ハリー:将来、情報番組のコメンテーターとして出てる飛鳥ちゃんが見えた。
齋藤:なんで(笑)。


■おみやげを買うときの英会話

7月は買い物で使う英語フレーズを学びます。今回は「おみやげを買うときの英会話」です。

ハリー:これは飛鳥ちゃんけっこう使うんじゃない?
齋藤:正直、旅行に行くときは全然おみやげは買わないですけど、メンバーやスタッフさんに買いたいなとかはあります。
ハリー:お母さんに買ったりしないの?
齋藤:家族にはたまに買いますけど、基本は「気を使わないで」と言われるので。
ハリー:なるほどね。
齋藤:いらないおみやげを渡してもなと思っちゃうので。
ハリー:気が付いたらおみやげでけっこう出費したりもありますしね。でも、おみやげを買うことはあるので、そういうときに使う英会話を学びましょう。

では、おみやげの定番であるお菓子を買いたいとき、「みんなで食べられるお菓子を探しています。おすすめはありますか?」と訊くなら「I'm looking for some sweets to eat with everybody. What do you recommend?」というフレーズが使えます。「look for」は「探す」という意味。「with everybody」は「with my family」や「with my friends」などに替えて応用することができます。

店員さんがクッキーをボックスで持ってきて、何枚入っているかわからないときは「How many inside?」(何枚入っていますか?)と訊いてみてください。味が気になる場合は「What kind of flavors?」や「What flavors?」(どんな味ですか?)です。試食させてもらえることもあるので「Can I try?」(試食していいですか?)と訊くのもOK。

「これはここだけで売っているものですか? 日本では売ってない?」と訊くときは「Can I get this just here? Not in Japan?」です。そして、いよいよ購入することになり、値段交渉をしたいときは「Three boxes please. Can I get a discount?」(3箱買うので安くしてもらえませんか?)というフレーズが使えます。


■実践編

習ったフレーズを使って齋藤とハリーが実践します。齋藤がお客さんで、ハリーが店員です。

齋藤:I'm looking for some sweets to eat with my family. What do you recommend? (家族みんなで食べられるお菓子を探しています。おすすめはありますか?)
ハリー:Lovely dear. What about these cookies? It's the No.1 seller. (かしこまりました。クッキーはいかがでしょう? 1番人気の商品です)
齋藤:How many inside? (何枚入っていますか?)
ハリー:There are 12. (12枚入りです)
齋藤:What flavors? Can I try? (どんな味ですか? 試食していいですか?)
ハリー:Originals are chocolate. You wanna try? (オリジナルの味はチョコレートです。試しますか?)
齋藤:Yes. (はい)
ハリー:Over here then. (では、こちらへどうぞ)
齋藤:It's good. Can I get this just here? Not in Japan? (おいしいですね。これはここだけで売っているものですか? 日本では売ってない?)
ハリー:My dear, these cookie are only available here. Not in Japan. (お客様、このクッキーをお買い求めいただけるのは当店だけです。日本にはありません)
齋藤:Three boxes please. Can I get a discount? (3箱買うので安くしてもらえませんか?)
ハリー:Oh, a discount darling. Maybe 10 percent off. Just for you my dear. (値引きですか。では10パーセントオフにします。お客様だけですよ)
齋藤:Thanks a million. (ありがとうございます)

今回ハリーが教えた英語を、この機会にぜひ覚えてみてください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『POP OF THE WORLD』
放送日時:毎週土曜 6時-8時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/popworld

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン