音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
Ovall、グルーヴ感溢れるサウンドで六本木ヒルズアリーナを包み込む! 圧巻のプレイでツイッタートレンド1位に【TOKYO M.A.P.S】

Ovall、グルーヴ感溢れるサウンドで六本木ヒルズアリーナを包み込む! 圧巻のプレイでツイッタートレンド1位に【TOKYO M.A.P.S】

J-WAVE(81.3FM)と六本木ヒルズが共催主催するフリーライブイベント「J-WAVE & ROPPONGI HILLS PRESENT TOKYO M.A.P.S」を5月5日(日)と6日(月・祝)、六本木ヒルズアリーナにて開催。

J-WAVEと六本木ヒルズは2008年から、音楽、アート、パフォーマンスを様々な表現で発信するイベントに行ってきた。これまで取り組んできた文化発信を、より多くの人が身近に体感・参加できる特別プログラムイベントが「TOKYO M.A.P.S」で、毎年ゴールデンウィークに開催している。年によって異なるプログラム・オーガナイザーを迎えるのが特徴だ。

今年は大橋トリオがオーガナイザーを務め、全9組のアーティストが出演。ここでは、6日のOvallのステージの模様をお届けする。

この日のトップバッター、ビッケブランカに続きステージに立ったOvall。曇り空のもと、関口シンゴ(ギター)、Shingo Suzuki(ベース)、mabanua(ドラム)に加え、Ovallのライブでお馴染みの村岡夏彦(キーボード)がステージに登場すると、客席から大きな拍手が沸き起こる。一瞬の静寂が六本木アリーナを包み込むと、それを打ち破るかのようにmabanuaの力強いドラムでステージが始まる。

Ovall mabanua
最初に披露したのは、再始動後初となる新アルバムからの第一弾シングル『Stargazer』。関口、Suzuki、mabanuaが繰り広げたセッションのなかで生まれた、原点回帰となるインストゥルメンタルなナンバーだ。心地よいリズムが頭上から降りかかり、チルな空間が広がる。オーディエンスはゆったりと身体を揺らしながら、Ovallが奏でるリズムに没頭していく。

Ovall 関口シンゴ
活動休止前にリリースした2ndアルバム『DAWN』からの『mistakes』では、メロウなサウンドで一気に場内を包み込む。mabanuaの繊細なボーカルが全身に染み渡っていくようだ。肩の力を抜いたようなゆるやかなサウンドから、楽曲終盤にかけて音に厚みが増していくと、拍手と歓声で応える観客たち。

Ovall
「GW最終日、みなさんいかがお過ごしでしょうか? ちゃんと晴れない……この空気感はなんとも僕たちらしい(笑)。皆さん楽しんでください!」(Suzuki)とMCは少なめに、3曲目へ。気持ちいいキックとスネアの音に被さるように鳴り響くキーボード。メンバー各々が奏でるリズムが交差し生まれるグルーヴにオーディエンスは酔いしれていた。ちなみにこの曲は、現在制作中(7割ほど完成しているという)の新作アルバムに収録予定の新曲。まだタイトルも決まっていない新曲の貴重な演奏に、オーディエンスの熱気は最高潮へ。

Ovall
新曲披露の興奮冷めやらぬまま、再始動後初のシングル『Winter Lights』。控えめでありながらグルーヴ感のあるベースの上で、ギターの軽やかな音が刻まれていく。インストメインでステージを繰り広げてきたが、ときおり挟まれるmabanuaの流れるようなボーカルがまた気持ちいい。

Ovall Shingo Suzuki
Ovall
最後は、アフロビートの『La Flamme』。4人のリズミカルな演奏が激しく絡み合い、極上のサウンドを紡ぎ出していく。一歩前に出た関口の滑らかな指さばきでかき鳴らされるギターソロでは、一際大きな歓声がアリーナから沸き起こる。ラストを飾るにふさわしい圧巻のプレイに、最高潮の盛り上がりのなかステージは終了した。

Ovall
ボーカルは少なめに、インスト重視で観客を魅了したOvall。ライブ終了後には、「Ovall」がツイッターのトレンド1位になるなど、4人が奏でる巧みなサウンドは大勢の心に刻まれたようだ

Ovallは5月12日、富士山の麓で開催されるフェス「FUJI & SUN' 19」に出演予定。お近くの方はぜひチェックしてみてほしい。


■セットリスト

M1. Stargazer
M2. mistakes
M3. 新曲
M4. Winter Lights
M5. La Flamme

■開催概要

イベント名:「J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S ohashiTrio EDITION」
日程:2019年5月5日(日)、6日(月・祝)

【出演】

プログラム・オーガナイザー: 大橋トリオ

5月5日 出演: (五十音順)
大橋トリオ
Kitri
長岡亮介
秦 基博
浜田真理子

5月6日 出演:(五十音順)
EGO-WRAPPIN’
大橋トリオ
Ovall
ビッケブランカ
フジファブリック

会場:六本木ヒルズアリーナ
入場料金:無料
主催:J-WAVE、六本木ヒルズ
協賛:ハーレーダビッドソン ジャパン

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン