音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
尾崎世界観、自身の人間関係を明かす「離れていく人は多いと思う」

尾崎世界観、自身の人間関係を明かす「離れていく人は多いと思う」

J-WAVEで放送中の番組『SPARK』(月曜担当ナビゲーター:尾崎世界観<クリープハイプ>)。1月21日(月)のオンエアでは、尾崎が人間関係について語りました。


■高校で人間関係に悩むリスナー

リスナーから届いたのは、「高校に入ってから人に嫌われるようになった」というメッセージ。

「“スクールカースト一軍”の人たちから悪口を言われます。友だちがいないわけではないので、学校を辞めたいと思っても行動に移すわけにもいきません」

読み終わった尾崎は、自身の対人関係について話しました。

尾崎:難しいですよね。人とずっと関係性を続けていくのはね。でも個人的には、よくあることです。離れていく人は多いと思います。だから、そんなに人とつながらなくてもいいなと最近は特に思いますね。あんまり人に気を遣わないですからね。だから、自分は人に嫌われることも多いんだろうなと思います。尾崎世界観の周りにずっといる人は、よっぽどいい人なんだと思いますよ。我慢強くて、できた人間だろうなと思います。だからその分、感謝したいなと思っています。

「嫌われることを割り切っている」と明かした尾崎ですが「学校だとそういうわけにはいかないですからね」と、リスナーの悩みに答えます。

尾崎:学校は、どうしても人といないとやっていけない場所ですから。でも「友だちがいないわけじゃない」って書いてますからね。「一軍」「二軍」っていうのが腹立ちますね。でもありますよね、やっぱり。どうしても越えられない壁というのは。

そして、学生だけでなく、人間関係に悩むすべての人へ、尾崎からこんなアドバイス。

尾崎:何かで見たんですけど、「2・6・2」……でしたっけ? 2割が自分と気が合う自分のことを好きな人で、6割は「どっちでもない」「どうでもいい」って思ってる人。最後の2割が自分のことを嫌ってる人。だから最初の2割を大事にして、最後の2割には近づかないようにする。で、残りの6割に極力嫌われないようにするっていうね。2割ですからね、自分のことを嫌ってる人たちなんて。「誰とでも合う」っていうのは、逆にちゃんと人付き合いできてないってことですから。嫌われるってことは、自分がちゃんと自分らしくあるということじゃないですか? 「気に入らない」と思われるということは。頑張りましょう!

尾崎は「リスナーの胸に届いていればいいなと思います」と締めました。


■「あけましておめでとうございます」はいつまで…

オンエアでは、新年の挨拶について考えを述べました。

尾崎:1月21日にもなると、もう「あけましておめでとうございます」って言いませんか。難しいですよね。8日から12日くらいにかけては、言うのか言わないのか、みたいな。言うに越したことはないんでしょうけどね。めんどくさいよ、年末年始の挨拶は。「本年もよろしくお願いいたします」って言うのが普通ですよね。でも相手によっては「今年もよろしくお願いします」のほうがよかったりするじゃないですか。バカっぽいのとマジメな感じを使い分けないといけなくて、大変だよなあ。

他にも「白いマスクに比べて黒いマスクは病気に見えない」など、季節感のある話が多いオンエアとなりました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時-25時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/spark/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン