音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
初心者ランナーは「距離」ではなく「時間」を目標に! プロが教えるステップアップ術

初心者ランナーは「距離」ではなく「時間」を目標に! プロが教えるステップアップ術

J-WAVEで放送中の番組『CHINTAI ACTIVE ON SUNDAYS』(ナビゲーター:森矢カンナ)。12月23日(日)のオンエアでは、プロランニングコーチである金 哲彦さんに「プロが教えるビギナーのネクストステップ」を伺いました。


今回、森矢は金さんと、隅田川テラスでランニングをしました。川沿いなので気持ちよく走ることができ、時間帯によってはランナーがたくさんいるスポットです。


■走るときの「美しいフォーム」ポイントは

ビギナーがランニングを楽しむための第一歩である「美しいフォーム」のポイントは3つ です。

1)腕の振り方:腕は後にぐっと引いて走る。
2)胸を開く:走り続けると猫背になりがち。両肘を後ろに引くと胸が開く形になります。

3)着地した足に体重をしっかり乗せる
:自分の真下に着地することを意識しましょう。自然に前傾姿勢になり、その勢いで前に進むことができます。


■初心者は距離よりも走る時間を目標に

初心者ランナーが次のステップに進むためには、「距離」ではなく「時間」で走りましょう。

:ちょっと走れるようになると、自分が何キロ走ったか知りたくなるし、距離を目標にしたくなります。でも、距離を目標にすると、早く終わりたくなるんです。まだ走れる体ができていないのに、ついついスピードが上がって無理をしてしまいます。時間が目標になると、その時間を走り続ければいいのでスピード的には無理をしない。それがひとつの理由です。隅田川テラスでは、屋形船と競争しながら走るのもおもしろいですよ。

最後までバテずに走るコツは、リズムを意識することです。

:走るリズムは、上級者になるとどんどん早くなります。初心者の場合は、165から170BPM(1分間に165歩から170歩)が走りやすいと思います。リズムが早いぶん歩幅は小さく、リズムはなるべく変えずに一定にしたほうが疲れにくくなります。走るリズムに合わせて呼吸をすると、さらに疲れにくいです。リズムと呼吸を合わせることが、疲れない走り方のコツです。


■1時間走れるようになったら、皇居ランニングデビュー!

初心者ランナーは、30分走ることに慣れてきたら45分、1時間と時間を伸ばしていきましょう。1時間をゆっくりでも走れるようになったら、皇居デビューもOK! 一周5キロの皇居を何分で走れるかがわかると、ハーフマラソン完走などの目安が見えてくるそうです。

森矢は「走る場所は大切だと思いました。隅田川テラスは気持ちよくてがんばれますね!」と今回のランニングを振り返りました。さらに、「目指せホノルルマラソン! まだまだ道は長いですが頑張りたいと思います」と大きな目標も掲げました。

『CHINTAI ACTIVE ON SUNDAYS』

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『CHINTAI ACTIVE ON SUNDAYS』
放送日時:日曜 12時-12時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/activesundays/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。