音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
スマホ時代によく読まれる漫画は○○! 漫画研究家イチオシ作品も紹介

スマホ時代によく読まれる漫画は○○! 漫画研究家イチオシ作品も紹介

J-WAVEで放送中の番組『GROWING REED』(ナビゲーター:岡田准一)。7月22日(日)のオンエアでは、マンガを介したコミュニケーションを生み出すことを目的としたユニット「マンガナイト」の山内康裕さんをゲストにお迎えして、漫画についてたっぷりお話をお訊きしました。


■税理士から漫画の世界に

もともとは税理士だった山内さんですが、漫画が好きでアフターファイブに漫画を研究したりコミュニティを作ったりしていたそうです。それがメインとなり、現在は漫画に携わる仕事をしていますが、作家や編集者ではありません。山内さんいわく「漫画を他の業界に繋げていく、広げていく仕事が中心」だと言います。例えば、子どもたちにどういうふうに漫画を見せる環境を作るか、漫画の展示会などをどう見せるかなど、漫画を核にした広げ方、伝え方の企画を作ったりしています。

山内:漫画って、コミュニケーションでうまく使えるんじゃないかと思うところがあって。「コミュニケーションで漫画を使いましょう」みたいなワークショップを始めたのがきっかけだったんです。その形式がおもしろかったみたいで。
岡田:それが「マンガナイト」」ですか?
山内:そうですね。

山内さんいわく、「マンガナイト」はサークルと非営利団体の間のような集団で、漫画好きが集まる読書会、オススメ漫画を紹介しあう会、漫画のポップを勝手に描く会など、漫画好きが楽しめる新しいワークショップの試みを企画しています。


■おすすめ漫画を紹介

そんな漫画を愛してやまない山本さんが、オススメの漫画をいくつか紹介してくれました。

『バディドッグ』(細野不二彦著)
近未来の人工知能(AI)を扱った漫画で、「今いちばんわかりやすく、ちょっと先の未来を描いてる」と山内さんは説明します。

山内:人工知能が小さい小型ロボットのようなカラダを持ったときに、その身体の不便さだったりを感じるというような、ちょっと先の未来を描いている漫画です。

『BLUE GIANT』(石塚真一著)
こちらは岡田も「おもしろい!」と述べる、ジャズを題材にした作品。この作品のすごいところは「音の出しかた」という山内さん。漫画は当然、音は鳴りません。その中で音をどう表現するのかがポイントになるのですが、「臨場感で見せるというところが一番素晴らしい漫画」だと言います。

山本:毎回、最後に「かつてこうだった」みたいな形のプロローグがあるところもおもしろかったり。単行本で読むとすごくいい作品だと思います。


■日本の漫画業界の実情

最近、電子書籍のコミックスが紙のコミックスの売り上げを抜いたというニュースが話題になっています。漫画家によってはどういう媒体で作品を読まれるかを考えてコマ割りや絵のサイズを決めるため、「紙でも電子書籍でも関係ない」というわけではないそうです。

山内:今はやっぱりスマホで読まれることが増えてきています。スマホで読まれている作品って、過去の名作もあるんですが、新作だとやっぱりスマホで読みやすいもの、課金しやすいものが増えていますね。

例えば、自分の生活に近いエッセイ風の作品や、パニック・ホラーものが多いのだとか。「ホラー系はスライドするときのちょっと見える感じと、紙を広げる感じは若干違うので、そういう意味では向いているのかもしれない」と山内さんは分析します。

なお現在、一番売り上げている週刊漫画雑誌は『週刊少年ジャンプ』で、発行部数が200万部を切るほど。しかし、全盛期は650万部以上を発行していたため、3分の1まで落ちています。

山内:当時はコンビニで立ち読みしていた人たちもいますから、実際読まれていた数は新聞よりも多かったかもですね。
岡田:当時って20年前くらいですか? あの頃ジャンプって何が連載されてたんでしたっけ?
山内:『幽☆遊☆白書』『SLAM DUNK』『ドラゴンボール』の時が全盛期ですね。
岡田:これは強い(笑)!
山内:はい(笑)。

スマホで読める時代になってからは、漫画雑誌だけでなく、出版業界全般が不況といわれています。そんな中でも特に漫画を読んでいるのが、30代前後のアラサー世代だそう。

岡田:僕は本も読むし、漫画も読むんですよ。山内さんは、漫画は家にどれくらいあります?
山内:オフィスのも含めてだと、1万2、3000冊くらいですね。
岡田:それはすごい……。ぜんぜん勝負にならなかった(笑)。

そこから岡田と山内さんは同世代ということもあり、子どもの頃に大好きだった懐かしの漫画トークに花を咲かせました。

【番組情報】
番組名:『GROWING REED』
放送日時:毎週日曜 24時-25時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/growingreed/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。