音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」

グラム単位の量り売り 「ルヴァン」の絶品カンパーニュ

J-WAVE金曜朝の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・善奈)のワンコーナー「HAPPY SATURDAY BAKERY」。4月2日のオンエアでは、富ヶ谷にある「ブーランジェリー ルヴァン」の名物パンを紹介しました。

「ルヴァン 富ケ谷店」は1982年に調布にオープンしたお店で、富ヶ谷には25年ほど前に移転。素材と製造過程にこだわった、パン好きなら知らない人はいないという名店中の名店で、毎年フジロックの「FIELD OF HEAVEN」にも出店しています。

今回紹介したのは創業当初から人気の「カンパーニュ」。カンパーニュはフランス語で「田舎風のパン」という意味。料理やスープとも相性抜群、食事パンの代表格です。ルヴァンのカンパーニュはまん丸の形をしていて非常に大きいです。

お店の方の話によると、全粒粉を知り合いの無農薬の農家から仕入れ、香りが良いうちに使っているとのこと。全粒粉の味が一番よくわかるように粉を挽いていて、酵母も開業以来30年継いでいるものを使用しています。

「まわりはカリッと、中はモチッとしていて香ばしい。粒粉の味が後から口の中に広がります。甘みが出てくる感じで美味しいです。オリーブオイルとも相性抜群で、オリーブの香りとマッチしていますね」(渡辺祐)

ルヴァンのカンパーニュはグラム単位の量り売りで、1グラムあたり1.3円。グラム単位で販売しているお店は珍しいとのこと。乾燥を防ぐためにビニール袋に入れて保存すると常温で4~5日は日持ちするとのこと。フライパンにオリーブを敷いて、弱火で蒸し焼きにして食べるのもオススメだそうです。

もう1種類紹介したのは「味噌パン」。クルミの値段が高騰した時に、ナッツのようなものが日本にないかと探したことと、オーナーが「味噌を使ったパンを作りたい」と言っていたことがきっかけで開発。味噌と千葉の落花生を使用しています。期間限定で4月6日まで販売。

「断面のところからも味噌の良い香りがします」(渡辺祐)
「惣菜パンとしてそのまま食べて美味しいです」(善奈)

「ブーランジェリー ルヴァン 富ケ谷店」では月ごとに期間限定のパンも販売。お店は井の頭通り沿い、上原一丁目の交差点近くにあります。ちょうど桜の季節。パンを買ってお花見に行ってみてはいかがでしょう?

【関連サイト】
「RADIO DONUTS」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。