音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
金子大地、黒木華の優しさに感謝。自分が教官役だけど「先生!と呼びたいくらい」

金子大地、黒木華の優しさに感謝。自分が教官役だけど「先生!と呼びたいくらい」

TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2018準グランプリ受賞作『先生、私の隣に座っていただけませんか?』(9月10日公開)の完成報告会見が8月25日都内で行われ、主演の黒木 華、柄本 佑、共演の金子大地、奈緒、そして堀江貴大監督が出席した。

漫画家・佐和子(黒木)の新作漫画のテーマは「不倫」。そこには自分たちとよく似た夫婦の姿が描かれ、佐和子の担当編集者・千佳(奈緒)と不倫をしていた俊夫(柄本)は「もしかしたらバレたかもしれない!」と精神的に追い詰められていく。さらに佐和子と自動車教習所の若い先生(金子)との淡い恋へ急展開。この漫画は完全な創作? それともただの妄想? もしくは佐和子流の復讐なのか?



黒木は「ストーリーが面白くて、登場人物全員が魅力的。読んでいてゾクっとしましたし、脚本を読んだときに漫画と現実の行き来をどうやって映像化するのかも気になった」と実験的構成にゾッコン。柄本は「不倫している俊夫が100%悪いし、不倫にも向いてない男。ただ鑑賞後には、俊夫の親しみのある人間的なところに触れられたらいいと思ったし、不倫に向いてない馬鹿正直な俊夫を表せれば監督の思い描く俊夫像に近づけると思った」と役柄を紹介した。

【関連記事】柄本佑もおすすめ!神保町で愛される、山盛り絶品ナポリタン

DSC_5623.JPG

すると不倫される側の黒木は「俊夫さんが右往左往してるところがチャーミングで可愛い」と憎めないキャラクターであると明かすと、柄本は「憎めないでしょ?」とニヤリとし「この作品は、爽快快活健康的不倫ムービーです。不倫を題材にしてここまで気持ちのいい作品はあまりない」とオリジナルなストーリーに太鼓判を押していた。

【関連記事】黒木華が撮影で大変なこと「家に帰ってもまだ興奮してたり」

DSC_5839.JPG

一方、金子は「教習所の先生なので、ガチガチの佐和子さんを優しくリードする役柄です。でも撮影では逆。ガチガチに緊張する僕を黒木さんが優しくほぐすような雰囲気を作ってくれた。黒木さんのことを『先生!』と呼びたいくらい」と感謝。それに黒木は「緊張しているような雰囲気はなかった」と驚くと、金子は「このコメントすら優しい!」と黒木の気遣いに興奮していた。

【関連記事】金子大地が「挑戦するときに勇気をもらう」Queenの楽曲は?

DSC_5592.JPG

DSC_5752.JPG

また奈緒は「台本を読み終わったときに『面白い!』と叫んだくらい面白い。それに余白も多いので不倫を題材にしてはいるけれど、家族でも観られる内容」と異色作であると評し、それに柄本も「ファミリームービーではないけれど、そのくらい健康的に不倫を描いている」とアピールしていた。

【関連記事】奈緒「厳しく育てていただきたい」 女優として羽ばたいた転機

DSC_5763.JPG

DSC_5651.JPG

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。