音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
Sano ibuki、“ファンタジーから私小説へ”をテーマに…リアルな感情表現を追求した『BREATH』への思い

Sano ibuki、“ファンタジーから私小説へ”をテーマに…リアルな感情表現を追求した『BREATH』への思い

シンガーソングライターのSano ibukiが7月2日(金)、ニューアルバム『BREATH』の世界観や、収録曲『pinky swear』について語った。

Sanoが登場したのは、J-WAVEの放送中の新番組『PIA SONAR MUSIC FRIDAY』(ナビゲーター:櫻井海音)のワンコーナー「SONAR TRAX」。この番組は月曜~木の22時~24時にオンエア中の『SONAR MUSIC』と連動したミュージックプログラム。俳優、モデル、インナージャーニーのドラムとして活躍する櫻井海音がナビゲーターとなり、“今、聴くべき音楽”にフォーカスして、最新の楽曲や注目のライブイベントなど、番組独自の視点で最新の音楽情報をお届けしている。

ファンタジーから私小説へ。感情表現を追求

J-WAVEがおすすめする最新の楽曲「SONAR TRAX」は、J-WAVEの番組制作に関わる全てのスタッフがセレクトしたネクストヒットが期待される注目アーティストの楽曲。

「SONAR TRAX」のコーナーではJ-WAVE「SONAR TRAX」に選ばれた楽曲と共にそのアーティストを深掘り、アーティスト本人のインタビューをお届けする。

記念すべき第1回目のアーティストは、新曲『pinky swear』がJ-WAVE「SONAR TRAX」選出されたシンガーソングライターのSano ibukiにフォーカス。

Sano ibuki『pinky swear』Official Music Video

Sanoは2017年に本格的なライブ活動を開始。同年にタワーレコード新宿店限定でリリースされたシングル『魔法』が音楽ファンの間で大きな話題を集め、当時の「SONAR TRAX」にも選ばれた。その後、2018年に初の全国流通盤『EMBLEM』をリリース。2019年に発表したアルバム『STORY TELLER』でメジャーデビュー。

架空の物語の主人公像をつくりあげてから、そのキャラクターのストーリーを曲にする独特のスタイルとエモーショナルに歌い上げるボーカルで人気を集め、自身の誕生日でもある今年の7月7日(水)にニューアルバム『BREATH』をリリース。この作品に『pinky swear』が収録されている。

ニューアルバム『BREATH』は“ファンタジーから私小説へ”というテーマを掲げ、よりリアリティのある物語や感情表現を追求したという。

Sano:わりとファンタジー的なものをデビューアルバムの『STORY TELLER』や、ファーストE.P.の『SYMBOL』のときに描いたので、どこかでもうちょっとリアリティのあるものというか、現代的なものをテーマに曲を書いてみたいなって気持ちがありました。『STORY TELLER』とかをやりきって、物語をつくるってことをやり切ったので、自分というものをもう少し表現できるようなやり方がないかなと考えて、本当は自分をあふれ出すようなことはそんなに得意なほうではないんですけど、それを具現化できたら美しいものになるのかもしれないなってことで、いろいろと自分を表現しようと思い始めました。

架空の物語から自分の物語へ。Sanoにとって大きな転換点とも言えるアルバム『BREATH』。このタイトルにはどんな思いを込めたのだろうか。

Sano:もともとは全然違うタイトルを付けていて、そのタイトルも気に入っていたんです。一曲一曲をアルバムとして考えたものだったんですけど、今はどちらかというと一曲一曲を丁寧につくっていって、それがアルバムになるなんてことをあまり考えてないというか。ある種、この1、2年の自分を詰め込んだアルバムになったなと。あらためて見たときに、まさに今の自分を歌っているし、自分ってものを初めてちゃんと前に出していこうと思ったので、セルフタイトルみたいなかたちにしてもいいかなと思って『BREATH』って名前を付けました。

ミュージックビデオはラストシーンに注目

「SONAR TRAX」にも選ばれ、初めて自身でミュージックビデオの監督と編集を手掛けた新曲『pinky swear』について、Sanoはこう語る。

Sano:この曲はBメロからサビの心情みたいなものの切り替えがわかりやすくなった気がします。他の曲に比べてもあそこまで景色にちゃんと徹してAメロを書いてる瞬間って多くないので。そして、ミュージックビデオは初めてつくったんですけど、自分が監督をするミュージックビデオって最初に自分が思った景色をそのまま描いちゃうじゃないですか。でもそれだと曲の世界そのまま伝わってしまうから、どうにかこうにか答えがそのまま提示にならないように第三者的に曲を見るってことがすごく難しかったし、曲と一緒で美しい世界をどういうふうに描けばいいかなって考えながらミュージックビデオをつくって楽しかったですね。いろんな含みを持ったラストシーンになっているので、「このあと、どうなったのかな?」と想像しながら見てもらえたらすごく楽しめるんじゃないかなって思います。

Sanoのインタビューの全内容は7月9日(金)に、ぴあ公式アプリに掲載される。ぴあ公式アプリは音楽、映画、ステージ、アート、クラシックの作品情報や開催情報、ニュース、インタビュー、エッセイの連載などが掲載し、エンターテインメントとの偶然の出会いと発見ができるアプリだ。

Sano ibukiの最新情報は、公式サイトまたは、オフィシャルTwitterまで。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2021年7月9日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
PIA SONAR MUSIC FRIDAY
毎週金曜
22:30-23:00
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。