音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
『くれなずめ』撮影で、“映画の神様”を信じようと思った理由は…松居大悟監督が明かす

映画『くれなずめ』ポスタービジュアル

『くれなずめ』撮影で、“映画の神様”を信じようと思った理由は…松居大悟監督が明かす

映画『くれなずめ』が5月12日(水)に公開される。監督を務めた松居大悟が4月28日、J-WAVE『GROOVE LINE』(ナビゲーター:ピストン西沢)で、撮影中の出来事を語った。映画の神様を信じようと思った瞬間とは?

撮影中の天候に「終わった」…しかし結果的には

「くれなずめ」という言葉は、「くれなずむ」を命令形にした松居の造語。結婚式の披露宴と二次会の“狭間”の時間に起こる物語のため、夕焼けから夜の青になりかけている空の色など、微妙な色合いを映し出すことにこだわったそうだ。映画を観た西沢も「鮮やかな部分と、暗い部分で明暗がくっきり出ていた」と感想を述べた。撮影は、こだわるがゆえの苦労もあったそうだ。

西沢:その時間しか撮影できないんでしょ?
松居:そうです。だから撮りながら狙ってましたね。このシーンは5時くらいからスタンバイして、いい陽になったら撮ろうって。でも、撮影が押して「早くしないと夕焼けにスタンバイできない」みたいなこととかもありましたし、それこそ曇りだと色が出てこないので、雲がちょうど抜けてくれるタイミングを待ちながら撮るとかはやってましたね。
西沢:そういう撮影は誰がコントロールするんですか。
松居:助監督のチーフがスケジュールを見ていて、加えてフォーカスなどをするカメラマンが太陽や雲の流れを(確認していました)。
西沢:やっぱりチームでやらないと手が回らないんだ。雨の日はどうするの?
松居:予算が豊かにある作品は「天気予備日」というのが組まれているんですけど、僕がやっている作品は予算とかスケジュールに余裕がなかったりするので、そのままやるしかなくて。ちょっと小雨だったら照明さんに大きいテントを張ってもらって雨を避けて、太陽の光を作ってもらって撮るか、大雨だったら傘を差してやるとか。

『くれなずめ』の撮影は昨年3月ごろ。運悪く東京に大雪が降った日があり、松居は「終わった」と感じたという。

松居:でも、この日に撮るしかないと思って撮ったら、ちょっと切ないシーンだったんで、すごく雪がきれいだったんです。しかも、実際は2週間ちょっとの撮影だったんですけど、1年かけて撮っているような。桜もきれいなときに撮れて、でも雪もきれいに降っていてみたいなことがあったから、逆に映画の神様を信じようって思いました。

matusi-1333.jpg

ピストン西沢と松居大悟

もともとは「手紙のような演劇」だった

映画『くれなずめ』は、松居が主宰する劇団ゴジゲンで2017年に上演された舞台が原作。当時は映画化を全く考えていなかったと松居は言う。

松居:(この舞台は)一緒に演劇をやっていた友だちが突然いなくなってしまって、でもいなくなったあとのほうが自分の中で生きているなってことを思ったので、そういう死生観にまつわる、でもすごく明るいコメディにしようと思って作りました。面白くしようとか伝わるものにしようというよりも、自分がそう言いたいだけで、そいつに向けて手紙を書くように劇を作ったんですよね。そうなったときに、映画に耐えうるものじゃないなというか。たくさんのお金とたくさんの人を使ってやるようなものというよりは、自分とそいつだけの話だから申し訳ないというか。

当初「映画にしなくてもいい」と思っていた松居だが、この舞台を観たプロデューサーから「これは映画にして、たくさんの人に観てもらうべき」と言ってもらい、映画を作り始めたそうだ。

西沢:舞台は1人でやる作品もあるし、ミニマムなものから映画みたいな舞台まであるじゃないですか。舞台って映画とは全然別のものですよね。
松居:そうですね。この舞台は100人くらいの小劇場で、(セットは)壁しか立ってない素舞台でやっていて。たとえばチャイムが鳴ったら教室の設定でやるとか、ガタンガタンって鳴ったら高架下の設定とか観る人の想像力のみで劇をやっていたけど、映画は全部が情報になるじゃないですか。教室に行って衣装を着せて全部やれるから。だからお客さんの想像力をどこに置くかっていうのが演劇と映画ではだいぶ違うなって思います。

主題歌はウルフルズ。トータス松本に手紙を…

映画『くれなずめ』には、成田 凌、高良健吾、若葉竜也、浜野謙太、藤原季節、前田敦子、城田 優など実力派俳優が多数出演する。

松居:台本を読んで「やってみたい」と言っていただいて出てもらったんですけど、当時高校の同級生だったやつらが12年ぶりに再会するって話だったので、同世代に近い人たちを(揃えました)。
西沢:城田 優が高校の同期ってすごい話だよな(笑)。
松居:しかも(映画では)高校生役で出てきますね。カーストが上のすごく怖いヤンキーみたいな感じで(笑)。

『くれなずめ』の主題歌はウルフルズの『ゾウはネズミ色』。今回のために書き下ろされた。

西沢:トータス松本さんとはどういう付き合いで?
松居:この映画の中で、結婚式の余興でウルフルズさんの『それが答えだ!』を赤ふんどしで踊るってシーンがあるんですけど、プラス思い出だったりも振り返ったりするので、最後はウルフルズさんに新曲をもし書き下ろしてもらったらうれしいなと思って。トータス松本さんとは面識がなかったんですけど、オファーと手紙を書いたら書き下ろしていただけました。
西沢:トータス松本さんも面白がるタイプだからね。
松居:うれしかったですね。朝ドラでお忙しいなかでしたが、アンサーソングのように作っていただきました。

映画『くれなずめ』は5月12日(水)に公開。オーディオコメンタリー付きの上映も5月21日(金)から開始する。最新情報は、公式サイトまたは、オフィシャルTwitterまで。

『GROOVE LINE』では楽曲を紹介しながらゲストとの軽快なトークをお届け。放送は毎週月曜から木曜の18時10分ごろから。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
番組情報
GROOVE LINE
月・火・水・木曜
16:30-19:00
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン