音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
松山ケンイチ「観客に嘘がバレるのが一番ダメ」 ボクサー役で約2年のトレーニング

松山ケンイチ「観客に嘘がバレるのが一番ダメ」 ボクサー役で約2年のトレーニング

映画『ヒメアノ~ル』『犬猿』で知られる鬼才・𠮷田恵輔監督による、ボクシングを題材にした完全オリジナルストーリー『BLUE/ブルー』が、4月9日(金)より全国公開される。その完成報告会見が3月17日(水)、東京の神楽座で行われ、主演の松山ケンイチ、共演の木村文乃、東出昌大、柄本時生、そして𠮷田恵輔監督が出席した。

ボクシングを愛するも連敗続きのボクサー・瓜田信人役の松山は「ボクシング映画というと再起している様が感動的に描かれる作品が多いけれど、今回は……再起しません!」と異色ぶりを宣言しつつ「でも負け続けたからこそ得られるものもある。瓜田は人に優しく、包容力がある。そんなキャラクター」と紹介。



瓜田の友人で小川の恋人・天野千佳役の木村は「皆さんストイック中のストイック。それぞれ撮影前からジムに通われていたので、カメラが回っていない場所でも劇中のような関係性。そんな皆さんを眺めるような感じでした」と紅一点を回想した。

bule2103174.jpg

【関連記事】木村文乃「車に乗ると絶対に聴いちゃう」 “ポンポンしててかわいい”ドライブソングって?

才能だけで勝ち上がっていくボクサー・小川一樹役の東出は「撮影中は実際にボクサーのような生活をしていたし、後楽園での撮影の日はタイトルマッチの日だとも思っていました。吉田監督がボクシングにリスペクトを持っているので、前日本チャンピオンや現日本チャンピオンが登場したりして……。それに見劣りしないよう意識しました」とボクサーへのなり切りぶりを明かした。

bule2103172.jpg

ボクシングの魅力にのめり込む新人ボクサー・楢崎剛役の柄本は「痛いのは嫌です。でも格闘技には興味があったし、ボクシングも齧ったことはあるので、楽しめそうだと思いました。撮影も実際楽しかったです」と充実した表情を浮かべていた。

bule2103173.jpg

【関連記事】柄本時生、俳優として生きていく覚悟を決めたとき

約2年のトレーニングを経て撮影に入ったという松山。「観客に嘘がバレるのが一番ダメな事。監督の演出に耐えられるような準備はしました。スケジュールの兼ね合いで2年もトレーニングをしたけれど、瓜田はボクサーでありトレーナーでもあるので、ジムのぬし感を習得するには必要な時間でした」と手応えを得ていた。

また映画の内容にちなんで「挑戦していること」を聞かれた松山は「スマホのアプリで大喜利みたいなことをしていて、それでボケています。面白いと星がもらえる」と意外な趣味告白。ちなみに投稿の際の名前は「匿名! 匿名! 恥ずかしいじゃん、それで星が付かなかったら。今は60くらいボケていて、星は80個くらい付いている。そんなにすごくない」と明かした。

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン