音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
大原櫻子も熱中したカードゲームとは? 「家族とも盛り上がっています」

大原櫻子も熱中したカードゲームとは? 「家族とも盛り上がっています」

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)。3月2日(火)のオンエアでは歌手・大原櫻子がリモート出演。ニューアルバム『l(エル)』に込めた思いや、最近ハマッているゲームについて語った。

大原櫻子 5th New Album「l(エル)」クロスフェード

アルバムのタイトルをLの小文字にした理由

大原櫻子は3月3日(水)、5枚目のアルバム『l』をリリースした。アルファベットの「L」の小文字をタイトルにした今作には、さまざな「l」にまつわる思いが込められているという。

サッシャ:タイトルの由来をお聞かせいただけますか?
大原:タイトルを決めるときは、いつもみんなに覚えてもらいやすいシンプルなものにしているんですね。それで、このご時世も踏まえて、いろいろ考えてみたんです。そうしたら、ライブができない状況だからLive(ライブ)。そして生活のLife(ライフ)。お客さんからの愛のLove(ラブ)など、今の私が考えさせられたり感じたりする単語の頭文字が全部Lだったんですよ。あと、このアルバムのリード曲が『STARTLINE』というタイトルなんですけど、小文字のlにすればスタートラインの1本の線に見えるんじゃないかなって思ったんです。
サッシャ:おお! 「よーいドン!」のところに立つ線だね。なるほど、そういう思いが込めているんだ。

アルバム『l』の制作秘話

『l』には一青窈作詞が作詞を手掛けた『#やっぱもっと』のアルバム版や、緑黄色社会・長屋晴子が書き下ろしをした『透ケルトン』をはじめ、全12曲が収録されている。

サッシャ:聴いていて思ったんですが、リョクシャカ(緑黄色社会)との相性がいいね!
大原:私もめっちゃしっくりきているというか、パズルのピースが合ったような気がしています。長屋晴子さんこと晴ちゃんは同じ年齢なんですね。
増井:もともと、お2人はお友だちなんでしょうか?
大原:配信シングルの『透ケルトン』の制作のときにはじめてお会いしました。最初に曲を聴いたとき、「歌いたい!」って気持ちにすごくなったんですよね。晴ちゃんが仮歌を入れてくれていたんですけど、私と音域とかがけっこう似ていたんですよ。
サッシャ:ボーカリストとしてのテイストに近いものがあるんでしょうね。
大原:そうですね。プライベートでも話しているとフィーリングが合うし、だからこそ音楽もこんなにフィットしたのかなと思いました。
増井:そうなんですね。ずっと前から仲良しなのかなって感覚がありました。
大原:そう言えるようになりたいです(笑)!
サッシャ:これから仲良くなっていけるといいですね。アルバムに収録されている『チューリップ』ですが、ご自身ではじめて作詞作曲をされたそうですね。単独でやってみて、どんな心境ですか?
大原:この曲は2020年の6月ぐらいに作ったのですが、こういうご時世だからか発信したいことが溜まりに溜まっていて(笑)。なので、伝えたいことがどんどん湧き出てくる楽曲でしたね。
サッシャ:アルバム全体を通して、すごくポジティブな作品に仕上がっているなと感じました。
大原:そうですね。時代の流れもあると思いますけど、人を励ませる曲を歌いたいなって気持ちが最近は高まっていたんです。
サッシャ:リード曲の『STARTLINE』ですが、どんな思いが込められていますか?

大原:元気の出る前向きな曲ではあるんですけど、応援する曲っていうよりかは、この曲を歌うことで自分自身を見つめ直せる作品と言いますか。なので、ぜひ『STARTLINE』を聴いたあとは、ぜひ歌ってみてほしいですね。より前向きになれると思います。

家族でカードゲームにハマり中!

「MUSIC+1」では、大原櫻子が現在ハマっている「カードゲーム」を紹介した。

大原:友だちに教えてもらった「ナンジャモンジャ」っていうカードゲームをよく遊んでいます。
サッシャ:「ナンジャモンジャ」ね! 面白いよね!
大原:ナンジャモンジャのカードには12種類のキャラクターが描かれているんですね。カードを1人1人めくっていくんですけど、出たカードが初見のキャラクターだったら、めくった人が名前を付けるんですよ。それで、名前を付けたカードが再び登場したときは、みんなでそのキャラクターの名前を言わないといけないんです。最初に名前を言えた人がカードをもらえるルールです。
サッシャ:いろんな特徴を持ったキャラクターが出てくるんだよね。紫色のキャラクターだったら「ナスっこ」みたいに名前を付けるんですよね。
増井:好きなように命名していいんですか?
大原:関係がない名前を付けるのもOKですよ。記憶力がすごく大事になってくるので、難しいゲームです。最近は家族とも遊んでいて、めちゃくちゃ盛り上がっています。
サッシャ:いいですねえ。

他にも「The Mind」というゲームにハマっているという。このゲームはプレイ中に一切喋ってはいけないという、独特のルールがあるそう。

大原:1人2枚ぐらいカードを持つのですが、1から100までの数字が書かれているんです。それを、みんなで言葉を使わずにコミュニケーションを取りながら、小さい順に数字を出していくゲームです。
サッシャ:喋っちゃいけないんだ!? どうやって進行していくの?
大原:たとえば、私が1と32を持っていたとします。そうしたら、まず私が最初に1を出しますよね。でもそのあとは誰が32よりも小さい数字を持っているかがわからないわけですよ。なので、ジェスチャーや雰囲気を感じ取って順番にカードを出していきます。みんなで協力して遊ぶゲームですね。
サッシャ:すごく数字が大きいカードを持っていたら、そっぽを向いたりする、みたいな感じで遊ぶんですね。
大原:そうです、そうです(笑)。
増井:やってみたいです。
サッシャ:今度スタジオにお越しの際は、ぜひ3人で遊びましょう。ラジオだからみなさんには見えないけれど(笑)。
大原:しかも喋れない(笑)。
サッシャ:ラジオにはまったく向かないですね(笑)。ご紹介、ありがとうございます!

大原櫻子の最新情報は、公式サイトまたは、Twitterまで。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」では、ゲストとして毎回話題のミュージシャンが登場する。放送は月曜~木曜の12時30分頃から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2021年3月9日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
STEP ONE
月・火・水・木曜
9:00-13:00
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン