音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
DEAN FUJIOKA、「3言語」が混ざった楽曲を作って気づいたこと

DEAN FUJIOKA、「3言語」が混ざった楽曲を作って気づいたこと

J-WAVEで放送中の番組『ALL GOOD FRIDAY』。通常のオンエアではLiLiCoと稲葉 友がナビゲーターを務めているが、2月26日(金)はお休みの稲葉に代わって、DEAN FUJIOKAが登場。ここではDEANが、ニューシングル『Take Over』の制作エピソードを紹介し、好きなバラードソングについて語った部分を紹介する。

3つの言語を織り交ぜた新曲をリリース

DEANは3月10日(水)、新曲『Take Over』をリリースする。俳優としても活躍するDEANが、ミュージシャン活動において意識していることはなんだろうか。

DEAN FUJIOKA New SG “Take Over” Trailer

LiLiCo:俳優として歌手として、いいバランスでやっているイメージが私のなかにある。
DEAN:嬉しい。
LiLiCo:表現の仕方が全然違うと思うんだけど、意識して切り替えたりしていますか?
DEAN:自分の活動って、光があたる方向によって見え方が違う球体のようなイメージがあるんですよ。それが俳優だったり、歌手だったりしている感じです。(俳優と歌手では)物事の流れがまったく違うので、やっていくなかでそれぞれのスタイルができてきた感じですね。
LiLiCo:作詞作曲を自分でされているって知ってビックリしたんですよ。やっぱり自分ですることって大事? 自分で表現したいことがある?
DEAN:最初にそのスタイルで始めたからっていうのはありますね。もちろんカバーや誰かから楽曲を提供してもらうのも、それはそれでいいなと思っています。

一方で、DEANは楽曲制作を通じて自身の成長を実感しているという。

DEAN:嫌々やっていることではないんですよ。自分がやりたいからやっていることです。作り続けることが理由のない喜びというか、存在理由みたいになっています。
LiLiCo:『Take Over』にはいろんな言語が詰まっていますよね。英語、日本語はもちろんですけど、中国語もあります。どういった思いで言葉を混ぜてみたんでしょうか?
DEAN:実はプロローグアルバム『Cycle』に収録されている『Sweet Talk』という曲が初めて3言語を混ぜた曲なんですよ。その曲ができたときの気持ちは「ごめんなさい」って感じでしたね。1つの言語で1つの曲を作れなかったんですよ。日本語が母国語ではあるんですけど、いろんなところをグルグルと回って生活をしていたから、“ゴチャ混ぜ”が自分にとって自然な時期があったんです。『Sweet Talk』以降は、3言語を混ぜた楽曲がいくつもできています。

DEAN FUJIOKA - Cycle / Midnight Messenger mabanua REMIX (Trailer)

罪悪感を持ちつつスタートした3言語の楽曲だったが、DEANはやがてその方法ならではの表現に気付いたという。

DEAN:たとえば、ボーカルが何人もいるグループだと、歌う人によって声も視点も変わるじゃないですか。自分の場合は1人の人間が歌っているわけですけども、言語を変えることでストーリーを語る人間が変わる感覚になるんですよ。だから、途中からは言語を意識して変えて歌えるようになりました。だから今はもう開き直っています。「よくね?」みたいな(笑)。
LiLiCo:なるほどね。素敵な考え方だと思いますよ。

カラオケで歌うバラードは?

リリースしていないバラードソングがストックとしてあるという。

DEAN:どういうタイミングでお届けできるかを考えています。
LiLiCo:今までバラードを出さなかった理由はあるんですか? 最初にDEANさんの歌を聴いたときに「すっごくハード!」って思ったんですよね。
DEAN:いろんな人生があるように、音楽もいろんな音楽がありますよね。バラードを避けてたというよりも、やりたいことをやっていたら、こういうリリースの流れになって。でも自分はカラオケに行くとバラードばっかり歌ってるんですよ。
LiLiCo:たとえば?
DEAN:日本の方ですと、松田聖子さんの歌とか。
LiLiCo:えっ!? なんの歌?
DEAN:たとえば『SWEET MEMORIES』とか。
LiLiCo:ええ!
DEAN:あとは中島美嘉さんの『雪の華』も歌いますね。けっこう女性のバラードが多いんですよ。他には中華圏のバラードも歌いますし、韓国だとキム・ボムスさんの曲は絶対に歌いますね。ラブバラードが好きだから、もしかしたら歌うことで(制作する気持ちが)解消されているのかもしれませんね(笑)。でも今まで作った曲も激しい曲調だけどテーマは“愛”なんですよ。
LiLiCo:カラオケの松田聖子さんも聴きたいですけど、オリジナルバラードも聴きたいので、ぜひリリースしてください。
DEAN:頑張ります!
LiLiCo:ファンのみなさんは、3月10日リリースの新曲『Take Over』がさらに楽しみになったんじゃないでしょうか。

DEANは普段、J-WAVEで放送中の番組『ROPPONGI PASSION PIT』(毎週土曜 23時から23時54分)でナビゲーターを務めている。こちらもぜひチェックしてほしい。



そのほか、DEANの最新情報は公式サイトまで。

『ALL GOOD FRIDAY』では、LiLiCoと稲葉 友が金曜日を熱く、ハッピーに盛り上げる。オンエアは毎週金曜日の11時30分から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2021年3月5日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
ALL GOOD FRIDAY
毎週金曜
11:30-16:00
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。