音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
アユニ・D(BiSH/PEDRO)が、「バンドマンって本当にすごいな」と思ったワケ

アユニ・D(BiSH/PEDRO)が、「バンドマンって本当にすごいな」と思ったワケ

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:サッシャ、増井なぎさ)。2月9(火)のオンエアでは、BiSH/PEDROのアユニ・Dがゲスト出演。BiSHとPEDROの感覚の違いや、ベースを始めたきっかけを語った。

PEDROのアユニ・Dは2月10日(水)、新曲『東京』をリリース。

BiSHとPEDROの違い「泥を顔に塗られたりとかはPEDROではしない」

BiSHのメンバーでもあるアユニ・Dは、ソロバンドプロジェクト・PEDROのボーカル、ベースとしても活動。ギターはナンバーガールの田渕ひさ子、ドラムは毛利匠太が担当している。

サッシャ:2018年に突如デビューをしましたが、バンドをやっていたわけではないんですよね。
アユニ・D:バンドはまったくやったことがなかったです、楽器も弾いたことがなくて。
サッシャ:ですよね。
アユニ・D:BiSHをやって、PEDROが始まったと同時にベースを弾き始めました。
サッシャ:また、ベースというのがビックリですよね。ギターやキーボードじゃないんだみたいな。
アユニ・D:「ギターかベースか選んでいい」って言われたんですけど、ギターは弦が6本あって、ベースは弦が4本だったので、ベースのほうが簡単なのかなってと思ってベースにしました(笑)。難しかったです。
サッシャ:後悔してる?
アユニ・D:いやいや(笑)。ベースは好きなので、合ってました。

PEDROで活動を始めたことで、気持ちの変化はあったのだろうか。

アユニ・D:ありました。いつもだとやっぱりメンバーと一緒に活動をしていたり、あとはやっぱりリーダーシップ気質の子がほかにいたりするので、甘えちゃったりしていたんですけど、PEDROだと自分がフロントマンというか先陣を走って仕切ったりとか、責任感を持ったりしないといけなかったので。バンドマンって本当にすごいなと思いました。楽器を弾きながら歌うのも、すごく簡単そうに見えてたんですけど……。
サッシャ:いや、特にベースは難しいよ! ベースを弾きながら歌うのは一番難しいと思います。
アユニ・D:いやいや……。
サッシャ:すばらしい。BiSHだといろんなことをさせられたりとかもあったと思うんですけど、こちらはどちらかというと、もうちょっと音楽に集中している感じかな?
アユニ・D:そうですね。なんか……泥を顔に塗られたりとかはPEDROではしないので。
サッシャ・増井:(笑)。

アユニ・Dが選ぶ「オススメの台湾音楽」

この日の「MUSIC+1」では、台湾の音楽をよく聴いているというアユニ・Dに「オススメの台湾音楽」を紹介してもらった。

サッシャ:なんで台湾音楽を聴くようになったんですか?
アユニ・D:人にオススメをされてから聴くようになったんですけど、そこから自分でサブスクで探したりとか掘ってみたりとかして。
サッシャ:台湾チャートを見てみたりとか。
アユニ・D:そうですね。
サッシャ:いっぱいあると思うんですけど、まず1曲目は?
アユニ・D:Sunset Rollercoaster(落日飛車)の『No Man's Land』です。



楽曲について、サッシャは「ちょっとブリティッシュロック的な要素も入っている」と感想を述べつつ、どこに魅力を感じるのかを訊いた。

アユニ・D:サウンドがすごくオシャレで格好よくて、アーバンでサイケな感じというか。やっぱり台湾は言葉は違うんですけど、音楽で伝えたいこととかが音で感じ取れるのが、すごく気持ちよくて好きです。
サッシャ:いいですね。
増井:オシャレですね。
アユニ・D:オシャレなバンドがすごく多い気がします。
サッシャ:音楽偏差値も高いんだね。いろいろな音楽を聴いているというところも見えてきます。

続いて名前を挙げたのは、Science Noodles。オンエアしたのは『Summer』。しかし、アユニ・Dの思惑とは少し異なる展開に。



サッシャ:これはインスト?
アユニ・D:あ、いや……。
サッシャ:いいねこのギターの入りが。
増井:また全然違いますね。

しかしその後も歌に入る様子はなく……。

アユニ・D:あれ、インストかな(笑)。
増井:(笑)。
サッシャ:これはひょっとしてインストバージョンかな? こっちが用意したのを間違えちゃったのかな。
アユニ・D:あ、いや、私の勘違いかもしれないです!
サッシャ:気持ちいい、ちょっとドリーミーな感じのサウンドです。
アユニ・D:そうですね、なんかベッドサイドで聴きたくなるような、心に寄り添ってくれる繊細なギターの音がすごく好きです。
増井:優しいですね。
サッシャ:楽器を持たないパンクバンド出身だけど、アユニ・Dさんは楽器好きだね。
アユニ・D:PEDROをはじめてから好きになりました。
サッシャ:楽器愛みたいなのを感じる2曲ですよ。
アユニ・D:ありがとうございます。
サッシャ:いいですね。台湾のアーティストを聴いているとき、自分のなかではどういった曲のチョイスが多いんですか?
アユニ・D:うーん……やっぱり音作りが繊細な、ギターの音を聴くのがすごく好きなので、心に響く、一度聴いたら忘れられないギターの音とかがすごく好きです。
サッシャ:でも自分ではギターではなくベースを選んだんだ(笑)。
アユニ・D:はい(笑)。
サッシャ:いやいや、素敵です。
増井:この音楽で眠くなってきそうですね、寝られそうです。
サッシャ:夜とか、レイドバック(リラックス)したいときにもいいですね。

PEDROの最新情報は、公式サイトまたは、Twitterまで。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」では、ゲストとして毎回話題のミュージシャンが登場する。放送は月曜~木曜の12時5分ごろから。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2021年2月16日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
STEP ONE
月・火・水・木曜
9:00-13:00
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。