音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
須田景凪が友人にプレゼントした「ロバの顎の骨」の楽器

須田景凪が友人にプレゼントした「ロバの顎の骨」の楽器

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)。2月4日(木)のオンエアでは、ミュージシャン・須田景凪がリモート出演。メジャーファーストフルアルバム『Billow』の紹介や、ロバの顎の骨を使った楽器の写真を公開した。

ボカロPを始めて、自身で歌うことの楽しさを知った

須田景凪は2013年から「バルーン」の名義でボカロP(音声合成ソフト<ボーカロイド>で楽曲制作をする音楽家)としての活動を開始。代表曲である『シャルル』は、セルフカバーバージョンと合わせて、動画再生サイトでの再生数が1億回を超えている。

2017年からは須田景凪として、自身の声で歌う活動も始動。『teeter』、『porte』のEPをリリース後、2月3日にメジャーファーストフルアルバムである『Billow』をリリースした。

もともとバンドのドラムを担当していた須田だったが、ニコニコ動画でボーカロイドの存在を知ったことがきっかけとなり、ボカロPとして作曲活動をスタートしたという。

サッシャ:ボカロPで曲を作るようになって、自身でも歌うようになったのですね。
須田:そうですね。作曲を始めてから歌うことも好きになりました。もともとは、人前で歌うことが苦手だったんですよ。カラオケも苦手でした。
サッシャ:カラオケに行っても人の歌を聴いているだけだったんですか?
須田:歌いますけど、自分の歌声について何かを言われたことがなかったんですよね。
サッシャ:そうなんだ! いい声をお持ちですよ。
増井:話し声からして、素敵な声をお持ちですよ。
須田:ありがとうございます!

さまざまな生き物が“渦巻く”アルバムジャケットが特徴的

『Billow』というタイトルは、コロナ禍の人々や、世の中の動きを見て決まったのだという。



サッシャ:「Billow」という単語は、大きな波とか渦巻きって意味ですよね。アルバムタイトルの由来を教えていだけますか。
須田:もともとこのアルバムは、2020年の6、7月ぐらいに発売しようと思っていたんですね。だけどコロナ禍によっていろんな予定が消えてしまって。当時は、特にSNSでいろんな人の思考が尖っていて、一人ひとりの思想が大きく映し出されていましたよね。その状況を俯瞰で見たときに、自分も渦中にいる1人として、「すごく渦を巻いている状態」だなってことを感じたんです。それで、「今の自分がアルバムを作るならば、こういうタイトルかな」と思って『Billow』にしました。
サッシャ:アルバムは切ない曲が多いですね。恋愛による切なさ? それとも、広い意味での愛の切なさを歌っているのでしょうか。
須田:聴いてくれた人が自由に解釈してくれたたらうれしいですね。

アルバムのアートワークは人気イラストレーターのアボガド6が担当。各収録曲には、楽曲を象徴する生き物が描かれている。

サッシャ:いろんな生き物が登場していますね。蜂とか猫とか魚とか。
須田:そうですね。今回は1曲ごとにモチーフとキャラクターを付けました。
増井:アルバムジャケットは渦なんですね。
須田:そうですね。登場する全キャラクターを渦にしたものが描かれています。
サッシャ:これってキャラクターたちをぐにゃっと渦にしているんだ!? 言われるまで気が付かなかった。面白い試みですね。

ロバの顎の骨を使った打楽器を友人にプレゼント

木曜の「MUSIC+1」では、ゲストにSNSで公開していない写真を見せてもらう企画を実施。須田は、キハーダと呼ばれる楽器の写真を見せてくれた。 須田:キハーダはロバの顎の骨なんですよ。
サッシャ:ロバの顎!?
須田:ヴィブラスラップの先祖と言われている楽器です。パーカッションをやっている友だちがいて、「誕生日は何が欲しいの?」と聞いたら「キハーダ」と言われました(笑)。
サッシャ:すごいなあ。さすがミュージシャンですね。
増井:まさに顎そのものですよね。歯も付いていませんか?
須田:付いています。いざ実物が届いたら本当にでかくて。人間の頭3つぐらいの大きさでした。
サッシャ:そんなに大きいの!? じゃあ80センチぐらいあるってこと?
須田:自分が買ったやつはそれぐらいありましたね。
サッシャ:どういう音がするんだろう。音源を用意してもらったので、みんなで聴いてみましょう。

スタジオでキハーダの演奏音が流れるなか、須田は楽器の演奏方法の解説をした。

須田:歯を振動させた音だったり、顎の骨を叩いて音を出しています。
サッシャ:いろんな使い方ができるんですね! キハーダは自分でもけっこう使っているの?
須田:使わないですね。
サッシャ:使ってないんかい(笑)!
須田:(笑)。だけど、ヴィブラスラップは自分の曲でよく使っていますね。
増井:世界にはいろんな音を奏でる楽器があるんですね。

『billow』の初回プレス分には、3月13日(土)に開催される『須田景凪 HALL TOUR 2021 “Billow”』の追加公演を最速先行抽選受付できるシリアルコードが封入されている。須田景凪の最新情報は、公式サイトまたは、Twitterまで。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」では、ゲストとして毎回話題のミュージシャンが登場する。放送は月曜~木曜の12時30分頃から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2021年2月11日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
STEP ONE
月・火・水・木曜
9:00-13:00
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。