音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
SKY-HIが聞く、台湾の音楽シーンの今。ビビアン・スーが大人気

SKY-HIが聞く、台湾の音楽シーンの今。ビビアン・スーが大人気

J-WAVEで放送中の番組『ACROSS THE SKY』(ナビゲーター:SKY-HI)のワンコーナー「IMASIA」。1月24日(日)のオンエアでは、台湾でオープンしたZepp New Taipeiの支配人・本多真一郎さんをゲストに招き、台湾音楽シーンの今を訊いた。

2020年に台湾でZepp New Taipeiがオープン!

Zepp Tokyoなど全国にライブハウスを展開してきたZeppホールネットワークは、2020年に台湾の新北市にZepp New Taipeiをオープンした。その支配人である本多真一郎さんに、台湾進出のきっかけや台湾のライブシーンについて訊いた。

SKY-HI:新型コロナの感染拡大以降、台北のライブ事情はどのような状況でしょうか。
本多:つい最近までは立ち席でやれていたのですが、座席に切り替わってきています。
SKY-HI:日本で得る情報ですと、台湾の感染者数はかなり少ないそうですね。
本多:はい。新規感染者はかなり少なくなってきている状態ですね。
SKY-HI:Zepp New Taipeiは2020年7月にオープンされましたけれど、台北にZeppを作ろうと思ったのは、どういった試みがあったのでしょうか。
本多:Zeppホールネットワークとしましては、台湾はJ-POPの需要が高いので、けっこう昔の段階から計画としてはあったんですよ。立地や諸状況が整ったので、ようやくオープンに至ったというのが経緯ですね。
SKY-HI:なるほど。日本のアーティストを招へいするビジョンがあって、Zepp New Taipeiをオープンされたのでしょうか。
本多:招へいとなると、また話が変わってくるんですよね。と言いますのも、台湾には招へいする会社がたくさん存在しているんですよ。ですので、私たちはZepp New Taipeiを「文化のプラットフォーム」として考えております。まず私たちがちゃんとした箱を作って、現地のプロモーターさんたちが日本のアーティストを呼び、経済と文化が循環するスタイルを取っています。
SKY-HI:Zepp New Taipeiは2,000人が収容できるライブハウスとお聞きしました。
本多:そうですね。私たちは中規模会場と呼んでいるのですが、大きなアーティストでもファンクラブミーティングとして、よりファンに近い距離感でライブができます。加えて、ややインディーズ系のアーティストにとっては1つの登竜門になれると思います。「Zeppに行けたから、次はさらに上を目指そう」といった、中間地点、いわゆる“真ん中”を狙ったライブハウスです。

0124_acrossthesky_zepp.jpg

コロナ禍にオープンしたZepp New Taipeiだったが、ローカルでの需要は高まっているという。

本多:日本や韓国といった、海外からのアーティストを呼べないのは大変なことではあるんですけども、台湾のなかにも大勢のアーティストがいらっしゃいます。2020年12月も、毎週末何かしらのイベントやコンサートが入っていました。
SKY-HI:この状況下で頼もしいお話ですね。
本多:とてもありがたいです。

台湾の音楽シーンは洗練化が進んでいる

続けて、本多さんは、台湾アーティストのオススメ楽曲としてビビアン・スー『Goodbye』を選曲。90年代には日本でも大勢のファンを生み出した大スターだが、現在、台湾でも爆発的な人気を誇っている。



本多:ビビアン・スーさんは台湾において、ものすごい人気を集めています。女優さんであり、歌手でもあり、彼女の歌声はますます美しさに磨きがかかっています。台湾って「泣きメロ」がすごく多く、日本人にとってもグッとくる楽曲も多いんですよ。
SKY-HI:(『Goodbye』を聴いて)まさに、泣きメロですね。
本多:こういった曲調の曲が台湾でも多くて、台湾の人々もこういった音楽を望んでいる傾向にありますね。

SKY-HIから「現在の台湾の音楽シーンではどのようなものが流行っていますか?」という質問に本多さんが答えた。

本多:若い方の間ではヒップホップやR&Bが洗練されてきていて、人気があります。ここ数年は特に顕著ですね。また、昔流行った日本のシティーポップ系も熟成が進んでいるように感じますね。なので、1つ1つの音楽が洗練してきているイメージがありますね。
SKY-HI:音楽に対するメディアの扱いを教えていただけますか?
本多:日本で言う、生放送の音楽テレビみたいなものはないんですよね。代わりにKKBOXやSpotifyといった、音楽のサブスクリプションサービスが活発ですね。あとは、アジア圏は日本に比べてFacebookの利用者が非常に多いので、そちらを利用した宣伝活動が多いです。
SKY-HI:先ほどおっしゃっていましたが、台湾の音楽が洗練されているのは年々感じますよね。
本多:台湾のみならず、中国、シンガポール、マレーシアの方々との繋がり、いわゆる“面”としてのマーケットがものすごく大きいんですよ。そこに向けてみんなが宣伝をしているっていうのが、今のアジアの音楽市場だと思います。
SKY-HI:台湾の音楽レーベル事情はどのような流れなのでしょうか? 全体的にインディーズの流れなんでしょうか。国からのサポートが手厚いそうですね。
本多:そうですね。台湾では文化面の支援が見えやすいと思います。

裏方としてこれからも世界中のアーティストたちをサポート

最後に本多さんは、Zepp New Taipeiの支配人として目指している未来について語った。

本多:さきほど、文化のプラットフォームという言葉を使いましたが、あくまでも私たちは裏方という位置付けにいます。たとえ話になりますが、フランス料理を作るにしても日本料理を作るにしても、厨房がしっかりしていないといけないと思うんですよね。私たちは、その厨房を完璧な状態を作り上げています。最高の料理を作ってもらって、それをお客様がおいしく食べる。そういうイメージで私は考えています。

2022年には、マレーシア・クアラルンプールにて「Zepp Kuala Lumpur」の開業も控えているそうだ。

本多:コロナ禍という現状がありますけども、長い目で見ています。アジアの音楽マーケットを全体に広げていき、日本の音楽との交流も増やしていければと思っています。
SKY-HI:Zeppさんの日本業界への貢献はすごいと思います。数多くのアーティストが羽ばたいた場所でもありましたし、インディーズロックにとっては目標になっていますからね。たしかに、そういったことが世界中で起こるとなったら、すごいことですね。
本多:ありがとうございます。謙虚な気持ちを持ってアーティストのサポートを続けていきたいです。
SKY-HI:今後もよろしくお願いいたします!

『ACROSS THE SKY』のワンコーナー「IMASIA」では、アジアのヒップホップやさまざまな音楽カルチャーを紹介する。オンエアは10時40分頃から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2021年1月31日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
ACROSS THE SKY
毎週日曜
9:00-12:00
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン