音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ポルカドットスティングレイ『何者』 レコーディングが難しかった曲は…裏話をメンバーが語る

ポルカドットスティングレイ『何者』 レコーディングが難しかった曲は…裏話をメンバーが語る

ポルカドットスティングレイのニューアルバム『何者』が12月16日(水)にリリース。前日にJ-WAVEがお届けした、雫がナビゲーターを務める番組『SPARK』では、メンバー全員が交互に登場。「いちばんレコーディングが大変だったのはどの曲?」「ドラムの聴きどころは?」などリスナーの質問に答え、作品の魅力を伝えた。

レコーディングがいちばん大変だったのは?

密を避けるため、各メンバーと雫の一対一での対談形式でお届け。まずは、エジマハルシ(Gt)とのトークからスタート。リスナーからのメッセージに答えた。

「『何者』のリリース、おめでとうございます。アルバムでいちばんレコーディングが大変だったのはどの曲でしたか?」

雫:ハルシはやっぱり『化身』が大変だったんじゃない?
エジマ:大変だったねえ。
雫:すごかったよ(笑)。アルバム単位で言うと、『化身』はいろいろギターでやっている曲なんだよね。
エジマ:そうだね。
雫:ライブでやる曲ってなったら『JET』も大変そうだねえ。
エジマ:大好きな曲やけど、すっごくやりたくないね(笑)。
雫:わかるわかる(笑)。『JET』みたいな、誤魔化しのきかないフレーズを弾くのって難しいよね。あと、『化身』は本当に大変な曲だったからみんなライブでやりたくないかもしれない(笑)。
エジマ:(笑)。
雫:カッコいい曲って、どうしても難しいポイントが多くなっちゃうんだよね。でも、練習したいよね。
エジマ:そうだね。『化身』は慣れたら楽しく演奏できる曲になる気がする。

生ドラムと打ち込みのドラムが入り混じる『FICTION』

ハルシとバトンタッチして、ミツヤスカズマ(Dr)が登場。雫はリスナーから届いた、ミツヤスに向けたメッセージを読み上げた。

「ミツヤスさんのドラムを意識しながら『何者』を聴こうと思います。アルバムのなかでドラムの聴きどころを教えてもらえるとうれしいです」

雫:聴きどころがある曲、いっぱいあると思うな。
ミツヤス:フックになりえるドラムフレーズはちょくちょく入れましたね。
雫:お気に入りはある?
ミツヤス:パッと出てきたのは、『FICTION』のサビケツに毎回やっているパートかな。
雫:けっこう印象的なところだよね。
ミツヤス:ハッとする感じ。
雫:今回の『何者』では、生ドラムに加えて打ち込み音源も増えましたね。打ち込みをちゃんとやったのって『SQUEEZE』が最初だったっけ?
ミツヤス:そうだね。
雫:今回のアルバムに収録されているので、ミツヤスの打ち込みの軌跡を感じることができると思います。『FICTION』だとさ、生ドラムと打ち込みの音がどっちも入っていて面白いんだよね。打ち込みによって、曲に軽快さを出せているよね。
ミツヤス:サビの裏でずっと鳴っているところね。
雫:そうそう。自分は打ち込みのなかだとあの部分が一番お気に入りかもしれない。

『化身』と『FICTION』は対極の存在

雫とウエムラユウキ(Ba)がトークする時間では、リスナーから寄せられた絵に関する質問に回答。「雫さんは」という呼びかけに対し、なぜかウエムラが……?

「雫さんの描く絵って本当にセンスがあるなと思っています。雫さんはいつもどうやって絵のテーマやイメージを考えていますか?」

ウエムラ:絵っていうのはですね、音楽と一緒で“閃き”が大切です。そしてその浮かんでくる時間と場所って人それぞれだと思うんです。なので、イメージが浮かんだときにいつでも描けるものを常に持っているといいですよ。僕はiPadを持っているのですが、絵が描けるタブレット端末を持つのをオススメしたいですね。
雫:マジでさ、ちゃんと絵を描く人が言いそうなアドバイスをするやん(笑)。わりと正しいことを言っていると思いますよ。
ウエムラ:(笑)。
雫:いいアドバイスが聞けましたし、いい絵が描けると思います!

番組では『何者』より、『FICTION』をオンエア。2人は楽曲についての感想を語り合った。

雫:『化身』とは雰囲気が全然違う曲になりましたね、『FICTION』は。対極みたいな感じ。
ウエムラ:そうですね。
雫:『FICTION』はさ、“悪(わる)”な感じがめっちゃ気に入っているんですよ。そして、悪な感じを出すために、この曲だけユウくんは5弦ベースで演奏しているんだよね。5弦ベースが何なのか、みんなに説明してもらえる?
ウエムラ:5弦ベースっていうのは、1本演奏する弦が増えます!
雫:(笑)。ベースは4弦なんですが、そこに1本増やすことで、より低い音を出すことができるんですね。
ウエムラ:音を低くすることで、音源に“リッチ感”を加えることができるんですね。
雫:高低感というか、音の厚みが増しますね。『FICTION』は、自分たちの新しい一面をお見せできた曲だなと思います。

曲ごとに違う顔を見せるポルカドットスティングレイの魅力が堪能できるアルバム『何者』は好評発売中。

J-WAVE『SPARK』では、月曜から木曜まで日替わりのアーティストがナビゲーターを務め、毎週火曜日は雫(ポルカドットスティングレイ)が担当する。放送は月曜~木曜の24時00分から25時00分まで。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2020年12月22日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
SPARK
月・火・水・木曜
24:00-25:00
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン