音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
鬼束ちひろ、昔と今の「歌詞制作」の変化を語る

鬼束ちひろ、昔と今の「歌詞制作」の変化を語る

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)。12月3日(木)のオンエアでは鬼束ちひろがゲストに登場。ニューアルバム『HYSTERIA』の制作秘話や、架空の演歌歌手「鍋本たか子」について語った。

昔作った楽曲に、“今の自分”が歌詞をつけた

鬼束ちひろは8枚目のオリジナルアルバム『HYSTERIA』で、これまでのアルバムとは異なる試みをしたという。

サッシャ:今回のアルバムは面白い構成ですね。昔に作った曲たちに歌詞を付けたとお聞きしました。
鬼束:そうなんです。ディレクターから「この曲たちを完成させてほしい」という要望を受けました。デビュー当時の私が作った曲が、いっぱい残っていたんですよね。ほぼ、ディレクターからの熱望で生まれたアルバムです(笑)。
サッシャ:アルバムの収録曲は10曲ですが、この曲たち以外にもストックがあったんですか?
鬼束:ありましたね。(ストックは)100曲ぐらいあるかな?
増井:そんなにあるんですね!
サッシャ:歌詞は今回のタイミングで付けたんですよね?
鬼束:はい。若い頃の自分はメッセージ性が強かったので、「今の私とは違うかな」って思っちゃったんですよね。なので、詞は今の自分が書きました。
サッシャ:曲自体は昔の音じゃないですか。歌詞を書くときって、その当時を思い描きながら書いたんですか?
鬼束:いいえ、今です。なので、今回のアルバムは作詞の勉強ができたなと思っています。若い頃は詞を先に書いていたから、『月光』のような、すごくメッセージ性が強い作品ができたんですね。そのあとは曲と歌詞を同時に進めるようになって、今回は歌詞制作があとになったという流れですね。
サッシャ:曲ができた状態で歌詞を書いたのは初めてですか?
鬼束:はじめてかも。
サッシャ:歌詞はどれぐらいの期間で書き上げたんですか?
鬼束:1週間で書いたかな?
サッシャ:ええ!? 10曲分を?
鬼束:そう。今回のアルバムのジャケットがピンク色なので、ピンクの紙を用意して「この紙に歌詞を埋めよう!」と思って一気に書き上げました。
サッシャ:頭のなかからあふれ出るものがあったということですね?
鬼束:あふれ出さないとやってらんないって感じでした(笑)。
サッシャ:コロナ禍によって書きたいものって変わりました?
鬼束:変わっていないですね。ディレクターの熱望に応える形で、歌詞を書きました。
増井:今回のアルバムのプロデューサーはピアニストの兼松 衆さんなんですね。兼松さんは、鬼束さんのファーストアルバム『インソムニア』を中学生時代に熱心に聴いていたそうです。
鬼束:ディレクターが「すごいアレンジャーさんがいるんだよ」って紹介してくださったんですよね。兼松さんのピアノはすごくロマンチックというか劇的なので、すごく刺激になりました。
サッシャ:兼松さんからと打ち合わせをしながらアレンジを進めたんですか?
鬼束:いや、アレンジはもうできていたんですよ。曲のアレンジが既にできていて、ディレクターから熱望されたという経緯ですね。なので、イメージのズレを少し調整したぐらいですね。
サッシャ:かなりユニークなアルバム制作方法ですね。

演歌歌手デビューを目指したい!?

「MUSIC+1」恒例、公開したことのないお気に入りの1枚の写真を紹介するコーナーでは、鬼束が“架空の演歌歌手”になりきっている画像を公開した。

EoSJWrZVQAQ6lK9.jpg

J-WAVE『STEP ONE』公式Twitterより

鬼束:猫を抱いて歌う演歌歌手、鍋本たか子です。
サッシャ:それって架空の人物?
鬼束:そう。うちには「なべ」と「しゃもじ」っていう猫が2匹いるんだけど、「なべ」を抱きながら歌うんです。
サッシャ:なるほど、鍋本は猫の「なべ」からきているんですね。
増井:アンニュイな表情でいいですね、「なべ」ちゃん。
鬼束:レコーディングのときも猫を抱えたまま歌うんですよ(笑)。
サッシャ:かわいい。鍋本たか子には細かい設定があるそうですね。
鬼束:そうです。代表曲は「雪だるま」です。サビの最後を歌いますね。「冬が過ぎても 雪だるま」です。
サッシャ:こぶしが効いていていいじゃないですか、演歌!
鬼束:ゆきだるまは「なべ」のことです。冬が過ぎても重いんですよこの子。さっきの演歌、自分でもビックリするぐらい上手く歌えました(笑)。
サッシャ:演歌、出しちゃいましょうよ。
鬼束:出したいです。だからこそ、鍋本たか子っていうキャラクターを作ったぐらいですから。
サッシャ:配信限定でもいいから出してほしいなあ。
鬼束:書いてみたいです。アルバムタイトルは『低脂肪』です。「なべ」が重いから(笑)。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」では、ゲストとして毎回話題のミュージシャンが登場する。放送は月曜~木曜の12時30分頃から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2020年12月10日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
STEP ONE
月・火・水・木曜
9:00-13:00
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン