音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
松田龍平、山田孝之の監督ぶりにツッコミ「ほかの役者さんには熱い想いをぶつけていたのに」

松田龍平、山田孝之の監督ぶりにツッコミ「ほかの役者さんには熱い想いをぶつけていたのに」

漫画家・大橋裕之による幻の初期作集を映画化した『ゾッキ』(2021年春公開)が11月8日、第33回東京国際映画祭の「TOKYOプレミア2020」部門のワールド・プレミア作品として上映。監督を務めた竹中直人、山田孝之、斎藤工と、出演者の松井玲奈、森 優作、松田龍平、そして原作者・大橋裕之、脚本家・倉持 裕、鈴木寿明蒲郡市長が舞台挨拶を行った。

漫画家・大橋裕之の『ゾッキA』『ゾッキB』を、日本を代表する俳優でありクリエイターとしても異能を示す、竹中直人×山田孝之×斎藤工が共同監督を務め映画化した、ちょっと不思議なヒューマンコメディ。

竹中監督のパートに出演している松井は「役名としては幽霊という役でマネキンを演じました。特殊メイクも初体験で、とても楽しい経験でした」と独特過ぎる役に笑顔で「今まで色々なオバケを演じてきましたが、スキンヘッドで白塗りなのは初体験。人生何事も経験だと思って楽しみました」と新境地開拓を口にしていた。

201110_zokki5.jpg

松井玲奈

竹中の印象については「特殊メイクの準備中もそばにいてくれて、とても心配していただき、ケアもしていただきました」と感謝。その竹中はキャスティングについて「直感」といい「松井さんには美しくも不思議な匂いがする。その空気は松井さんにしか出せないだろうと思った」と起用理由を明かした。

斎藤監督パートに出演している森は「丁寧に最後まで現場に寄り添いながらモノ作りをされる方。僕はそこで自分の出来ることをやりました」と斎藤の監督としてのスタンスを紹介。それに斎藤は「森さん自身が大橋先生イズムを持っている方。森さんがカメラの前に立つと『ゾッキ』の世界が成立する。そんな稀有な役者さんに演じてもらえて、それだけで勝ったと思った」と全幅の信頼を寄せていた。また3人での共同制作スタイルに「とても貴重な経験。竹中さんと重なってディレクションするシーンもあったけれど、向かっている方向がみんな同じだったのでとてもスムーズでした」と一丸となった撮影を回想した。

201110_zokki6.jpg

斎藤工

山田監督のパートに出演した松田は「楽しかった」とボソッとつぶやくと、山田監督が「本当に?」といぶかしがる場面も。「龍平君には感情が出ないので、だからこそ龍平君がいいと思った」と起用に自信を見せた。松田は「山田君は現場でニヤニヤしているので、その顔を見るだけで楽しかった。僕に対しての演出はニヤニヤしてるだけ。ほかの周りの役者さんには熱い想いをぶつけていたのに。そういうやり方なんだと思った」と山田の演出スタイルを明かすと、当の山田は「自分の長編映画でモニターに龍平君が映っている。それだけで嬉しくて。ずっと見ていたいとニヤニヤしていました。でもほかの役者の方は龍平君ほどではないので、厳しめにやりました」と冗談めかして会場を笑わせた。

201110_zokki2.jpg

松田龍平

201110_zokki3.jpg

山田孝之

2018年に原作に出会った竹中監督は、最後に「初めて原作を読んだときには、あまりの面白さに震える思いでした。どこか切なく、懐かしく、デタラメで狂っている。出会いから2年後にこうやって映画という形になったのは嬉しい。本気で夢を持っていれば、叶うと思った。夢はもち続けた方がいい。そう深く感じ入りました」と完成に万感の思いだった。

201110_zokki4.jpg

竹中直人

映画『ゾッキ』は、2021年春公開予定。公式ホームページはこちら

201110_zokki7.jpg

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。