音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
【注目の学生アーティスト】ソロプロジェクト・伊藤八碌の強み「メロディをすごく大切に」

【注目の学生アーティスト】ソロプロジェクト・伊藤八碌の強み「メロディをすごく大切に」

【J-WAVE『SONAR MUSIC』から最新音楽情報をお届け】

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』。毎週木曜日は、週替わりでナビゲーターが登場。今週は、indigo la Endの川谷絵音と佐藤栄太郎が担当。

大学生・専門学生の音楽事情に迫る「SONAR TO THE NEXT」のコーナーでは、現役大学生・専門学生アーティストを数珠つなぎで紹介していく。7月30日(木)のオンエアでは、伊藤八碌さんに話を訊くとともに、大学生・専門学生アーティストを紹介してもらった。

ラップや学校でやるような童謡が好き

前回、torontoの根本快さんが「メロディが綺麗でかっこいい」と紹介していた伊藤八碌さん。元々バンドで活動していたが、現在はソロプロジェクトとなっている。番組では、そんな伊藤さんに色々と話を訊いた。

川谷:ミュージックビデオまで自分で作っているとか?
伊藤:はい。一人で作ってます。
川谷:今、番組に「伊藤八碌さんのミュージックビデオに主演していたものです」ってコメントがきていて、こんなリアルにコメントがくるなんてびっくりしました。生放送の良い所ですね。なので、僕、今ミュージックビデオ見させて頂いてます。
伊藤:ありがとうございます。



佐藤:どんな音楽とかアーティストが好きなんですか?
伊藤:ラップや学校でやるような優しい童謡みたいのが好きです。
佐藤:そこ、すごく乖離してますよね。あははは。
川谷:でも、童謡感あるよね。
佐藤:ラップって、例えば?
伊藤:アーティストでいうと、鎮座DOPENESSさんとか好きです。
佐藤:なるほど~。日本のちょっとユーモアのあるようなね。
川谷:じゃあ、もっとラップの影響受けている曲とかもあるんですね。聴いてみたいな~。曲作りは、パソコンですか?
伊藤:はい。一から十までパソコンで全部作っています。
川谷:他のアーティストに「ここは負けない! 」みたいな強みはありますか?
伊藤:みんなで歌うっていうのが音楽の良さだと思っているので、メロディをすごく大切にしています。
川谷:いいですね。童謡は、やっぱりみんなで歌えないとだめですからね。あははは。そういうポップスって童謡みたいなものだからね。じゃあ、最後に伊藤さんから何かお知らせはありますか?
伊藤:今一人で全部作ってるんですけど、一人で作るのがちょっと寂しくなってきたので。あははは。映像とか音楽を一緒に作ってくれる方を探しています。
佐藤:おお~。みなさん、伊藤八碌さんのTwitter、ぜひチェックしてみ下さい。

実は川谷も知っていた! バンド・Absolute area

そんな、伊藤さんがおすすめする大学生・専門学生アーティストは、「Absolute area」。

佐藤:どんな魅力をもったバンドですか?
伊藤:実は僕、このバンドで前にベースを弾いてたんです。歌詞とかがすごく好きで今でもよく聴いています。
川谷:僕、元々このバンド知ってるんですよ。けっこう前にワーナーミュージックの人に「このバンド売れそうだよ」って勝手にYouTube送ったことあります。あははは。
伊藤:嬉しいです。
川谷:まさかベースをそこで弾いてたとは。

次回は、Absolute areaのメンバーにおすすめアーティストを紹介してもらう。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2020年8月13日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
SONAR MUSIC
月・火・水・木曜
21:00-23:55
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。