音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
シルビア・グラブ「若者たちが夢に向かって生きていく冒険の物語」 アンドリュー・ロイド=ウェバー初期作品の魅力

シルビア・グラブ「若者たちが夢に向かって生きていく冒険の物語」 アンドリュー・ロイド=ウェバー初期作品の魅力

J-WAVEで放送中の番組『STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL』(ナビゲーター:中井智彦)。2月28日(金)のオンエアでは、女優でシンガーのシルビア・グラブがゲストに登場。シルビアが出演するミュージカル『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』の魅力や意気込みを語った。


■「ここまで人間性を感じられる歌を歌う人がいるんだ」

番組が始まると、開口一番に中井は「2007年のミュージカル『レ・ミゼラブル』で初共演した頃からシルビアさんのファンです」と告白した。

中井:ここまで人間性を感じられる歌を歌う人がいるんだと思って。
シルビア:ここでこんなに褒められると思わなかった(笑)。
中井:僕の初舞台だったので、わからないことがありながらも、シルビアさんが歌っている姿をどうしても客席で観たくて、舞台中に客席に行っちゃって。次の出番に間に合わなくなるってことがあったと、いま告白します(笑)。

中井も期待する日本版初上演のミュージカル『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』は、ミュージカル界の巨匠アンドリュー・ロイド=ウェバーと作詞家ティム・ライスが学生時代に制作した、彼らの原点と言われる伝説の作品だ。

【あらすじ】
カナンの地に住むジョセフは、12人兄弟の11番目で父ジェイコブが贔屓する一番のお気に入り。ある日、ジョセフだけに父からカラフルなコート(=テクニカラー・ドリーム・コート)を授けられたが、残る11人の兄弟から妬まれてしまい、策を講じられて奴隷として売り払われてしまった。

奴隷となってエジプトで暮らすことになったジョセフだが、持ち前の真面目さで献身的に仕えるうち、主人に信頼されていくように。しかし、主人の妻から一方的に想いを寄せられたことがきっかけで、投獄されてしまう。

牢獄でジョセフは、"夢を読み解く"能力を生かして登りつめていき、ついにはエジプト国王に仕える立場になっていたある日、かつて自分を売り飛ばした兄弟たちがジョセフの前に現れて…。

ミュージカル『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』公式サイトより)

シルビアは今作でナレーターを担当する。

中井:これまでに行われた海外キャストによる来日公演では、『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート』という邦題で上演されていたようですが、シルビアさんはこの物語に触れたことはありましたか?
シルビア:舞台版は観たことがないけど、小さいときに学校の授業か何かで90分の映画を観た覚えがあります。それでなんとなくの物語の印象はありましたね。
中井:(旧約聖書の物語がベースですが)僕たち日本人からすると聖書ってなかなか触れる機会がないんですけど、シルビアさんは?
シルビア:私はインターナショナルスクールに通っていて、いろんな宗教の人がいたけれど、わりとクリスチャンの教えが多くて、その中で「聖書にはこういう物語があるんだよ」って授業で教わったんだと思います。

【radikoで聴く】CLOSE EVERY DOOR TO ME / JOSEPH AND THE AMAZING TECHNICOLOR DREAMCOAT 1991LONDON CAST


■子どもから大人まで楽しめるアメージングな作品

ミュージカル『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』は、シャンソンやカントリー、ロックなど、さまざまな曲で綴られる作品だ。

中井:曲のジャンルがいろいろあることも面白いですよね。そこにダンスが組み込まれて、聖書の物語が日本人にしっかりと伝わるような構成になるのかなと思います。
シルビア:そうとうエンターテインメント性が高いものになると思います。チラシの撮影のときに、今作の演出を担当したダレン・ヤップさんが来てくれて、「聖書の物語と聞くとちょっととっつきづらいんだけど、そうではなくて、若者たちが夢に向かって生きていく冒険の物語にしたいんだ。聖書とか関係なく家族の物語、愛の物語のエンターテインメント・ショーにしたい」とすごく熱い思いを語ってくださいました。
中井:ますます楽しみですね。
シルビア:稽古をすることに、今からワクワクしています。

中井はダレン・ヤップ演出作に出演した俳優から「もう一回ダレンとやりたい」という声を聞くと明かす。

中井:そういうことからも僕は、ダレンさんは愛がある方だと思うんです。
シルビア:私もそうだと思う。作品にも愛があるし、出演者にも愛があるし、物語にも愛がある。ダレンさんはすごくいろいろ考えて演出をしてくれていると思います。
中井:ひとつの作品の中で、メイン俳優が軸として動きながらもアンサンブルがいいスパイスを効かせてしっかりと動けるのは、演出家の役割がすごく大きいと思います。それはときに厳しくあるかもしれないけど、「君たちを信用しているよ」って言葉だけで、アンサンブルをやっているときはうれしいんですよ。
シルビア:そうですよね。ちゃんと個々のキャラクターにマインドを持ってくださると、よりやりがいがあるからね。
中井:しっかり生きられるというか。それをダレンさんはやってくれるんだろうなと思っています。
シルビア:そういう意味では、今回の作品は冒険の物語だから主流のメンバー以外にもいろんなキャラクターが出てくる。一人ひとりの見せ場があると思うので、そこも見どころだと思います。

最後にシルビアが、今回の作品の見どころを語った。

シルビア:やっぱりロイド=ウェバーの初期の作品であり、『オペラ座の怪人』『サンセット大通り』の原点になる作品なので、その面白みがあるだろうし、いろんなジャンルの音楽が聴けるのもすごく楽しいと思います。それこそ子どもから大人まで楽しめるいろんな要素が詰まっている、タイトルのようなまさにいろんなカラーがあるアメージングな作品になると思っています。

ミュージカル『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』は、4月7日(火)~29日(水・祝)日生劇場にて公演予定。ぜひ劇場でさまざまなキャラクターと共にジョセフの物語を体感してほしい。

『STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL』では、ミュージカル俳優の中井がゲストを迎えて、ミュージカルの話や作品の解説など、さまざまな形でミュージカルの魅力をお届けする。放送は毎週金曜の22時30分から。次回も引き続きシルビア・グラブが登場。お楽しみに!



【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年3月6日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL』
放送日時:毎週金曜 22時30分-23時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/musical/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。