音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
デビュー1周年のmilet「この作品に関われてよかった」2nd EP『Wonderland EP』の思い出を振り返る

デビュー1周年のmilet「この作品に関われてよかった」2nd EP『Wonderland EP』の思い出を振り返る

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。「SONAR'S ROOM」のコーナーでは、月曜から木曜まで日替わりのアーティストが、今の自分たちの音楽に影響を与えたカルチャーについて語る。3月5日(木)のオンエアでは、木曜担当のmiletが登場。

miletは、3月6日(金)にデビュー1周年を迎えた。番組では、これまでにリリースをしたEPを4週にわたって1枚ずつ振り返る企画を実施。この週は、2019年5月15日にリリースしたセカンドEP『Wonderland EP』の収録曲を紹介した。


■初めて誰かのために作った『航海前夜』

miletはファーストEPを特集した際にも『Waterfall』という水が関連した曲を紹介しており「私の作る曲は水属性が多いのかもしれないですね。私は水属性なのかな?」と自己分析しつつ、曲について語った。

milet:『Again and Again』や『us』、ほかにもいっぱい曲を作っているTomoLowくんと一緒につくった曲です。これは多分、一緒に作ったなかで一番最初に作った歌です。私の曲のなかでは数少ない日本語タイトルなんですけど、『航海前夜』ってカッコいい名前だね。この曲は私自身に向けた歌でもあり、誰かの背中を押したいと思って、初めて人のために作った歌かもしれない。私自身、自分の居場所を確認するための歌というイメージでもあります。みなさんの人生、いろいろとあると思いますけど、私もこれまでの人生、いろいろとありました。もちろん消したい過去や忘れたいこともありました。でもそれを糧にできるかどうか、するかしないかというのは自分自身であり、自分が自分を信じてあげられるかで大きく変わってくるかなと思います。だから、嫌だったこともエネルギーにしていきたい。エネルギーにできなくてもいいけど、エネルギーにできたら、なお良いじゃないですか。それができるのは自分しかいないと思うんだ。「私は私を過去も含めて肯定してやるぞ」というメッセージを込めました。


■共同制作者TomoLowへの感謝をこめて『Undone』

『Undone』もTomoLowと共作をした楽曲。miletは、編曲を担当するTomoLowへ感謝の言葉を述べた。

milet:日本ではアレンジを編曲って言ってて、曲のクレジットとかでは日本だと作曲者、作詞者、編曲者って分かれていることが多いんです。でも、編曲は作曲だなと思います。編曲でその曲が生きることも死ぬこともあります。それぐらい大きい役割を担っています。聴こえ方もテーマさえも変わってくるマジックみたいなものなんです。なので、私は共同制作者として、編曲や作曲をごっちゃごちゃにしてクレジットを出しています。私はポンポンメロディを出せば曲は作れますけど、トラックを作る側なんて時間もかかるし本当に大変なんですよね。それを私は「こういう曲も作りたい」「これ、メロディできた」って言って(笑)。勝手に持っていってトラックを作っていただいたりするんですけども、私にできる技ではないので、ありがたいです。TomoLowくんは、実は私のライブとかでもキーボードを弾いてくれたりします。彼がTomoLowくんなので、ぜひみなさんお見知りおきをお願いします。


■大好きな監督の作品に参加『Wonderland』

『Wonderland』は、映画『バースデー・ワンダーランド』のイメージソングとして書き下ろしたもので、miletは「とても思い出深い曲」だと明かす。

milet:監督は原恵一監督、イラストレーターがロシアのイリヤ・クブシノブで、声優には女優の松岡茉優さんや杏さんが出演されています。ここで出会った人たち、みなさん忘れられないです。大切な思い出になりました。ずっと前からアニメの映画監督の中で一番好きで、大尊敬しているのが原恵一監督だったんです。もうずっと前からです。なので、このお話が決まったときは、喜びとかを通り越した驚きというか、硬直というか、あの感覚はすごかった。初めての打ち合わせのとき、私が好きだから“モナカ”を持っていったの。「ぜひ食べてください」って会議室で開けたらね、原恵一監督が食べてくれたの。「甘くておいしい」って言ってくれて。今思い出しても、興奮します。……というのは置いといて、映画の歌を歌うというのはもちろん初めてで、どういう姿勢で挑むかとか、やり方とかもまったくわからなかったんですよ。だけど、絵コンテを見た瞬間から、私は感動して涙が出てしまって、絵コンテって手描きで表現された、動く前の絵たちなんですけど、それを見るとクリエイターたちの魂を感じるんです。あれはすごい。もちろん絵に限らずアニメーターさんもですが、声優さんも、音関係も監督も誰もが、自分の大好きなアニメ映画という分野で、これ以上ないというぐらい本気で作り上げるんですよね。その仲間に入れるということがなによりも感動でした。

miletは松岡や杏とは今でも交流があるそうで、お互いに励まし合うメッセージを送ったり、食事に行くこともあるのだとか。「本当にこの作品に関われてよかったなって思います」と、話を締めくくった。

J-WAVE『SONAR MUSIC』のワンコーナー「SONAR'S ROOM」では、月曜から木曜まで日替わりのアーティストがその日のテーマにまつわるトークを展開。時間は22時30分ごろから。

【この記事の放送回をradikoで聴く:前半】(2020年3月12日28時59分まで)
【この記事の放送回をradikoで聴く:後半】(2020年3月12日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン