音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
milet、映画音楽を紹介! 一番好きな作品は…

milet、映画音楽を紹介! 一番好きな作品は…

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。「SONAR'S ROOM」のコーナーでは、月曜から木曜まで日替わりのアーティストが、今の自分たちの音楽に影響を与えたカルチャーについて語る。12月19日(木)のオンエアでは、木曜担当のmiletが登場。「映画音楽」をテーマに語った。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年12月26日28時59分まで)


・ジョン・ウィリアムズ『Reunion of Friends』

映画『ハリー・ポッター』からこの曲をオンエア。『ハリー・ポッター』シリーズの「ドンピシャ世代」だったというmiletは、全ての作品を映画館で観たという。

milet:私が「魔法を使いたい」と思ったのは、この作品を観てからです。『ハリー・ポッター』のサントラも本当にすごくて、どれもテーマソングを言い張れるぐらい印象的な曲が散りばめられています。『ハリー・ポッター』は3作目の『アズカバンの囚人』までは子どもでも楽しめるファンタジー要素の多いのに対して、4作目以降は深刻でシリアスなストーリーになっていきます。3作目までの映画音楽、サントラをジョン・ウィリアムズが担当していました。

miletの魔法使いへの憧れは本物で「『音楽』と『魔法使いになる』のどっちを取る?」という2択を迫られたら「悪いけど、私はホグワーツに行くと思う」と、『ハリー・ポッター』に登場する「ホグワーツ魔法魔術学校」に通ってみたいと告白。さらに「魔法使いは、いると思う。もしこの『SONAR'S ROOM』を聴いている魔法使いがいたらぜひ連絡してほしい」と、呼び掛けていた。

・バーナード・ハーマン『A Night Piece for Orchestra』

1976年公開のアメリカ映画『タクシードライバー』から。マーティン・スコセッシが監督、主演をロバート・デ・ニーロが務めている。

milet:「一番大好きな映画」と何度も公言させていただいています。何度も観ていると「むしろこの曲のミュージックビデオが『タクシードライバー』という映画なんじゃないか」というぐらいに印象的な音楽です。バーナード・ハーマンはこの『タクシードライバー』の最後のレコーディングが終わった夜に息を引き取っています。私の愛してやまないバーナード・ハーマンが命を懸けて録り終えた曲というのも知っているからなのか、やっぱり特別に好きな一曲です。

『タクシードライバー』の裏話も好きだというmiletは「『タクシードライバー』の資料ファイル」という、独自に映画の情報を集めたファイルまで持っているそう。最後は「映画音楽こそ、映画なのかなと思います」と締めくくっていた。

J-WAVE『SONAR MUSIC』のワンコーナー「SONAR'S ROOM」では、月曜から木曜まで日替わりのアーティストがその日のテーマにまつわるトークを展開。時間は22時30分ごろから。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年12月26日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。