音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ゴスペラーズ、ギャラの配分はきっちり5等分! そのメリットは…

ゴスペラーズ、ギャラの配分はきっちり5等分! そのメリットは…

J-WAVEで放送中の番組『VOLVO CROSSING LOUNGE』(ナビゲーター:アン ミカ)。11月8日(金)のオンエアでは、ゴスペラーズ・黒沢薫がゲストに登場。メジャーデビュー25周年を記念したシングル『VOXers』を紹介した。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年11月15日28時59分まで)


■『VOXers』でようやく実現できたテクニックは?

グループ初の“ケンカアカペラ”を取り入れたシングル『VOXers』は、10月30日(水)に発売された。“ケンカアカペラ”とは一体どういう歌唱方法なのか、黒沢が解説した。

アンミカ:“ケンカアカペラ”って、どういう意味なんですか?
黒沢:アカペラだけど、アカペラのイメージを覆すように、リズミカルにみんなが声を張り上げます。今回の『VOXers』では、5人が歌で戦っています。
アンミカ:聴いていて楽しいし、それぞれの声とハーモニーの表情が変わっていきますね。
黒沢:サビのリードボーカルは同じなんですが、他の4人は同じ音をハモっているのではなくて、リズムが違うんですよ。スキャットの発声時の口の形も、「リ」とか「ル」とか「ラ」とかみんな違っていて。みんなが違うことを言っているのに、結果的にハモっているんですね。ケンカアカペラはずっとやりたかったんですけど、ここにきてやっとできました。


■全員が本気で作曲するグループ

デビュー当時から、ギャラの配分をきっちり5等分にしているというゴスペラーズ。金銭面で揉める可能性を意識して排除したことによって、各メンバーの作曲活動へのモチベーションはどう変化したのかを黒沢が語った。

黒沢:デビュー当初の全然儲かっていないときから「ギャラは全部5等分にしましょう」と決めていたので、お金で揉めたことがないんですよ。ですので、自分たちが(それぞれ)やりたいことをやっても、他のメンバーたちから否定されないのは大きいですね。そのうえで、いい曲を書けばいい。誰かの曲に頼るのではなくて、「いい曲を書いて、どうやって採用されるか」だけを考えればいいんです。全員が作曲に本気なんですけど、喧嘩はしないです。
アンミカ:仲間の実力を認め合ったなかで戦っていて、切磋琢磨ですね。
黒沢:『VOXers』の歌の世界観と、実際の我々の活動はかなり近いですね。

新曲『VOXers』は好評発売中。『VOLVO CROSSING LOUNGE』では、様々なジャンルのプロフェッショナルをゲストに迎えて、大人の良質なクロストークを繰り広げる。オンエアは毎週金曜23時30分から。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年11月15日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『VOLVO CROSSING LOUNGE』
放送日時:毎週日曜 23時30分-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/crossinglounge/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン