音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
森山直太朗、新曲『さくら(二〇一九)』への思いを語る「かなり覚悟がいりました」

森山直太朗、新曲『さくら(二〇一九)』への思いを語る「かなり覚悟がいりました」

J-WAVEで放送中の番組『GROOVE LINE』(ナビゲーター:ピストン西沢)。10月30日(水)のオンエアでは、森山直太朗が登場。新曲の『さくら(二〇一九)』と『速魚』について語った。


■生まれ変わった『さくら』

ドラマ『同期のサクラ』の主題歌である『さくら(二〇一九)』。曲に込めた思いを、森山が明かした。

森山:(楽曲制作にあたり)最初は尻込みしましたね。ただ、コンサートで歌っている『さくら』を今の歌唱で届けられたらいいなって思っていて。夏にツアーが終わって、少し足元を見つめなおしている時期に、デビュー当時に歌っていた曲に光を当ててもらえる機会を頂けました。かなり覚悟がいりましたけどね。

続けて森山は、『さくら(二〇一九)』を制作する際に意識していたことを語った。

森山:(収録が完了したのは)テイク3ぐらいかな? 1発で撮りきるぞっていうような気持ちでした。作りこむような曲でもないし、そんなこと僕はできないから。この曲は、ライブに来て頂いた人たちの想像というか......イメージを超えていかないとやる意味がないと思っていました。


■『速魚』の収録秘話を公開

手塚治虫生誕90周年記念として発売された、「火の鳥」のコンピレーションアルバムに参加した森山。森山は、森にマイクを立ててフィールドレコーディングをしたという『速魚』について語った。

森山:森にマイクを置いて、そこでライブをしました。この曲にアレンジを加えてって気持ちになれなくて。いろいろ考えて、スマートフォンで録画したデータを、(作詞家の)御徒町凧に送りました。「空気、録れてるね」っていう話になって、これをCDに落とし込める形にしました。よく聴いていただくと、ピヨピヨとかチュンチュンとか......(鳥の)音が鳴っていたりするんですね。誰かの手垢がついていないような場所で歌いました。

『速魚』が収録された『NEW GENE, inspired from Phoenix』は好評発売中。また森山のドキュメンタリー映画『森山直太朗 人間の森をぬけて』が12月13日(金)より公開される。

【番組情報】
番組名:『GROOVE LINE』
放送日時:月・火・水・木曜 16時30分-19時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン