音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
乃木坂46・齋藤飛鳥「本当にやめてほしい」 言われると言い返したくなる言葉とは?

乃木坂46・齋藤飛鳥「本当にやめてほしい」 言われると言い返したくなる言葉とは?

J-WAVEで放送中の番組『POP OF THE WORLD』(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY'S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、乃木坂46・齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーだ。10月26日(土)のオンエアでは、助動詞「may」「can」「could」の違いを学んだ。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年11月2日28時59分まで)


■旅行におすすめの国

齋藤からの挨拶「Hiya!」(やあ!)でスタート。まずは、リスナーからの質問に回答した。

「卒業旅行の参考に、おすすめの国やおいしい肉料理を教えてください」

齋藤:どこだろうなあ。ベタで申し訳ないですけど、私はニューヨークやイギリスのステーキが好きでしたね。
ハリー:日本のステーキと違った?
齋藤:個人的にはあっさりした味より、ガツンと肉の味がするほうが好きなので。ロンドンで行ったステーキ屋さんは、味付けがどうとかっていうより、ガッツリ肉を楽しんでくださいという感じでした。
ハリー:そうなんですよ。肉が持つ味を味わってくださいという感じで、ソースがあるわけでもなく、変な話、肉の塊が塩とともに出てくるイメージです。このあいだ、Creepy NutsのDJ松永くんが、ロンドンで開催されたDJ技術を競う世界大会「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIP FINALS 2019」で世界一になりました。その直前に、彼の番組におじゃまして「ロンドンのここに行ってほしい」「これをしてはいけない」というトークをしたところだったんです。心配だったので「ロンドンは大丈夫だった?」って訊いたら、「フィッシュ&チップスを連続で食べ過ぎてお腹を下しました」って。
齋藤:何をやってるんですか(笑)。
ハリー:あと、行ってほしい場所のリストを送っていて、その中に飛鳥ちゃんも行ったことがあるステーキ店「ホークスモア」も入れていたんです。
齋藤:行きました! 大好き。
ハリー:そうしたらDJ松永くんが「奇跡です。おいしかったです」って。イギリス料理はおいしいんだよ!
齋藤:そうですよね。いまだに「イギリスって料理がまずいよね」って言われるんですけど、本当にやめてほしいです。今ってそんなことないじゃないですか。
ハリー:うれしいなあ。食の親善大使になってください。
齋藤:言われるたびに言い返そうと思うんですけど、それも面倒くさくて。
ハリー:僕は6年間言い返してます。このあいだもDJ松永くんに「なんでそんなイメージがあるんですか?」って訊かれたので「これはJOYさんのせいです」って言っておきました。JOYさんがいろいろなバラエティ番組に出て、イギリスのロケをして「イギリス人は全員うなぎのゼリーしか食わないんだよ」ってわけのわからない嘘をつくから(笑)。
齋藤:嘘ばっかり(笑)。
ハリー:だから、リスナーさんにおすすめしたいのはイギリスの肉料理ですね。
齋藤:そうですね。私はイギリスがおすすめです。お肉だけじゃなくカレーとか、ごはんがおいしいですよね。
ハリー:人種のるつぼだから、中東料理のタジン鍋やカレーもおいしいです。
齋藤:でも、友だちと行けばどこでも楽しいんじゃないですか。楽しんでください。


■文法を学ぶ!

コーナー後半では、助動詞「may」「can」「could」それぞれの違いを学んだ。

「may」は一番丁寧な言い回しであり、目上の人に対しては「May I~」を使うことが多い。たとえば「May I turn the AC (Air Conditioner) off?」(エアコンを切ってもよろしいでしょうか?)。次に丁寧な言い回しが「Could I~」。これは、相手に尊敬を示しながら「おそらくエアコンを消しても大丈夫だろう」というニュアンスが含まれる。そして、三つのなかで一番カジュアルな言い回しが「Can I~」だ。

ハリー:たとえば、僕が飛鳥ちゃんに「Could I borrow your pen?」(ペンを貸してくれますか?)って訊いたとしたら「飛鳥ちゃんなら貸してくれるだろう」というニュアンスが含まれます。でも、先生に訊くとしたら「May I borrow your pen?」と訊きます。英語には尊敬語がないとか、だいたいみんな同じように(カジュアルに)話すと言われます。たしかにそうですけど、その中でも相手に対するちょっとしたリスペクトが「May I~」「Could I~」「Can I~」に含まれます。
齋藤:じゃあ「お肉がおいしい店に連れて行ってください」は?
ハリー:その場合は「could」を使います。なぜかというと「may」は自分に対して使う言葉で「"私が"~をしてもよろしいでしょうか?」という意味だからです。
齋藤:なるほどなるほど。
ハリー:だから「お肉がおいしい店に連れて行ってください」を目上の人に使うなら「Could you take me to a restraint with fantastic meat.」です。目上の人に使う場合は、ごちそうになるかもしれないので「could」がいいですね。目上の人であっても、関係性によっては「can」でもいいですけどね。

「May I~」「Could I~」「Can I~」のほか、「~をしたくない」という思いを示す「Should I~」という言い回しがあり、これは「~をするべきですか?」と言うときに使う。たとえば「Should I go back home?」(家に帰るべきですか/帰ったほうがいいですか)。さらに「そんなことをしなければならないのですか?」という意味の「Do I have to~」もある。

ハリー:たとえば、家族でテーマパークに行って帰るときに、子どもが「Mummy, do I have to go back home?」(ママ、家に帰らなきゃだめなの?/帰りたくない)と言ったりします。ほかにも「Do I have to go with you?」は「あなたと一緒に行かなきゃいけないの?」などがあります。
齋藤:うわあ、すごくいやそう(笑)。

丁寧な言い回しの順番は、上から「May I~」「Could I~」「Can I~」「Should I~」「Do I have to~」となる。この機会にぜひ覚えてみてほしい。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『POP OF THE WORLD』
放送日時:毎週土曜 6時-8時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/popworld

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン