音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
三代目JSB・今市隆二、登坂広臣の作詞スタイルに大笑い! キッチンで…

三代目JSB・今市隆二、登坂広臣の作詞スタイルに大笑い! キッチンで…

J-WAVEで放送中の番組『SPARK』(木曜担当ナビゲーター:三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE 今市隆二)。10月10日(木)のオンエアでは、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEから登坂広臣がゲストに登場。今市とともにリスナーからのメッセージに答えた。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年10月17日28時59分まで)


■登坂は作詞に行き詰まると、キッチンで最終手段に?

二人は以前インタビューで、作詞をする場所について答えたことがあった。今市は新幹線、登坂はキッチンで書くことがあったという。リスナーから、そのとき生まれた曲を教えてほしいというメッセージが寄せられた。

登坂:なんだっけな......。でも、バラードだった気がする!
今市:(笑)。
登坂:前のアルバムに入ってる『With You』っていうバラード曲の、サビかなんかを書いてた気がする。
今市:もう『With You』は、サビ聴いたらキッチン出てくるね! 最近はキッチンでは作ってない?
登坂:作ってないなあ。でも、行き詰まったらキッチンにこもってる(笑)。
今市:(笑)。
登坂:キッチンの神に舞い降りてもらおうと......。
今市:最終手段だね(笑)。


■歌詞制作で意識すること

続いて、「歌詞を書くときに意識していることはありますか? 実体験を入れることはありますか?」というメッセージに答えた。

今市: 10月30日発売の新曲『RILY』は、実体験ゼロです。初めてかもしれない。
登坂:内容はラブソングなの?
今市:RILYという空想上の女性に振り回される男性の心情を書きました。RILYは、ハイヒール履いたり赤い口紅だったり、ちょっと格好いい女性で。この曲は完全に空想です。そういう願望ないし(笑)。でも、だいたい(歌詞に実体験は)入ってるよね?
登坂:だいたい入ってると思う。思い返せないで書けたら、ほんとすごいよね。

今市が登坂に、「歌詞を書くときに気をつけていること」を問うと...... 登坂:技術的として、言葉の乗り方を気にしてるかな。俺がやってる音楽はダンスミュージックだったりするから、「この言葉にしちゃうとベタっとするなぁ」とか。「母音が跳ねやすい言葉にしようかな」とかを考えてます。
今市:なるほどね。(言葉とメロディの)ハマりはめちゃくちゃあるよね。

番組の後半では、開催が決定した「LDH PERFECT YEAR 2020」に対する意気込みを、今市と登坂が語る場面があった。詳しくはradikoをチェックしてみてほしい(再生は2019年10月17日28時59分まで)。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年10月17日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時-25時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/spark/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。