音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
シンディ・ローパー、東日本大震災直後に発した言葉とは? 共演したTOKUが振り返る

シンディ・ローパー、東日本大震災直後に発した言葉とは? 共演したTOKUが振り返る

J-WAVEで放送中の番組『MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY』(ナビゲーター:グローバー)。9月21日(土)のオンエアでは、今年デビュー35周年のアニバーサリーイヤーを迎え、10月に4年ぶりとなる来日公演を行うシンディ・ローパーを特集。LiLiCoとシンガーでフリューゲルホーンプレイヤーのTOKUをゲストに迎えて、シンディ・ローパーについて熱い音楽談義を展開した。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年9月28日28時59分まで)


■不安定にみせることが彼女のキャラクター

TOKUは、シンディの歌声の魅力は「ストレートに響いてくるところ」と語る。

TOKU:彼女の経験だったり感じてることだったり、そういったソウルをそのまま歌にのせている気がします。
LiLiCo:心で歌っていると思うんです。ずっと不思議なビブラートがかかっていて、最初の頃「この人、歌が下手なのかな」って思ったのね(笑)。でも、冷静に聴くとめちゃくちゃうまい人なんだなって。その不安定にみせることが彼女のキャラクターであり、激しくジャンプしたりして歌っていたから、そこからその歌声が生まれた気がしますし、それが彼女の魅力だと思います。

また、LiLiCoは「シンディは人の話を全部聞き、それを吸収して理解して、かみ砕いて歌にしている気がするから、地球と共に歌っている感じがする」と、シンディのすばらしさを語った。


■シンディの中身はすごく情熱的

TOKUは、シンディのアルバム『Memphis Blues』に参加するなど、長きにわたり彼女と交流を図ってきた。シンディの人柄について、次のように話す。

TOKU:とにかく表裏のない人ですね。話すときとかは常に落ち着いているんですけど、中身はすごく情熱的だなと感じました。最初にシンディと出会ったのは、僕のライブに彼女がプロモーションの一環で訪れたとき。彼女と『Time After Time』と『What's Going On』の2曲で共演しました。そのときに今まで聴いてきたレコードだけでは分からない、非常にスピリチュアルなものを感じました。

TOKUはシンディの生の歌声を聴き、ジャズシンガーでさまざまなアーティストに影響を与えたビリー・ホリデイを感じたと言う。

TOKU:ブルースにも聴こえたし、音楽を深いところまで知っている人だなとすごく感じましたね。

それから6年ほど経った2011年、シンディは東日本大震災が起きた3月11日、ツアーのために来日した。

TOKU:当初、彼女と僕が6年ぶりに再開する瞬間をテレビで収録する予定だったんですけど、震災のために計画停電中の寒い楽屋で会うことになりました。シンディは僕の顔を見て、「元気?」でも「久しぶり」でもなく、開口一番に「TOKU、私って絶対にこの国に何かをしに来たのよね」って言ったんです。それは今でも忘れない言葉ですね。そういうところでジーンとくるなって。震災直後で僕も「ミュージシャンとして何ができるんだろう」「音を出していていいのか」など、精神的に不安定な気持ちになっている中で、彼女と一緒に音を出している間は、非常に温かい気持ちになれたんです。

その後、TOKUはシンディのツアーに同行。「彼女は『日本のみんなを元気づけるんだ』『勇気づけるんだ』『何かしなきゃ』という強い使命感を持ち、全身全霊で歌っていた」とその様子を振り返った。

番組では、シンディとTOKUが共演した楽曲『Don't Wanna Cry (feat.TOKU)』 をオンエアした。


■LiLiCo「やっぱりシンディはメロディ」

オンエアでは、LiLiCoが選ぶ「シンディ・ローパーのカバーしてみたい曲TOP3」を発表した。

3位:『Change of Heart』

LiLiCo:スタッカートみたいにジャンプしてる曲で、それがすごく楽しくて、ステージでジャンプしながら歌いたい。バラードバージョンも歌ってみたいですね。メロディが面白いから、なんとでもなる曲なんじゃないかなって思います。

2位:『True Colors』

LiLiCo:私にとってやっぱりシンディはメロディなの。メロディだけでもう美しくて。楽器はひとつくらいで、あとはそのメロディの美しさだけでいいんです。

1位:『Time After Time』

LiLiCo:カラオケに行くと、ウォーミングアップに歌う曲。これは楽器がなくてもアカペラでもいい。喉を慣らしながらも聴かせられる曲だなと思います。先に自分の声を吹き込んでおいて、自分とハモりたい曲でもありますね。
グローバー:サビに入ってくる男性のハーモニーがいいので、LiLiCoさんとTOKUさんで歌ってほしいですよね。
LiLiCo:私はいつかデュエットしたいです。
TOKU:お互いに声のキーが低いから、キーを落としたらできそうですね。

さまざまな角度でシンディにフォーカスした今回のオンエア。次回、28日(土)のオンエアでも、シンディの魅力をさらに深く掘り下げる。お聴き逃しなく!

J-WAVE『MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY』では、ゲストを迎え、1組の「レジェンド・ミュージシャン」をテーマに音楽談義を繰り広げている。放送時間は土曜の17分頃から。ぜひチェックしてほしい。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY』
放送日時:毎週土曜 17時-17時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/musicology/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン