音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
吉岡里帆が訊く! 姉妹イラストレーター・ストマックエイクの制作法

吉岡里帆が訊く! 姉妹イラストレーター・ストマックエイクの制作法

J-WAVEで放送中の番組『UR LIFESTYLE COLLEGE』(ナビゲーター:吉岡里帆)。8月25日(日)のオンエアでは、イラストレーターユニット・STOMACHACHE.(ストマックエイク)のTOMOE MIYAZAKIが登場。経歴や作品について語った。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年9月1日28時59分まで)


■ユニット名の由来がかわいい

STOMACHACHE.はTOMOEと姉・NOBUEによるイラストレーターユニットだ。これまでに、チャットモンチーのロゴや書籍のカバーイラストなどを手がけている。

NOBUEが徳島県に住んでいるということで、今回は東京在住のTOMOEのみの出演となった。さっそくユニット名の由来を訊いた。

TOMOE:小さいころからふたりともお腹が弱くて。小学生のときにお腹が痛くなって学校から帰ってきて「今日2時間目の休み時間にお腹が痛くなって」って話したら、お姉ちゃんが「私も!」みたいな。
吉岡:共鳴してる!
TOMOE:それで、名前を決めるときはパッと決まりました。「STOMACHACHE.でいいんじゃない?」って。
吉岡:"お腹が痛い"というユニット、可愛いですね。

ふたりは、家の中は父と母の手作りのものばかりという環境で育ち、モノ作りの世界へと進むのは、ごく自然な流れだったそうだ。NOBUEが大学2年生、TOMOEが高校3年生だった2004年頃、個人が作る雑誌・ZINE(ジン)を制作し始めたのが、ふたりで一緒に活動するきっかけとなった。

TOMOE:ZINEは、そもそもパンクとかスケーターのカルチャーだったもので、絵とか写真とか文章とか、なんでもいいので、自分でコピーしてホッチキスで留めた簡単な冊子です。
吉岡:じゃあ、スケーターとか、そちらのカルチャーが入っているということですか?
TOMOE:それが憧れです。できないんですけど、すごく好き。
吉岡:ZINEで、もちろんイラストは描かれていると思うんですけど、言葉なども全部書かれていたんですか?
TOMOE:私たちが作っていたのは、絵と一文あるというようなものです。英文に和訳がついているんですけど、その英文は英和辞書から面白そうな例文があるものをピックアップして、描きあがった絵とふたつ合わせて変な感じに見えるというものを組み合わせてZINEにしていました。


■離れて暮らす...制作はどうやって?

TOMOEとNOBUEは現在離れて暮らしている。どのように作品を作っているのだろうか。

TOMOE:仕事のときは役割分担して、番号を振って「奇数は私で、偶数はNOBUEちゃんにお願いします」といって描いたりとか。仕事のときはけっこう機械的に割り振ってやっています。展示もするんですけど、展示のときは何も言わずに当日作品を持ってきて展示することがけっこう多いです。
吉岡:じゃあ相手が何を持ってくるかわからない状態で。
TOMOE:一応タイトルとか、最初に決め事は決めるんですけど、当日までわからない。「まあだいたいこのぐらいあれば埋まるかな?」という分をそれぞれ作ってきます。
吉岡:お互いの相性や統一感というものが自然と生まれてくるということですよね。それってすごくないですか?
TOMOE:そこは間違いなく一緒な感じになりますね。
吉岡:やはり血ですね。
TOMOE:そうですね。そこはきょうだいでよかったなと思います。


■自宅でのマイルール

続いて吉岡は、TOMOEに思い出の街について尋ねた。

TOMOE:いちばん長く住んだのが名古屋なんですけど、そのときに通っていた愛知県立芸術大学が思い出に残っている場所です。校舎も好きなんですけど、森の中にあってキャンプ場みたいな匂いがして、登っていくと建物があって。建物も吉村順三さんという方が設計されたものでかっこよくて、大学の中を探検したり未発見の場所を見つけたりするのが、すごく好きでした。

TOMOEの東京の自宅についても詳しく話を訊いた。

TOMOE:けっこうごちゃごちゃしていて、生活感がある感じで物が多いです。今は作業場が別なんですけど、前は自宅で作業していたので、でっかい机があって仕事の紙などが山盛りになっていました。本当に物が多いという感じの部屋です。でも、手作りの家具とか友だちの作品とかがいっぱいあります。
吉岡:自宅でのマイルールはありますか?
TOMOE:毎朝起きたら掃除機をかけてラジオをつけるのが日課です。ラジオは一日中流しています。ラジオで私のメッセージが読まれたこともあるんです。渾身のネタを溜めてて、送ったら読まれました。めちゃくちゃ嬉しかったです。テーマが「恥ずかしい話」で、洗濯を干すときにパンツを下に落としてしまって、S字フックで自分で仕掛けを作って引っかけたという話なんですけど。

今後も、自分が作っていて楽しいと思うものを作りたい、と語ったTOMOE。個展や型染などに取り組みたいとのこと。イラストをはじめ、さまざまなジャンルで活躍を続けるSTOMACHACHE.に注目!

J-WAVE『UR LIFESTYLE COLLEGE』では、吉岡がゲストとともに、より豊かなライフスタイル、よりいい生き方を考える。放送は毎週日曜の18時から。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『UR LIFESTYLE COLLEGE』
放送日時: 毎週日曜 18時-18時54分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/lscollege/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン