音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
RADWIMPS・野田とあいみょんに、いきものがかり・水野が嫉妬しちゃうワケ【特集】

RADWIMPS・野田とあいみょんに、いきものがかり・水野が嫉妬しちゃうワケ【特集】

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:藤田琢己)。12月6日(木)のオンエアは、いきものがかりの水野良樹とのコンビでお届けしました。

注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、週替わりで1組のアーティストを4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。この週は12月12日(水)にニューアルバム『ANTI ANTI GENERATION』をリリースするRADWIMPSを特集しています。

【1回目】RADWIMPS、結成のきっかけはティッシュ配り!? メンバーが語る運命的な出来事
【2回目】RADWIMPS、ランキング1位をとっても「地獄だった」理由
【3回目】RADWIMPS・野田洋次郎、映画『君の名は。』以降で曲作りはどう変わった?

今回はメンバーの野田洋次郎さん(Vo./Gt.)、桑原 彰さん(Gt.)、武田祐介さん(Ba.)の3人に、藤田がインタビューした模様とともに、『ANTI ANTI GENERATION』に迫りました。(※ドラムの山口智史さんは現在、持病のため休養中です)


■「とんでもない天才が現れた」と噂に

いきものがかりは、横浜アリーナでRADWIMPSと対バンをしたことがあります。そのときの様子を水野は、こう振り返りました。

水野:地元(神奈川)が同じで、彼らは横浜のライブハウスとかで活動していて、「とんでもない天才が現れた」と噂になっていたんです。当時、地元のラジオ局でその曲が流れているのを、自分たちの機材を移動するときに、車の中で聴いて衝撃を受けて、山下(穂尊)とふたりで「ここには勝てない。彼らみたいな道は進めない。真逆のことをやろう」と言い合ったのを、すごく覚えています。

■5年前に作った曲

『ANTI ANTI GENERATION』は、フィーチャリングアーティストとして、ONE OK ROCK・Takaさん(Vo.)、あいみょんさん、ラッパー・MIYACHIさん、SOIL&"PIMP"SESSIONS・タブゾンビさん(Tp.)が参加しています。そのなかで、『IKIJIBIKI feat.Taka』は、5年ほど前にオケだけを録り終えていたそうです。なぜ、このタイミングで世に発表したのでしょうか?

野田:「違う人にこのサビを歌ってもらったら気持ちがいいかな」っていう思いは、その時期からあったのかもしれない。
藤田:そんなイメージをする曲が当時からあったんですね。
野田:『そっけない』も「違う人が歌ってくれたら」と思ってました。自分が歌うことへのプライオリティは、年々下がってます。
藤田:そのモードが「フィーチャリング」 に繋がってるんですね。それが転じて、このアルバムの色合いになっているのは、すごくいいんじゃない?
野田:一番でかいよね。風通しのよさもそう。
藤田:いろいろな人と関わることで……。
野田:めちゃめちゃインスパイアされますし、いろいろな影響を受けるし、バンドにとっていいことしかなかったね。楽しかったです。
藤田:あとは、Takaくんが久しぶりに、あんなに激しい曲を日本語で歌うっていう……。
野田:それをやらせたかったんだよね。「想像以上に想像通り」というか、改めてすごい声だと思ったし、「俺にこの声があったら、俺が歌いたい曲はこうだ」って思って歌詞も書いてたし、あれはすごい。Takaが歌うべき曲だったんだなと思って、嬉しかった。

ちなみに、『IKIJIBIKI feat.Taka』や『HOCUSPOCUS』は、山口さんが休養に入る前にレコーディングしていたものです。


■水野も嫉妬する歌声

続いて、『泣き出しそうだよ feat.あいみょん』が、どのようにして生まれたのかをお訊きしました。

野田:これも寝かしてたんだよね。でも、自分ひとりで歌うのはしっくりこないと思ったし、そもそもサビが掛け合いになるしかない符割になっていたので、誰かとやる宿命なんだなっていうのは、ボンヤリと思ってました。昨年、あいみょんと知り合って、お互いに「何かをやれたらいいね」って言ってたので、この曲はチャンスかもしれないと思いました。あいみょんの歌録りのとき、ふたり(桑原・武田)は俺の歌録りのときに来たことがないのに、うしろで「めっちゃいい!」って言ってて、俺は一度も言われたことがない(笑)。

水野は、野田さんとあいみょんさんの歌声を聴いて、思わず「ふたりの声は合うな。嫉妬しちゃうよ。お似合いじゃん」とコメント。一方の藤田は、アルバムの曲を一足先に聴いた感想を、改めてこう語りました。

藤田:「こういう曲を今やるんだ」みたいな、あのときのRADWIMPSと同じような印象の曲だったり、新しい雰囲気の空気感がある曲とか、いろいろあります。あとは「そこまで言っちゃう?」というような曲もあります。


■アルバムを通して意識したこと

アルバムでは、どんなことを意識して作ったのかを伺いました。

野田:『カタルシスト』とかもそうだけど、このアルバムは僕の中ではどこかで冒険物語なんです。物語が始まる序章の部分というか、何がどう起きるかわからない不安なところから始まって、一気に突き抜けて解放されて、物語が見える。それはアルバムをとおして、どこかで意識しながら作ってた部分です。
藤田:音楽のアルバムじゃなくて、映画のようでした。
桑原:確かに『tazuna』とかは、映画の始まり感があるからね。

藤田は「映画が始まって、ビックリするようなドラマや冒険があって、シュッと終わっていく」と表現。さらに「一曲目から聴いたほうがいい」とアドバイスしました。

最後に、アルバムのタイトル『ANTI ANTI GENERATION』に込めた思いを伺いました。

野田:大きく分けるとふたつあって、ひとつは「アンチ安泰」。安泰に対するアンチという思いは、僕個人の中の戒めで、ずっと同じところにいたくない、ずっと変わり続けたい、安泰していたくないという意味で、『ANTI ANTI GENERATION』と付けました。

もうひとつには、大きな理由があると言います。

野田:今までずっと、どんな時代も、社会とか体制とか世の中の仕組みとかに対するアンチが、常に生まれ続けてきている気がして、それが常に芸術や音楽とかを作ってる気がするんです。そのアンチテーゼにより変化したものもあるだろうし、変革が起こされたりとか、革命が起こされたりというのが、いっぱいあったと思うんです。それが全部起きて、その人たちが大人になって、今出来上がっている社会が、僕が生きている社会。何がどれだけ変わったんだろうとか、そんなに今は幸せな世界なのかと思ったときに、ただのアンチテーゼを唱えているだけでは足りないんじゃないか、声高に何かを言って、シュプレヒコールを起こして、それだけでいいのかなと思いました。もしかしたら、その先にもう一歩、「何か違う道筋を出していくしかないのかな」というのがどこかにあって、「アンチジェネレーションに対するアンチ」という意味を作ろうと、『ANTI ANTI GENERATION』にしました。

野田さんの思いが込められたアルバム、ぜひ1曲目からじっくりとチェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。