音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
Perfumeの曲で、海外の音楽シーンに売り込みたいのは? マーティ・フリードマンがTOP3を選出

Perfumeの曲で、海外の音楽シーンに売り込みたいのは? マーティ・フリードマンがTOP3を選出

J-WAVEで放送中の番組『MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY』(ナビゲーター:グローバー)。ゲストを迎え、1組の“レジェンド・ミュージシャン”をテーマに音楽談義を繰り広げるこの番組。10月13日(土)のオンエアでは、Perfumeを特集。ゲストに、ギタリストのマーティ・フリードマンさんとアーバンギャルドのボーカル・松永天馬さんをお迎えしました。


■Perfumeはスルメ系?

まずは、マーティさんにPerfumeとの出会いを伺いました。

マーティ:Perfumeのデビュー当時、僕は中川翔子さんとガールズ・ポップ番組をやっていました。そこで『Baby cruising Love』のジャケットを見て、興味津々になりました。当時のアイドルのイメージと違ってアーティスティックで、美しい天使のような存在感だったから、「絶対に中身も悪くない」と思ったんです。Perfumeのロゴのフォントもかっこよかったですね。
松永:テクノポップ感のある未来的なロゴですよね。
マーティ:それで、一体どんな音楽なのか興味を持って、実際に聴くと期待を超えました。未来的だけど懐かしい部分があり、ボーカルの解釈も面白くて、スルメ系でずっと聴き続けました。
グローバー:歌声のどこが魅力なんですか?
マーティ:人間じゃない歌声ってどこにでもあるけど、意外とつまらないんです。でも、Perfumeは人間じゃない感がすごくおいしかった。だから、ジャケットに写る3人じゃないかもしれないってくらい。新鮮なプロジェクトでした。

一方の松永さんは、インターネット動画からPerfumeが気になりはじめたと言います。

松永:2006年くらいだと思います。当時はYouTubeと、出来立てホヤホヤのニコニコ動画で、アイドルを踊らせるゲームの絵にPerfumeの曲をのせたミュージックビデオのようなものが大量発生していたんです。その曲がだんだん話題になり始めて、どうしても目に付くようになりました。音のインパクトが強いから探っていって……。
グローバー:どんな音のインパクトがありましたか?
松永:基本的にはハウス系サウンドだと思うんです。でも、そこにテクノポップのようなちょっと可愛らしい音が鳴っていて、当時は力んで歌い上げる女性ボーカルが主流だったのに、彼女たちはすごくリラックスして歌ってるんですよ。これって同時代的に見ると、初音ミクとかと近い現象なんですよね。打ち込みの激しい音楽やテンポのある音楽に対して、ボーカルはリラックスしている。それにオートチューンをかけたりヴォコーダーを使ったりしてるのがすごく印象的でしたね。
グローバー:そこから本人のビジュアルイメージを知ったんですよね。
松永:可愛らしいし、ダンスもカッコいいけど、MCとか番組に出演している姿を観ると、ものすごく広島弁を使ってるじゃないですか(笑)。あの人間味のあるギャップにビックリしましたよね。でも、曲や歌詞、ビジュアルなどのトータルイメージは非常にきちんと作り込まれていました。


■海外の音楽シーンに売り込みたいPerfume曲とは?

マーティさんが「海外の音楽シーンに売り込みたい・知ってほしいPerfume曲」TOP3を紹介しました。

3位:『無限未来』

マーティ:海外の音楽シーンとそんなに変わらないです。あまりに強烈すぎると外国人は耐えられないから、ライトなPerfumeの曲を選びました。現代アメリカのEDMのような聴きやすい音楽に近いと思ったので、アメリカ人は可愛いなって思ってくれるかもしれないですね。

2位:『GAME』

マーティ:Perfumeの音楽はクラブミュージックなんですけど、武道館ライブに行ったらオーディエンスにクラブにいるようなお客さんがいなかったんですよ。それは不思議なコンビネーションでした。『GAME』の力、重さ、シンプルさは、誰でも楽しめると思います。

1位:『ポリリズム』

マーティ:僕は「ひねってる」「変態」「チャレンジング」「難しい」など、トリッキーな要素がポップミュージックに出てくると、反逆者の気持ちのようで、非常に大好きです。いつもアメリカ人のミュージシャンにも聴かせていて、彼らは「難しそうなセクションなのに、これが日本のチャート上位なの?」「そんな国に住んでいていいなあ。ズルいなあ」っていつも言われます(笑)。

番組ではほかにも、おふたりが一番好きなPerfumeのアルバムについて語るなど、コアな部分を深く掘り下げ、大いに盛り上がりました!

【番組情報】
番組名:『MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY』
放送日時:毎週土曜17時-17時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/musicology/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。