音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
GLAY・TERU「鳥肌が立った」 桜井和寿との共演を振り返る

GLAY・TERU「鳥肌が立った」 桜井和寿との共演を振り返る

J-WAVEで放送中の『~JK RADIO~TOKYO UNITED』のワンコーナー「WORDS FROM THE FIELD」(ナビゲーター:GAKU-MC)。9月7日(金)のオンエアでは、GLAYのボーカル・TERUさんをゲストにお迎えし、先月おこなわれた音楽ライブについて伺いました。


■シークレットゲストとして出演

8月10日(金)におこなわれた「MIFA Football Park 4th anniversary party 〜MIFA 夏祭り〜」に、シークレットゲストとして出演したTERUさん。オファーするとあっさりOKしてくれたとGAKU-MCは振り返ります。

GAKU-MC:「Parkに蹴りに来ている友人を紹介します」って言って、お客さんがポカーンとしてるところに、「TERUー!」「ウワー!」みたいになって。
TERU:でも、一瞬「ホンモノ?」みたいな感じで、『HOWEVER』の頭を歌いはじめたら「ホンモノだ!」って(笑)。本当にいい経験をさせていただきました。

ライブでは、コーラスを桜井和寿、ギターをGAKU-MCが担当するという、まさに夢の共演でした。最近ではなかなか見られない組み合わせなので、ライブに参加した人は、いい思い出になったのではないでしょうか。

「久々にステージに立って一緒に歌う瞬間に、すごく鳥肌が立った」と、TERUさんは当日のステージを振り返りました。


■「もっといっぱいやりたかった!」

9月16日(日)には、「ふくしまアカリトライブ2018」にて再びGAKU-MCと共演します。「ふくしまアカリトライブ」は、福島県を元気にしようと、2011年からGAKU-MCが中心となって開催しているライブです。地元のサッカーチーム・福島ユナイテッドFC、J-リーグのOB、ミュージシャンが、地元の高校生と試合をしたあとに、音楽ライブを行います。

昨年も出演したTERUさんは、こう振り返ります。

TERU:フルコートでどんだけ走れるのかなって不安でした。レジェンドチームということで、名だたる元プロサッカー選手の足を引っ張らないかとか、ちょっと不安はあったんですけど、ピッチに立った瞬間にやる気が出ました。
GAKU-MC:振り返ってみたら、TERU 2得点!
TERU:あれは本当にいい思い出になりましたね。

音楽ライブも、GLAYとして参加することが多いため、ひとりで参加することは珍しく、不安だったとTERUさん。しかし、リハーサルで演奏メンバーと盛り上がり、いつもとは違う“GLAYサウンド”のステージを楽しめたと言います。

GAKU-MC:TERUくんがステージを終えたあとに言った一言がすごくよかった。「もっといっぱいやりたかった!」って。「わーい!」と思いましたね!
TERU:コール&レスポンスが多めの曲がよかったかなって、ちょっと後悔してます。
GAKU-MC:それも言ってましたね。

今年は、どんな選曲になるのでしょうか? お楽しみに!

また、GLAYは全国ツアー「GLAY MOBILE Presents 10th Anniv. Tour『平成最後のGLAYとChristmas 2018 ~SURVIVAL~』」が控えています。11月27日(火)東京・Zepp DiverCityを皮切りに全国を回ります。詳しくはホームページをチェックしてみてください!
http://www.glay.co.jp/

【番組情報】
番組名:『~JK RADIO~TOKYO UNITED』
放送日時:毎週金曜 6時-11時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン