音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
テイラー、ダフト・パンク…夢のフェス出演者は?

テイラー、ダフト・パンク…夢のフェス出演者は?

J-WAVEで放送中の番組「MUSIC HUB」(ナビゲーター:小袋成彬)。12月22日(金)のオンエアでは、15日の前編に引き続き、理想の音楽フェスティバルのラインナップを語り合う「オレたちのフェスドラフト2017」の後編をお送りしました。

今回の企画に参加したのは、小袋、 Tokyo Recordings・小島裕規さん、渋谷のセレクトショップ「BOY」の店長・奥冨直人さん。3人が、それぞれに架空のフェスを想定し、ドラフトウェーバー方式で出演アーティストをピックアップし、実際にフジロックフェスティバルなどのコンサートを企画・制作する会社「SMASH」のプロモーター・高崎亮さんがジャッジするというシステムです。

前回のオンエアでは、奥冨さんが1位・テイラー・スウィフト、2位・安室奈美恵、小島さんが1位・ブラー、2位・チャーリーXCXを獲得。そして、小袋が1位・ダフト・パンク、2位・ザ・ルミニアーズを獲得しています。

3位以降からスタートした今回のフェスドラフト。まず、奥冨さんが「女子十二楽坊」を挙げ、「単独では見なくてもフェスだと見てみたいって人がいると思う。最近もジャパンツアーをやった」と話しました。小島さんはニュージーランド出身「ロード」、小袋は「ボン・イヴェール」を獲得しました。

4位は、奥冨さんが「40分位の尺でみても泣ける、最高のバンド」として「スピッツ」を挙げ、小島さんはマレーシアのR&B女性シンガー「Yuna」、小袋は「ポスト、ダフト・パンクっぽい、フランスのアーティスト」として「ザ・ブレイズ」を挙げました。

企画も佳境となる5位。奥冨さんが「真っ昼間の炎天下のオープニング。子供に見せたくない親は連れてこいないように」と「マリリン・マンソン」をピックアップ。小島さんはオーストラリア出身「ジョン・バトラー・トリオ」、小袋は「ザック・ヴィレール」を獲得しました。

個性的なラインナップが出揃ったフェスドラフト。「それぞれ個性があって良い」と前置きをしつつ、高崎さんがプロの目でジャッジした結果、第1回「オレたちのフェスドラフト2017」を制したのは…奥冨さん!

高崎さんによると、「奥冨さんのフェスは夢のラインナップですね。個人的には安室奈美恵さんが見たいな(笑)」とのことでした。ほかにも、高崎さんがフェスを運営する際の音響機材の運搬コストや会場の設置などについて解説してくださり、小袋とゲスト陣も納得した様子でした。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「MUSIC HUB」
放送日時:毎週金曜 25時30分-26時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/dc0/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン