音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
乃木坂46齋藤飛鳥 アイスのコーン上から?下から?

乃木坂46齋藤飛鳥 アイスのコーン上から?下から?

タイムフリー

J-WAVEで放送中の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、英語初心者である乃木坂46の齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーです。

1月21日(土)のオンエアでは、1月25日(水)に発売される齋藤の1st写真集「潮騒」の話題から。写真集の発売を前に公式インスタグラムアカウントが開設、オフショットなどもアップしているとのこと。その中で公開している、北海道の寒い中で食べたソフトクリームの話題を振られると「寒いときに食べるアイスクリームって好きで幸せでした」とコメント。コーンの食べ方は「上派?下派?」など、トークが盛り上がっていました。ちなみに齋藤は、そのときは「上から」食べたそうです。

■心の底から「ごめんなさい」と英語で言うときは?
人に謝るとき、日本では「ごめんなさい」「すみません」「申し訳こざいません」などがありますが、英語では「I'm sorry」以外であるのですか? というリスナーからの質問。「本当にごめんなさいと言いたい人がいる」という真剣なリスナーからの質問に、ハリーはかなり真剣なときの謝罪の表現について教えてくれました。

「I must sincerely apologize.」(心の底から謝罪します)

このフレーズ、実は、全寮制の学校から深夜脱走を企てて先生に見つかり、退学寸前になったハリーが使った言葉だとか。心の底から本当に謝り、誠意を見せたいときの切り札のような表現、でしょうか。

■「Wi-Fiありますか?」を英語で表すと?
今回の「寸劇」のパートでは「Wi-Fiありますか?」というフレーズを学びました。

「Is there any wi-fi here?」(ここにWi-Fiはありますか?)

恒例の寸劇では、ハリー演じる「ウザスギヤマン」のインパクトが強すぎて、やや困惑ぎみの齋藤でしたが、「buzz off」(どっかに行って!)という言葉を返していました。しかしなかなかこれはパンチの効いた言葉…。

こんな英語表現ばかりをどんどん覚えている齋藤のようですが、今回のメインである「Is there~?」(~はありますか?)は、使用頻度が高いので必ず覚えてほしいフレーズです。

というわけで、次週はどんな英語を学べるのでしょうか。お楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP OF THE WORLD」
放送日時:毎週土曜 6時-8時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/popworld/index.html

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。