音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
高杉真宙が舞台本番前、テンションを上げるために聴く意外な音楽とは?

高杉真宙が舞台本番前、テンションを上げるために聴く意外な音楽とは?

俳優の高杉真宙が、主演のドラマ『ホメられたい僕の妄想ごはん』(テレビ大阪/BSテレ東)の裏話や初めて買ったCD、最近よく聴く音楽などを語った。

高杉がリモートで登場したのは、J-WAVEで放送中の番組『SAPPORO BEER OTOAJITO』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。ビールを飲みながら、クリスとゲストが2週にわたって音楽談義を繰り広げる番組だ。ここでは高杉のトークの初回である、9月24日(金)のオンエアをテキストで紹介する。

この番組ではゲストが、ビールに合う“おみや”を持ち寄る。高杉は、セブンイレブンのからあげ棒だった。

楽しく料理をするようになった

前週のゲストとして登場したDADARAYの休日課長の著書が原作のドラマ『ホメられたい僕の妄想ごはん』(テレビ大阪/BSテレビ東京)にて、高杉は主人公の和田理生(休日課長)役を演じている。

真夜中ドラマ「ホメられたい僕の妄想ごはん」

【関連記事】
休日課長が「制作過程を見てみたい」と思うベーシストは?

高杉:このドラマは冴えない主人公が妄想のなかで女性と話していくという物語で、僕は休日課長さんの本人役として出演させていただきました。料理シーンやベースを弾くシーンがあって、カッコいい仕上がりになっています。
クリス:料理は実際に劇中で作ったりするんですか?
高杉:そうですね。毎週ひとつは作っていて。僕はいままであまり料理をしてこなかったので、今回かなり練習しました。いまでは結構楽しく料理できるようになりましたね。
クリス:料理もコツがありますからね。
高杉:自分の好きな味で好きなように料理をするのは楽しいことだなって思います。

高杉はこのドラマがきっかけで初めてベースを弾いたと話す。

高杉:ベースって難しいですね。
クリス:劇中でちゃんと弾いてるんですか? それともだんだん手元にカメラが寄って実は休日課長が弾いているとか?
高杉:それはないですね(笑)。それだったらすごくカッコいいシーンになるので、ぜひ休日課長さんに弾いていただきたかったですけど、今回は自分で弾きました。
クリス:スラップとかやるんですか?
高杉:今回スラップはなかったんですけど、休日課長さんが指で弾く方なので、僕もその方法で弾かせてもらいました。ライブシーンもあったのですが、アーティストのみなさんはあの場所に立って人前で弾かれてるのが信じられないなと思いました。カッコいいし、自分がこれまでやってきたものとは全然違うものなので。

眠れないときに聴く一曲

続いては初めて買ったCDの話題に。高杉は中学生か高校生のときにBUMP OF CHICKENのベストアルバムを買ったそうだ。

高杉:僕の友だちがBUMP OF CHICKENをすごく好きで。それがきっかけで、自分から音楽に触れにいくようになりました。
クリス:高杉さんはどんな少年だったんですか?
高杉:ゲームやアニメが好きでした。
クリス:じゃあ音楽もゲームやアニメから入ったってことですかね。
高杉:そういうものが多かったような気がします。

そんな高杉は、大好きなアーティストに高橋 優をあげた。

高杉:高橋さんの『明日はきっといい日になる』が大好きで。高校2年生くらいかな。出演したドラマの主題歌を高橋さんが担当されていて、そこからいろんな曲を聴き始めました。僕のなかでは勇気をもらえる曲ですね。仕事の前日の夜に台本を覚えることが多いんですけど、緊張すると全然眠れなくなるんです。「明日頑張らなきゃな。どうしよう……」ってときに「これだけやったらいい日になるはず」と思っていつも聴いていましたね。
クリス:役者をやられて何年も経っていますけど、緊張するのはどんなときですか?
高杉:僕は作品に入って間もない頃ですね。自分自身のやりたいことややれることを発揮するには、撮影隊のみなさんのことをたくさん知ったうえでやっていく必要があって。知ることで僕自身が伸び伸びとできるんですね。
クリス:わかります。俺もそうだもん。新しい現場に行くと、まわりの人も緊張している感じを受けるんだよね。俺は人見知りだから最初は冷たそうに思われるんですよ。高杉さんもそうじゃないですか?
高杉:そうですね(笑)。何かを言ってこの人がどんな反応をするかがわからないから結局しゃべれないっていう状況は多いですね。
クリス:気心知れてくると本領発揮できるんですよね。

2021年4月に高杉は個人事務所「POSTERS」を設立。「これまでの人生でこんなことをするなんて思ってもみなかった」と話す。

高杉:タイミングや自分の考え方は徐々に変わっていくものなんだなって思いますね。
クリス:今後は役者以外にもやっていきたいですか?
高杉:僕に少しでもその才能があれば何でもやってみたい気持ちはあります。でもいま僕がすごく楽しんでできることは俳優という職業なんだなって実感した5カ月だったので、僕としてはちゃんと自分のやりたいことを真っすぐにやっていけるように、俳優業に対して熱心になっていきたいですね。

メタルってカッコいい

高杉は「実はこんなアーティストも聴いている」との質問に、The 1975やLauv、そしてヘヴィメタル・バンドのJudas Priestをあげた。

クリス:Judas Priest!?  BUMP OF CHICKEN、The 1975から、Judas Priestと来たもんだ。
高杉:カッコいいですね。
クリス:いつくらいから聴いてたんですか?
高杉:舞台の準備中に流れていて。
クリス:すごい舞台ですね(笑)。
高杉:劇団☆新感線の舞台『メタルマクベス』に出させていただいたんですけど。
クリス:なるほど、題材がメタルなんですね。
高杉:まわりのみなさんもメタルが大好きで、そのときにいろいろと教えていただいてメタルってカッコいいなってすごく思いました。舞台の本番前にメタルの激しい音がテンションをガンガンにあげてくれるんですよね。だから舞台の本番前にはメタルをすごく聴きたくなります。ずっとパンチを食らってるというか、ずっと心が燃えていく感じがして。
クリス:『メタルマクベス』ではどんな役どころだったんですか?
高杉:復讐者みたいな感じでしたけど、わりとコメディ要素も多めで。もとの題材が『マクベス』だから、シリアスな部分もあるけどコメディタッチにしている作品でした。

高杉真宙の最新情報は、公式サイトまたは、Twitterまで。

10月1日(金)の同番組にも高杉真宙が登場する。『SAPPORO BEER OTOAJITO』の放送は毎週金曜23時から。

また、同番組は、公式サイトに過去ゲストのトーク内容をアーカイブ。オンエアで扱った音楽の情報も掲載している。

・過去ゲストのアーカイブページ
https://www.j-wave.co.jp/original/otoajito/archives.html

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2021年10月1日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
SAPPORO BEER OTOAJITO
毎週金曜
23:00-23:30
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。