音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
池松壮亮は「日本映画を引っ張っていく逸材」 オダギリジョーに絶賛された池松の“褒め返し”は?

池松壮亮は「日本映画を引っ張っていく逸材」 オダギリジョーに絶賛された池松の“褒め返し”は?

日韓実力派キャストが集結し、オール韓国ロケを敢行した映画『アジアの天使』(7月2日全国公開)のプレミアム上映会が6月22日、東京のテアトル新宿で行われ、主演の池松壮亮、共演のオダギリジョー、佐藤凌、石井裕也監督、そして韓国からはオンラインでチェ・ヒソとキム・ミンジェが参加した。

tenshi2106221.jpg

『舟を編む』で日本アカデミー賞監督賞を最年少で受賞、『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』でアジア・フィルム・アワード最優秀監督賞を受賞し、その他にも『生きちゃった』『茜色に焼かれる』など数々の名作を発表し続けている石井裕也監督の最新作。優しさと力強さが調和した人間ドラマであり、誰も見たことのない「アジアの家族映画」となった。「言葉」「文化」「国籍」を超えた、人と人、家族と家族のつながりを描く。



池松は本作の脚本について「非常に感動させられましたし、どんなオファーが来てもこの作品を成立させなければいけないと思った」と使命感に似たものを感じ、「石井さんのこれまでの歩みを映画に投影しているような気もした。自分自身も役柄同様に丸腰になって“迷子”になりに行こうと思った」と韓国ロケを回想。一方、有客の客席にオダギリは「尾野真千子のように泣きそうです。でもグッと我慢しています」と石井監督の別作品の舞台挨拶で号泣した尾野のエピソードを引き合いに、温かい笑いに変えていた。

tenshi2106222.jpg

池松とは本格的共演となるオダギリは「もう素敵! とても貴重な俳優であり、これからの日本映画を引っ張っていく逸材」と池松に太鼓判。それに池松は「数え切れず助けてもらって、笑わせてももらいました。オダギリさんはまさに“天使”!」とリスペクトしていた。

tenshi2106225.jpg

これが映画デビューの子役・佐藤は、池松とオダギリに「池松さんは僕の撮影を遅くまで待っていてくれたし、オダギリさんはたくさんお話をしてくれました。二人とも優しい方でした」と感謝。当の池松は「韓国ではたくさんおごりましたし、恋の相談にも乗ったので当然の結果かな?」とジョークで笑わせた。

tenshi2106223.jpg

最後に主演の池松は「自分たちが歩んできた奇跡を、これからたくさんの方々に観ていただけるのは嬉しい。そしてこの映画が日本と韓国の懸け橋になってくれたら……」と思いを溢れさせて「日々日韓の懸け橋として活動しているNiziUの方々にも観ていただきたい!」とジョークを交えて作品の広がりに期待を込めていた。

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。