音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
秋山黄色、アニメ『約束のネバーランド』主題歌のオファーに驚きすぎて…

秋山黄色、アニメ『約束のネバーランド』主題歌のオファーに驚きすぎて…

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)。3月3日(水)のオンエアでは、シンガーソングライター・秋山黄色がリモート出演。最初に手にした楽器がベースだった理由や、セカンドアルバム『FIZZY POP SYNDROME』の制作エピソードや、アニメ『約束のネバーランド』主題歌のオファーがあったときの驚きを明かした。

最初に手にした楽器がベースだった理由は?

秋山黄色は、中学時代に放映されていたTVアニメ『けいおん!』(TBS系)の影響を受けて音楽をはじめた。最初に手にした楽器はベースだったが、本当にやりたかった楽器は違っていたそうだ。

サッシャ:なんでベースから入ったの?
秋山:本当はドラムがやりたくて。でも当時のドラムってホント高かったんすよね。お年玉入ったタイミングで電子ドラムを買おうとしたんだけど、10万とか20万円ぐらいしたんで「ウソだろ」って思っちゃいました。
サッシャ:買えなかったんですね(笑)。
秋山:それで、なんとなくリズム隊っぽいって理由でベースを買ったんですよ。
増井:値段も少しお手軽ですもんね。
サッシャ:たしかに。そんなに有名なメーカーじゃなければ安く買えますもんね。そのあとは、ギターに持ち替えたんですか?
秋山:そうですね。1人でベースをやるのがホントにつまんなかったので。
サッシャ:バンドならともかく、1人だとね(笑)!
秋山:YouTubeとか見て練習したんですけど、1人だからつまんなくて。それで高校2年ぐらいでエレキギターを買って。弾き語りもできるからって、今はギターを持つ機会が多いですね。
サッシャ:きっと、ベースをやっていた経験も曲作りには活きていますよね。
秋山:そうですね、最終的には(笑)。

“秋山黄色流”のPOPSが詰まったアルバムをリリース

秋山は3月3日(水)、ニューアルバム『FIZZY POP SYNDROME』をリリースした。 “体に良くない「POPS」”だと謳う今作は、制作の際に紆余曲折があったそうだ。

サッシャ:歌詞の世界観がけっこう刺激的ですね。
秋山:そうですね。それでもPOPSを作りたいなって意識があって書きました。バランス的に見るとちゃんとPOPSなんですけど、今までの僕の感じも入っているので、そこまでおすすめできないっていうか(笑)。
サッシャ:レーベルの人から「この言葉は変えたほうがいいんじゃない?」って言われたんですか?
秋山:今作は言われたし、めちゃくちゃ変えていますね。
サッシャ:やっぱり、みんなに聴いてもらいたい気持ちを優先したんですか?
秋山:そうですね。人を傷つける言葉とかではなくて、「商標的に大丈夫かな?」って部分を直しました(笑)。
サッシャ:なるほど。大人の事情ってやつね。
秋山:それでも刺激的な内容になったということは、秋山さんの思いとかこれまで辿ってきた道とかが込められているんだろうなと感じました。
サッシャ:そうですね。それが伝わってくれていたらいいなって感じですね。

大好きなアニメのオープニングテーマを制作

番組では、『FIZZY POP SYNDROME』に収録されている『アイデンティティ』をオンエア。楽曲は、テレビアニメ『約束のネバーランド』Season2(フジテレビ系)の主題歌として起用されている。

サッシャ:『約束のネバーランド』ってもともとお好きでしたか?
秋山:めちゃくちゃ好きだし、1期のアニメも普通に観ていました。
増井:そうしたら、楽曲へのイメージも湧きやすいですね。
秋山:お菓子を食いながら深夜に観ていたので。なので、オファーが来たときはビックリしました。
サッシャ:「ウソだろ?」みたいな気持ちだったんですか?
秋山:そうですね。実はリアクションが撮られていて、あとからYouTubeで公開されるんだろうなって。ドッキリなんだろうなって思ったんですよ(笑)。
サッシャ:そうだったんだ(笑)!
秋山:だけど、実際に楽曲が流れているので、毎週不思議な気持ちですね。

秋山はアニメのタイアップ曲を制作するにあたり、最初は不安な気持ちを抱えていたという。

秋山:最初はめちゃくちゃ怖くて。楽曲は作品の一部になるから、うれしい気持ちと不安な気持ちが同じぐらいあって。(アニメを観て)想像していた分、作りはじめるとスルスルと書けるんだろうなってのはありましたけど、最初はやっぱりヤバかったですね。
サッシャ:アニメに加えて最近実写映画化もされた人気作ですもんね。作品のどんな部分をピックアップして楽曲に反映させたんですか?
秋山:(作品の主人公たちは)首に番号が刻まれてとある施設に収容されているのですが、その設定が自分には「名前」とリンクしてきて。「本来、すべての生物には名前なんてないんだよな」っていう、原初的な考えです。僕も勝手に秋山黄色って名乗っているだけで、人間ですら勝手に(自分たちを)「人間」と言ってるだけなので。でも生きていく中で「名前がない」ということも嘘になるくらい人は各々色濃く生きているし、「数字では表せないから“命”なんだよ」っていうことを伝えたくて、タイトルを『アイデンティティ』にしました。

秋山黄色の最新情報は、公式サイトまたは、Twitterまで。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」では、ゲストとして毎回話題のミュージシャンが登場する。放送は月曜~木曜の12時30分頃から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2021年3月10日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
STEP ONE
月・火・水・木曜
9:00-13:00
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン