音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
スカパラ・茂木欣一、新アルバム『SKA=ALMIGHTY』は「デビュー盤のような野心」みなぎる品に

スカパラ・茂木欣一、新アルバム『SKA=ALMIGHTY』は「デビュー盤のような野心」みなぎる品に

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)。3月3日(水)のオンエアでは、東京スカパラダイスオーケストラの茂木欣一(Dr.)がリモート出演。東京スカパラダイスオーケストラは同日にニューアルバム『SKA=ALMIGHTY』をリリースした。

ライブはエンターテインメントを突き詰めて…現在はリハ中

東京スカパラダイスオーケストラは1月から全国ツアー「東京スカパラダイスオーケストラ TOUR 2021 『Together Again!』」がスタートした。3月の公演からは、「ツアーのシーズン2」のようなイメージで、セットリストをガラッと変える予定なのだとか。今はリハーサルの真っ最中だそう。

サッシャ:東京スカパラダイスオーケストラはこれだけ長くやっていて、リハーサルなんて必要なんですか(笑)。
茂木:いやいや(笑)。エンターテインメントを徹底して行いますから。だから演奏よりもそれ以外のディテールに時間をかけてる(笑)。
サッシャ:そうですよね(笑)。演奏自体は勝手知ったるというか。
茂木:でもしっかり詰めてるよ。

「予想できないアレンジ」を求めて…長谷川白紙とコラボ

昨年の春、東京スカパラダイスオーケストラはJ-WAVEのキャンペーン「GOOD MUSIC, GOOD VIBES」に、キャンペーンソング『倒れないドミノ』を書き下ろした。

そして、2021年2月に始まった、J-WAVEの新生活へ向けた新たなプロジェクト「MOVIN’ON!!」には、第一弾プロジェクトソングとして『会いたいね。゚(゚´ω`゚)゚。 feat.長谷川白紙』を提供した。

増井:すごく前向きな曲ですよね。
茂木:そうですよね。まさに未来に向けてという感じで。届かないような日々なんだけど、音楽を通したりとかワイヤレスなものを通してちゃんとつながっている日々があれば、会ったときに喜びが何倍にもなる。そういう本当の春に向けての希望をのせた、去年の『倒れないドミノ』の続編みたいな感じの曲というか。

『会いたいね。゚(゚´ω`゚)゚。 feat.長谷川白紙』は22歳のシンガーソングライター・長谷川白紙を起用したことでも話題となっている。

サッシャ:なかなか刺激的なコラボですよね。
茂木:もともとスカパラ(東京スカパラダイスオーケストラ)的には、自分たちでアレンジした楽曲の解体をするとか再構築をするとか、そういうことをずっとやってほしかったんだよね。やっぱり自分たちで曲を整えていくと、楽しいんだけど優等生っぽくなるところもあるというか。だから全く僕らが予想のつかないようなアレンジを持って来てくれる人とやりたいと話していて。
サッシャ:今までスカパラはいろんなボーカリストとコラボをしてるじゃないですか。そのときよりも、今回はアレンジを長谷川さんに任せた感じですか?
茂木:かなり任せた。(長谷川)白紙くんには「全然遠慮しないで、いきたいところまでいってよ」みたいな話をして、やりとりをしている間にこういうかたちになっていって、今まで聴いたことのないような曲ができました。
サッシャ:最初聴いたとき、びっくりしましたからね。
茂木:うれしい。曲を聴いて唖然としてもらいたいというか(笑)。僕らもめちゃくちゃ新鮮でした。

ここ最近ではいちばんやんちゃなアルバムになった

東京スカパラダイスオーケストラは3月3日にニューアルバム『SKA=ALMIGHTY』をリリース。川上洋平([Alexandros])をゲストボーカルに迎えた『ALMIGHTY~仮面の約束 feat.川上洋平』や『多重露光feat.川上洋平』に加え、アイナ・ジ・エンド(BiSH)をアジテーターとして迎えた『JUMON feat.アイナ・ジ・エンド(BiSH)』、そして長谷川白紙と共作した『会いたいね。゚(゚´ω`゚)゚。 feat.長谷川白紙』といったコラボ曲を含む全14曲が収録。

茂木は「ここ最近ではいちばんやんちゃなアルバムになった」と表現する。

茂木:去年、思うようなライブが全然できなかったということもあって、みんながライブで熱狂している姿を妄想するというか。かつ、世界に希望を与える音楽ができたらという気持ちもたくさんあって。このアルバムのサウンドを聴いているとデビュー盤みたいな野心みなぎる勢いがあって、それがみんなの心に届いたら最高だなっていう気持ちですね。
サッシャ:欣ちゃん(茂木)が歌うときもそういう心持ちがありましたか?
茂木:うん。すごくフレッシュでしたよ。メンバーの谷中(敦)さんの作る言葉がダイレクトになっていったので、それに合わせて自分の歌い方もより自然になっていったというか。届けたいって気持ちが強くなりました。

30周年にふさわしい映画が完成した

今年でデビュー30周年のフィッシュマンズのドキュメンタリー映画『映画:フィッシュマンズ』がこの夏に公開される。茂木はフィッシュマンズのメンバーでもある。

茂木:フィッシュマンズのメンバーが映像のなかでこれまで1回も話したことがないような内容を話してくれているので。僕、こんなドキュメンタリー映画になるとは思ってなくて、めちゃくちゃ感動しています。僕も知らない秘蔵映像もいっぱい出てきて。ボーカルの佐藤(伸治)くんのあんな表情があったんだ、とか本当に貴重な映像があったり、みんなの大切な言葉があったり。まさに30周年にふさわしい映画が完成しました。
サッシャ:また映画が公開されるときに、今度はフィッシュマンズとしてぜひこの番組に来てください。
茂木:もちろんです。ありがとう!

J-WAVE『STEP ONE』は、ゲストとして毎回話題のミュージシャンが登場する。放送は月曜~木曜の12時30分頃から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2021年3月10日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
STEP ONE
月・火・水・木曜
9:00-13:00
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン