音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
Coccoがハマったお菓子とは? 「昭和のお茶会」のような雰囲気が出る、上品で素朴な味

Coccoがハマったお菓子とは? 「昭和のお茶会」のような雰囲気が出る、上品で素朴な味

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)。2月17日(水)のオンエアでは、シンガーソングライター・Coccoがリモート出演。最新アルバム『クチナシ』の制作エピソードや、趣味であるティータイムに合うお菓子を語った。

沖縄への愛が自然と楽曲制作に反映された

Coccoの最新アルバム『クチナシ』が、2021年2月17日(水)にリリースされた。それまで制作していたデモ楽曲がいっぱいになったため、もともと「2020年をまとめる」つもりで2020年10月にリリースする予定だったが、新曲を増やした関係などで発売日を延期。「結果として2021年に向かうアルバムになった」とコメントするCoccoは、収録曲にまつわるエピソードを語った。

サッシャ:アルバムを聴かせていただきました。合唱曲が入っていたり、沖縄民謡が入っていたりと、いろんな趣を感じられる1枚になりましたね。

外出自粛の影響を受けて、沖縄に1年以上帰ることができなかったとCoccoは語る。生まれてはじめての経験が、楽曲制作にも色濃く影響を受けたそうだ。

Cocco:レコーディングのときに、ミュージシャンから「これもあれも、沖縄音階だね」って言われて(笑)。言われてから、「あっ、そうなんだ!」って、あとで気づいた感じでした。
増井:沖縄が恋しいと思ったんですね。
Cocco:その気持ちが出たんだねえ。
サッシャ:三線を弾いているデモトラックの動画も公開されていましたよね。2020年は沖縄に帰れなかったわけですし、いろいろ思うところが多かったんじゃないですか?
Cocco:世界中のミュージシャンが手探りでやっているわけだけども、自分は携帯電話も持っていないぐらい、人よりも文明開化が進んでいないんですよ。だけど、そのなかでGarageBand(音楽制作アプリ)とiMovie(動画編集アプリ)を覚えて、自分で動画を編集して作って。
サッシャ:すごい!
Cocco:ちょっと進化した(笑)?
サッシャ:Coccoの元にペリーが来たよ!
Cocco:そうそう! 黒船が来ています。見えている(笑)。
サッシャ:まだ上陸はしていないんだ(笑)。
Cocco:今の自分は、まだインターネットに繋がっていないから。データをUSBに入れて、速達郵便でスタッフに送って、スタッフに動画をアップしてもらっているんですよ。黒船にはまだたどり着いていないけど、見えてはいる。
サッシャ:すごい進化だなあ。そのおかげで、僕たちはCoccoさんのデモトラックを観ることができたわけですね。
Cocco:よかったです!

実家でのMV撮影

『クチナシ』収録の『潮満ちぬ』MVは、Coccoの実家で撮影された。もともと沖縄の離島で撮影をするはずが、寒波と悪天候の影響でフェリーが出ないトラブルがあったとのこと。ドローン撮影もできないため、代替案として挙がっていた撮影地もことごとく行けなくなり、「じゃあ実家で撮影しよう」という流れでMVを作ったそうだ。

『クチナシ』収録曲の『潮満ちぬ』Music Video

Cocco:どこも撮影ができないということになって、でもそれが今(新型コロナウイルスによって)世界中で起こっていることだから「撮影できない事実を映そう」ということになって。どこで撮ろう?ってなったときに「じゃあ実家で撮ろう」って。お姉ちゃんの部屋を借りました。(MVの中で)泣いているのも、離島に行きたかったからじゃないかな(笑)。
サッシャ:その気持ちが前面に出てたんですね(笑)。
Cocco:沖縄が12月ずっと雨だったけど、「沖縄は正月になったら絶対晴れるから! 絶対撮れるから!」ってスタッフを連れてったのに、土砂降りだったから(笑)。
サッシャ:沖縄に裏切られたんですね。
Cocco:そうそうそう! でも、そういうのも全部撮りたいなって思って。

日々の楽しみはお茶。おすすめのお菓子は?

今回の「MUSIC+1」では、Coccoが現在ハマっている「お茶の時間」についてトークを展開した。

サッシャ:レコーディング中、お茶にハマったんですって?
Cocco:そうです。レコーディングで何度も壁にぶち当たっていたから、リラックスするためにお茶をはじめました。そうしたら、でーじ(とても)楽しくて(笑)! 毎日やっています。

【関連記事】Cocco、夜はお茶を飲みながら幼馴染とおしゃべり

サッシャ:お茶入れるためのティーポットが6、7種類ぐらいあるそうですよ。
増井:そんなにですか!? 今、私たちの手元には紅茶とCoccoさんオススメのお菓子が用意されています。
Cocco:京都にある村上開新堂さんのロシアケーキです。これはよ、Coccoの衣装を作ってくださる先生がいて、その方の結婚式のお祝い返しにいただいたものです。それがきっかけで好きになったんだけど、昭和のクッキーみたいな味がするわけ。

・村上開新堂公式サイト
http://www.kaishindo.co.jp/

サッシャ:たしかにケーキって名前が付いているけどクッキーですね。
Cocco:まるでお母さんが作ったような、昭和のクッキーみたいな味がする。素朴な味。ぜひ食べてみてください。
サッシャ:懐かしい味! このパサパサな感じね。
Cocco:そうそう! お茶がいっぱい飲めるし、とってもシンプル。今ってオシャレなお菓子っていっぱいあるじゃない。オシャレじゃないんだけど、品があるし「昭和のお茶会」みたいな雰囲気が出るの。
サッシャ:わかる!
Cocco:PTAの会議とかで出てくるような雰囲気ね(笑)。
サッシャ:昔、ブリキの缶とかにこういうクッキーが入っていました! おいしい。

村上開新堂のロシアケーキにハマったCoccoは、直接お店に連絡を取り、お取り寄せを活用して懐かしの味を楽しむようになったそうだ。

サッシャ:お茶もこだわりがあるの?
Cocco:イギリスにいた影響もあって、ミルクティーが好きなんだけど、牛乳のアレルギーだから(笑)。豆乳を入れて飲んでいます。ストレートで飲むときはアッサムティーが一番好き。
増井:アッサムの味に豆乳は合いますね。
Cocco:そうそう! 半分ぐらいはストレート、半分ぐらいは豆乳を入れて……みたいな。
サッシャ:めっちゃおいしい。上品なものをいただきました。僕も取り寄せてみます! ありがとうございます!

Coccoの最新情報は、公式サイトまたは、Twitterまで。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」では、ゲストとして毎回話題のミュージシャンが登場する。放送は月曜~木曜の12時30分頃から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2021年2月24日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
STEP ONE
月・火・水・木曜
9:00-13:00
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。