音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
YOASOBI『ハルカ』が3週連続1位! Arlo Parks『Caroline』は2位でトップ目前【最新チャート】

YOASOBI『ハルカ』が3週連続1位! Arlo Parks『Caroline』は2位でトップ目前【最新チャート】

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。J-WAVE全番組のオンエア、番組サイトのVOTEボタンから寄せられたリスナーズポイント、都内主要CDショップのセールデータ、各音楽配信サブスクリプションサービスのストリーミング回数に基づくランキングデータ、以上4つのデータをもとにポイント計算。世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。ここでは1月24日(日)付のチャートを紹介!

10位:80KIDZ & YonYon『Your Closet』

80KIDZは2人組のエレクトロユニット。80KIDZのALI&にこの曲について訊いてみたところ「今までいろいろな国でパフォーマンスをさせてもらってきたなかで、僕らなりに感じたサウンド面での日本、アジアの印象をあえて要素として取り入れて、多国籍感を出したいと思って作り始め、『どこにいても誰とでも繋っていける』といったことをテーマに、YonYonさんと一緒に完成させた楽曲です。Spotifyではアジア各国のプレイリストにピックアップされましたし、J-WAVEさんでもたくさんオンエアしていただいていることをとてもうれしく思っています!」とコメント。2月には5年ぶりとなるニューアルバムのリリースが控えている80KIDZは、1月31日(日)の『SAISON CARD TOKIO HOT 100』にリモートゲストとして登場する。

9位:SZA『Good Days』

現在30歳のSZAは、かなりユニークな経歴の持ち主。父親はCNNのエグゼクティブプロデューサー、母親はアメリカの通信大手AT&Tの重役という“超お嬢様”かつ、子どもの頃から13年間体操をやっていて、高校時代には全国大会で5位に入賞したほどの優秀な体操選手だった。その一方で、雑誌の『ナショナルジオグラフィック』を愛読し、テレビでは一晩中『アニマルプラネット』をずっと観ているほどの動物好きで、大学で専攻したのは海洋生物学。しかし途中でドロップアウトして、そのあとはさまざまな仕事につくものの、すべてクビになってきたのだとか。音楽を始めたのは20歳を過ぎてからだが、2017年にデビューアルバム『Ctrl』をリリースすると、翌年のグラミー賞でいきなり5部門にノミネート。その後もKendrick Lamarとコラボした映画『ブラックパンサー』の主題歌『All the Stars』でグラミー賞4部門にノミネートされた。

8位:ヨルシカ『春泥棒』

ヨルシカはコンポーザーのn-buna、ボーカルのsuisによる2人組。この曲は「命」を散りゆく「桜」にたとえて作った1曲で、桜を散らす春風を「春泥棒」と表現している。

7位:The Fur.『Oh Why』

The Fur.は台湾の高雄市を拠点に活動するインディーポップデュオ。台湾での人気はもちろんのこと、UKやスペインといったヨーロッパのフェスにも出演、UKとEUでのワールドツアー、サウス・バイ・サウスウエストへの参戦など、世界の音楽シーンからも支持を集めている。1月31日(日)放送の『SAISON CARD TOKIO HOT 100』にリモートでゲストとして出演予定だ。

6位:Vaundy『世界の秘密』

Vaundyに近況を訊いてみたところ「新しい機材の導入をしたのでウキウキで作曲してます。ずっと家にいて、髪の毛がどんどん伸びているのですごく邪魔です」とコメント。「2021年も新しい作品をたくさん出していきたいと思っているので楽しみにしていてください!」とも語っており、新作にも期待したい。

5位:The Avalanches feat. MGMT & Johnny Marr『The Divine Chord』

2020年末にリリースされた最新アルバム『We Will Always Love You』からの1曲。The Avalanchesの中心メンバーであるRobbie Chaterによると、当初ニューアルバムのタイトルとして考えられていたのは『Pink Champagne』だったそう。しかし「Drakeのアルバムみたいなタイトルだな」と思い、『We Will Always Love You』に変えたという。

4位:Justin Bieber『Anyone』

Justinの最新のInstagramには、大勢の警察に囲まれて手錠を懸けられて腰紐を巻かれた男性の写真をアップ。この写真に写っているのはJustin本人で、ちょうど7年前の1月23日、マイアミのビーチで期限切れの免許証で飲酒かつマリファナを吸いながら、自身の黄色いランボルギーニに乗ってドラッグレースに参加。ほどなく逮捕されて、逮捕時に抵抗を試みたことから拘束されたことで世間を大いに騒がせた。当時は荒れに荒れて数々の問題行動を起こしてきたJustinだが、この事件を機にキリスト教に傾向して更生、Instagramには改めて写真とともに自戒、キリストへの感謝と誓いの言葉が綴られている。

3位:Official髭男dism『Universe』

『Universe』は3月5日(金)公開予定の『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』の主題歌。ドラえもんと言えば、GUCCIとのコラボが話題となっている。コミック連載50周年のドラえもんとブランド創設100周年のGUCCIがタッグを組んだもので、ドラえもんのイラストやGUCCIのロゴがほどこされたカバン、ポーチ、スマホケース、時計、セーター、シャツ、ジャージなど、幅広いコレクションが展開されている。

https://www.gucci.com/jp/ja/st/capsule/doraemon

2位:Arlo Parks『Caroline』

Arloは2000年生まれの20歳。現在もロンドンのハマースミスにある実家で両親と同居しているという。Arloはバイセクシャルだが特にカミングアウトをする必要がなかったそう。両親はArloの普段の様子からそれを察して「別にいいのよ」とありのままの姿を受け入れてくれ、自然体でいられるのは両親のおかげと感謝している。Arloが大切にしているのは13歳の頃から欠かさず毎晩つけている「日記」で、詩を書くのも大好きでいつか自分の詩集を出すのが夢なのだとか。また、Arloはジブリ作品の大ファン。自主隔離中もジブリ映画をよく観ており、特に『もののけ姫』と『千と千尋の神隠し』がお気に入りだという。

1位:YOASOBI『ハルカ』

引き続きぶっちぎりのオンエアに加えてYOASOBIにとって初のCDとなる、ファーストEP『THE BOOK』のセールスポイントを稼いで見事3連覇を達成。今週のチャートでは44位の『アンコール』、31位の『夜に駆ける』、24位の『怪物』に続く4曲目のエントリーとなっている。『THE BOOK』は完全生産限定盤ということで、1月6日にリリースされて以来、すでに在庫切れが続出している。

1位:YOASOBI『ハルカ』
2位:Arlo Parks『Caroline』
3位:Official髭男dism『Universe』
4位:Justin Bieber『Anyone』
5位:The Avalanches feat. MGMT & Johnny Marr『The Divine Chord』
6位:Vaundy『世界の秘密』
7位:The Fur.『Oh Why』
8位:ヨルシカ『春泥棒』
9位:SZA『Good Days』
10位:80KIDZ & YonYon『Your Closet』


『SAISON CARD TOKIO HOT 100』ではさまざまなデータをもとに、世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。放送は毎週日曜の13時から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2021年1月31日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
SAISON CARD TOKIO HOT 100
毎週日曜
13:00-16:54
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。