音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ストレスが半分に減る!? ガス抜きの仕方を専門家が伝授

画像素材:PIXTA 

ストレスが半分に減る!? ガス抜きの仕方を専門家が伝授

ストレスでパンクしてしまう前に、適切な対処でガス抜きをしよう。

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「SAWAI SEIYAKU SOUND CLINIC」(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)では、企業研究でメンタル・ヘルスケア講習などを担当する、株式会社プレイバック・シアター研究所のトレーナー・高橋和美さんが、「ストレスの量が半分になる方法」などを語った。オンエアは6月29日(月)。

このコーナーは、オンタイムのパフォーマンスアップに繋がる考え方・行動を伝えるもの。高橋さんは6月いっぱい、同コーナーでストレスの対処法を語っていた。15日のオンエアでは、ストレスが「身体・精神・行動」の3種に分けられることを紹介。そして22日のオンエアで、タイプ別のストレス解消法を伝授した。

【15日の記事】ストレスが溜まっているときの「3つのサイン」とは? 自分の限界を知ろう
【22日の記事】ストレスの表れ方は「身体・精神・行動」の3種! タイプ別の発散法は

今回は、すべてのストレスを軽減できる、2つの対処法をお伝えしよう。


■ストレスの量を半分に減らすには?

1つ目は、ストレスの量が半分に減らす方法について。これは「ひとりで抱え込まず、相談に乗ってもらうこと」だ。

高橋:みなさんは、相談できる方が近くにいらっしゃいますか? 誰かを思い浮かべることができた方は、ある意味とっても幸せです。相談できる人を大事にしましょう。思い浮かばなかった方は、相談できる人を持てるように動きましょう。年次が上がっていくと、どうしても仕事や家庭だけにエネルギーがかかりがちなのですが、なるべく外の世界とのチャンネルも持ってください。そして、相談に乗る・乗ってあげるの関わりを持つことが重要です。それを意識して行動してみてください。

ひとりだけにすべてを相談せず、仕事とプライベートそれぞれで相談相手を見つけることが重要なポイント。「この人になら話せる」と思う人を探してみよう。もちろん、ただ他人に寄りかかるのではなく、自分も誰かにとってそんな存在になれるように心がけたい。


■職場で憧れている人はいる?

2つ目のストレス対処法は、「夢や目標を持つこと」。

高橋:脳は自分で思い描いたことを実現しようとして、無意識下や寝ている間も、ヒントや情報に視野を広げてくれます。ですので、なりたい姿を思い描けば、自分のいい状態をキープすることができるんですね。職場の場合ですと、「あんな人になりたいな」と思えるロールモデルの存在がいるかどうかが重要になってきます。ロールモデルが見出せている職場ですと、社員のやる気が満ち、メンタル不調者が出ず、チームが活性化すると言われています。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「SAWAI SEIYAKU SOUND CLINIC」では、オンタイムのパフォーマンスアップにつながるヒントを処方する。放送は月曜~木曜の10時54分頃から。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年7月6日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-12時30分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/stepone

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン