音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
日本語・英語・韓国語を操るポップ/R&Bシンガー「NOA」、デビューシングルに込めた強い想い

日本語・英語・韓国語を操るポップ/R&Bシンガー「NOA」、デビューシングルに込めた強い想い

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)のワンコーナー「SONAR TRAX」。J-WAVEがプッシュしている楽曲の中から毎日1曲をピックアップして掘り下げ、今聴くべきアーティスト、ネクストブレイクアーティストを紹介。1月16日(木)のオンエアでは、NOAの『LIGHTS UP』をピックアップ!


■10歳から音楽制作開始

NOAは2000年生まれの19歳、日本語・英語・韓国語を操るポップ/R&Bシンガー。1月10日に配信リリースされたデビューシングル『LIGHTS UP』が、J-WAVE SONAR TRAXに選ばれた。デビューしたてのNOAは、どんな音楽を聴いてきたのだろうか。また、いつ頃から本格的に音楽活動をスタートしたのか訊いた。

NOA:小さい頃から、ポップ、ハウス、クラシックなど、いろんなジャンルを幅広く聴いていました。特にクリス・ブラウンやジャスティン・ビーバーなど、よく聴いていましたね。本格的に音楽をやり始めたのは10歳ごろからで、最初はAppleの「GarageBand」(音楽制作ソフトウェア)を使って音楽制作を始め、音を足していく楽しさを知って、どんどんハマっていきました。


■プロデューサー・MILLENNIUMとの共作ナンバー

J-WAVE SONAR TRAXに選ばれたデビュー曲『LIGHTS UP』は、韓国の人気ヒップホップ・アイドルグループ「iKON」の数々のヒット曲を手がけてきたプロデューサー・MILLENNIUMとの共作ナンバー。どのように制作が進められたのか伺った。

NOA:日本にMILLENNIUMを呼んで制作しました。僕がトラックのサビだけ作っていて、それを基に彼に助けを求めながら互いのアイディアを出し合いました。ほんとにすごく楽しい空間の中、いいバイブスの中、作ることができました。やっぱり彼自身が持っているアイディアやスタイルは僕とはまた違うので、その中でお互いのいいところが出て、より良い作品になったと思います。

NOAは『LIGHTS UP』制作中、MILLENNIUMを「やっぱり、さすがだな」と思ったそうだ。

NOA:すごいなと思ったのは、僕は聴き取れなかったんですが、彼に「トラックの中になんか変な音が入ってるよ」と言われ、あとでよく聴いてみたらほんとにすごく小さいけど余計な音が混ざっていて。そういうのをしっかりと聴き取っていたので、「やっぱりさすがだな」と思いました。



最後に、J-WAVE SONAR TRAXに選ばれた『LIGHTS UP』に込めた想いを訊かせてくれた。

NOA:デビュー曲ということもあって、今後のことを想像して、ワクワクしながら書きました。歌詞にもありますが、「全てがやっと始まるよ」という想いを強く抱きながら書いたので、何かに一歩踏み出せないでいる人たちにも、この曲を聴いてそういう想いが届いたらうれしいです。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。