音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
「日本一残業の少ないIT企業」の代表が語る! 今すぐできる仕事の速度アップ術

「株式会社アクシア」の代表、米村歩さん

「日本一残業の少ないIT企業」の代表が語る! 今すぐできる仕事の速度アップ術

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「SAWAI SEIYAKU SOUND CLINIC」(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)。1月22日(水)のオンエアでは、「残業をなくして仕事の効率をアップさせる方法」について、日本一残業の少ないIT企業「株式会社アクシア」の代表・米村 歩さんに話を訊いた。


■自動化テクニックで業務効率アップ

仕事の効率をあげるには、“仕事の自動化”が大きなカギを握る。自動化とは一体どのようなものか、米村さんが解説をおこなった。

米村:ITの仕組みが発展してきているので、コンピューターやシステムに任せられる仕事が増えてきています。そうした仕事を自動化していくのが重要です。便利なアプリケーションやクラウドサービスが、時代を追うごとに増えてきているので、自分たちに合ったものをピックアップしていくのがよいと思います。


■文字入力に学習機能を付与

パソコンの文字入力に一工夫加えることで、日々の業務効率を大きくアップすることができる。

米村:気軽に進められるものとしては、パソコンの文字入力ですね。文字入力をサポートするソフトウェアにIMEと呼ばれるものがあるんですけども、パソコンに最初から入っているものではなくて、便利なものに差し替える。そうすることで、文字入力のスピードが何倍にも速くなったりします。「Google 日本語入力」で調べると、すぐに見つけられると思います。そちらをインストールすることで、よく入力するフレーズやトレンドになっているキーワードなどが自動で補完・変換されていきます。あとは、同じ言葉を何度も使っていると、AIが学習して、補完のレベルが高度になっていきます。そうすると、辞書機能にキーワードをわざわざ登録する必要もなくなります。IMEの差し替えは、仕事の効率アップに繋がると思います。


■時短に繋がる自動化テクニック

続けて米村さんは、日々の業務の自動化テクニックをいくつか紹介した。

米村:個人のレベルだと、まずはメール対応ですね。大量に送られてくるメールを、自動で振り分けるようにします。やるのとやらないとでは、メールをチェックする時間が劇的に変化しますね。会社・部署のレベルになってくると、請求書の発行です。手作業で作成している会社はあると思うんですけど、今はクラウドサービスを利用することで、ある程度は自動で作成してくれます。自動化を取り組むことで、劇的に業務効率が改善する場合があるので、場合によってはお金をかけてもいいと思います。自分たち用のITシステムを構築して、自動化を促進することも、十分に検討の余地はあります。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「SAWAI SEIYAKU SOUND CLINIC」では、オンタイムのパフォーマンスアップにつながるヒントを処方する。放送は月曜~木曜の12時30分頃から。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年1月29日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/stepone

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン