音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
DYGL・下中が選ぶ「リフレインが印象的な曲」 坂本慎一郎の達人技が光るのは

DYGL・下中が選ぶ「リフレインが印象的な曲」 坂本慎一郎の達人技が光るのは

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。「SONAR'S ROOM」のコーナーでは、月曜から木曜まで日替わりのアーティストが、今の自分たちの音楽に影響を与えたカルチャーについて語る。

1月14日(火)のオンエアでは、火曜担当のDYGLが登場。下中洋介(Gt)が「リフレイン」をテーマに楽曲を紹介した。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年1月21日28時59分まで)


■下中おすすめの楽曲は?

音楽用語で「リフレイン」は、「詩やメロディーを何度も繰り返す」という意味で使われている。さっそく下中がおすすめの3曲を紹介した。

■Marvin Gaye『Mercy Mercy Me(The Ecology)』

下中:昨年にも、ラスボスというテーマで巨匠の音楽を流していたんですけれども、そのときに流そうかなと思っていた曲です。テーマのリフレインに沿って話していくと、「ポーン」って音ですね。スネアなのかな、この音は。個人的に、普通のバンドのサウンドの中ではちょっと不思議な、曲に合っているのか合っていないのかギリギリのラインだと思うんですけれども。このスネアが外れているところにあって、それが逆に強調されて、スネアが繰り返されている印象がすごくて。僕的には、お坊さんが叩いている木魚くらいの宗教的な陶酔感があるなと思います。この曲が入っている一番有名なアルバムってすごく宗教的で、他のアーティストのアルバムにない暗さ、気持ち悪さみたいなのが入っている不思議なアルバムだと思います。魔法のアルバムみたいな感じがしますね。

■Mk.gee『Come On(You Know That I'm a Fool)』

下中:この人の音楽を初めて聴いたのは、アメリカツアーのときなんですけれども、ツアー中に運転手をしてくれた友だちのJamesが流してくれていた曲で、「ビシッビシッ」という音が印象的過ぎて好きなんです。ボーカルの力が抜けた感じもすごくいいですね。かっこいいなあ、こういうの……、かっこいいなあ。垢抜けてるなあって思いますね。

■坂本慎太郎『義務のように』

下中:これもリフレインだと思うんですけれども。けっこうシンプルなものがずっと繰り返されていくんです。楽器の数も少ないし、無駄がない。本当に達人技って感じの曲だと思います。初めて聴いたとき、本当にこの曲はびっくりしました。かっこいいの一言です。日本語の歌詞って、やっぱり日本語がわかるからなのか不思議ですよね。

J-WAVE『SONAR MUSIC』のワンコーナー「SONAR'S ROOM」では、月曜から木曜まで日替わりのアーティストがその日のテーマにまつわるトークを展開。時間は22時30分から。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年1月21日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
Recommended by