音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
AI「若いときは自信ないからカッコつけちゃう」 でも自分をさらけ出すようになったら…?

AI「若いときは自信ないからカッコつけちゃう」 でも自分をさらけ出すようになったら…?

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)。12月4日(水)のオンエアでは、AIがゲストとして登場。活動20周年を振り返った。


■ライブの観客が少ない時代を乗り越えた「自分の変化」は

AIは11月にデビュー20周年イヤーを迎える。「気付けば20周年でビックリしています。まさかそんなに経っているとは。でも、いろいろありましたね」と笑いながらこの期間を振り返る。

サッシャ:でも、結果順調な20年だったんじゃないですか。
AI:そうですね。いろんな場所に行けたり、いろんな人に会えたり。でも、昔は私の音楽を聴いてくれる人が1、2人だったこともあったし、ライブにお客さんが全然来ないこともたくさんありましたからね。そんなのばっかりで。そこからお客さんが10人になり、50人になり、大きな会場でも歌うようになって、ちょっとずつ広がってきた。今考えると信じられないけど。ただ、クラブでビール箱の上に立って歌っているときもそれはそれで楽しかったですけどね(笑)。

観客が少ない時代は「私の音楽をどうやったら聴いてくれるのかに必死だった」という。

AI:最初は「みんなシャンパン飲んで、チェイチェイチェイ!」みたいな曲で、そんなんじゃ誰も聴かないって感じだった(笑)。自分でもどうでもいいと思うような曲ばっかり歌ってたからね。
サッシャ:でも当時は「いい曲だよ」ってプロモーションはしていたんでしょ?
AI:そう、してたのよ! 「マジ、ヤバいからチェックしてくれよ!」みたいな感じで(笑)。でも、少しずつ自分をさらけ出して、だんだん素直になっていったら、お客さんが来るようになったり手紙をもらうようになったりして。そうなって「人って普通に話したら、普通に伝わるんだな」とか「曲ももっと素直な思いを出せばいいんだ」と思いました。

AIは「自分をさらけ出すこと」が自身のターニングポイントだったと振り返る。

AI:昔は「何かになろう」とカッコつけようとしてばかりだったから、「あんた全然ヤバいよ」ってそのときの自分に言ってやりたい(笑)。でも、若いときは自信ないからカッコつけちゃうんだよね。だって表舞台に出たときはいつもサングラスをかけていたからね。
サッシャ:してた!(笑)。
AI:しかもブラトップみたいな服を着て、体中にラインストーンを貼ってたからね。でも当時は全然恥ずかしくなかった(笑)。でも、活動を続けていくうちに、知っているお客さんも増えて、信頼できる人たちも増えて、自信を持てるようになって、素直に頑張れるようになってね。そういうことを積み重ねた20年でしたね。


■安室奈美恵からいろいろなことを教わった

AIは11月に20周年記念ベストアルバム『感謝!!!!! -Thank you for 20 years NEW&BEST-』をリリース。そこには安室奈美恵の『Baby Don't Cry』をサンプリングした『Baby You Can Cry』も収録している。

サッシャ:AIさんは安室奈美恵さんとユニット「SUITE CHIC」もやっていましたよね。
AI:(安室さんから)声をかけられたときは「なんで私を誘ってくれただろう」って思って。当時は誰も私を知らなかったから、私が知られたのは彼女のおかげでもあると思います。そこでラップをしたんです。「私は歌なんだけどな」と思いながら、ラップも好きなので喜んでやりました。(安室さんは)かわいい赤ちゃんみたいな顔をしてるしね(笑)。そんな彼女に声をかけられたら「ぜひ!」って感じでしたね。彼女からはいろんなことを学びましたね。
サッシャ:それで、新曲『Baby You Can Cry』は安室さんとコラボレーションをしたかったと。
AI:そうですね。ちょうど自分の子どもが生まれたタイミングでもあったから、「Baby You Can Cry」ってタイトルにするのもいいなと思って。あとは彼女への感謝の気持ちだったり、自分のルーツだったりをこのアルバムに入れ込みたかったので。サンプリングはヒップホップカルチャーの中でも大事なポイントだと思うので、そういうかたちで曲が作れたのはうれしいなと思います。

番組ではAIの『Baby You Can Cry』をオンエアした。

【radikoで楽曲を聴く】(2019年12月11日28時59分まで)


■AI「TENDREのファンになっちゃった(笑)」

AIの『Baby You Can Cry』はJ-WAVEも参加する全国のFM5局による共同キャンペーン「JFL presents FOR THE NEXT 2019」のキャンペーンソングにも起用されている。

また、AIは全国5都市をめぐるライブツアー「JFL presents LIVE FOR THE NEXT supported by 日本セーフティー」のメインアーティストとして参加。各都市で若手注目アーティストと共演をする。2020年2月23日(日)開催の東京公演には、TENDREがAIとともに出演する。

このライブでAIと初共演を果たすTENDREから番組へメッセージが届いた。

TENDRE:こういう機会をいただけることはめちゃくちゃうれしいです。個人的にAIさんの『ハピネス』が好きで、この曲の持つパワーはもちろん、AIさんの歌声の力強さや多幸感が素晴らしいと思っています。AIさんの歌声を間近で聴けることがすごくうれしいですし、僕自身も歌い手として会場のみなさんが自由に音楽を楽しめるような空間を作れたらいいなと思っています。

このメッセージを聞いてAIは「TENDREのファンになっちゃった(笑)。東京のライブで『ハピネス』を10回くらい歌おうかな」と冗談も交えながら、ライブを心待ちにしていた。

チケットは15日まで先行予約を受付中。公演の詳細は公式ページを見てほしい。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」では、ゲストとして毎回話題のミュージシャンが登場する。放送は月曜~木曜の12時30分頃から。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年12月11日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン