音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』の見どころを監督が語る! 名作SF映画のオマージュも

『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』の見どころを監督が語る! 名作SF映画のオマージュも

J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「MORI BUILDING TOKYO PASSPORT」。12月16日(月)のオンエアでは、クリスマスシーズンに家族で楽しみたい『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』を紹介した。


■大人もハマれるこだわりのポイントは?

『ひつじのショーン』は、世界170の国と地域で放送されているクレイアニメーション。今回の劇場版はシリーズ2作目となる映画作品だ。最新作の撮影について、この作品を監督したウィル・ベチャーが作品の魅力を語った。

ベチャー:今回の作品は、ショーンの新しい友だち・ルーラとの友情を描いた物語です。今まではショーンが楽しくアドベンチャーを繰り広げる物語でしたが、今回はそれ以上に、責任を持つ側に立つという、ショーンにとっても新しい内容になっています。

ひつじのショーン© 2019 Aardman Animations Ltd and Studiocanal SAS. All RightsReserved.

言葉があまりなく、また登場するキャラクターたちによるいたずらや冒険を、最終的にユーモアでラッピングしているといった、子ども以上に大人もハマる要素たっぷりのこの作品。その他にも、大人もハマれるこだわりのポイントを解説した。

ベチャー:今年はアポロ11号の月面着陸50周年ということで、SFを意識した作品にしました。なかでも新しいキャラクターの名前を考えたときには、月面着陸した乗り物の名前がいろいろと提案されました。最終的には、月面着陸を意味する「Lunar Lander」からルーラと名付けました。もしショーンが言葉を話すことができるならば、ショーンも覚えやすい名前だろうと思って付けました。ぜひチェックして欲しいのは、スーパーマーケットのシーンです。よく見てみると、SF絡みのオマージュがところどころ入っています。何の作品のオマージュなのか、子どもだけではなく大人も楽しめるシーンです。



ひつじのショーン© 2019 Aardman Animations Ltd and Studiocanal SAS. All RightsReserved.


■進化するアニメーションの世界と、クレイアニメーション業界の現状

2020年に生誕25周年を迎える『ひつじのショーン』シリーズ。今回は、人形を使った撮影を9ヶ月間かけて行い、最も多いときで30人のアニメーターが、1人あたりにつき1日最大2秒の映像を作るということを目指して、撮影に及んだそう。技術が日々進歩する映画の世界だが、クレイアニメーション業界の現状とは。ベチャーはこう話す。

ベチャー:世界中のアニメーションスタジオと同じように、僕らも新作のたびに新しいテクノロジーを開発しています。ただクレイアニメーションに関しては、テクニック自体は100年前とほぼ同じ方法です。新しいものといえば、撮影したものをすぐに見られる環境でしょうか。以前は、遠く離れたロンドンにフィルムを送って、映像にまたそれを戻してからその状態を見ることができました。今は、照明もLEDに変わり、素材も、3Dプリンターを使って短時間で大量に作ることができます。また、新しい技術といえば、今回の作品においては、エイリアンのルーラが登場するためVFXを使っています。そして、このシリーズの中で初めてCGを使ったのが野菜畑のシーンなのですが、さらにいいシーンにするために、進化した技術ももちろん使っています。

ストーリーのみならず、1シーン1シーンにこだわりが詰め込まれた『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』は、新宿ピカデリーほかで公開中。詳しくはオフィシャルサイトで。

ひつじのショーン© 2019 Aardman Animations Ltd and Studiocanal SAS. All RightsReserved.

『GOOD NEIGHBORS』のワンコーナー「MORI BUILDING TOKYO PASSPORT」では、東京を面白くする、東京を刺激してくれるさまざまなトピックスにフォーカス。放送は月・火・水・木曜の14時頃から。お楽しみに!

【番組情報】
番組名:『GOOD NEIGHBORS』
放送日時:月・火・水・木曜 13時-16時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』
全国公開中
■監督:リチャード・フェラン、ウィル・ベチャー
■脚本:マーク・バートン、ジョン・ブラウン
■製作:アードマン・アニメーションズ、スタジオ・カナル
2019/イギリス・フランス/アニメーション/英語/カラー/原題 Shaun the Sheep Movie: Farmageddon
■配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
© 2019 Aardman Animations Ltd and Studiocanal SAS. All RightsReserved.

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。