音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ライゾマティクス・真鍋大度が語る、

ライゾマティクス・真鍋大度が語る、"チームにアイデアを共有する方法"とは

J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』(ナビゲーター:クリス智子)。「PIECE OF STYLE」というコーナーで10月15日(火)~17日(木)の3日間、ライゾマティクス・真鍋大度がゲストで登場。自分のイメージを共有する方法や、音楽とシステムとの両立を語った。ここでは、16日(水)のトークをお届けしよう。

・10月15日(火)のオンエアをradikoで聴く(2019年10月22日28時59分まで)
・10月17日(木)のオンエアをradikoで聴く(2019年10月24日28時59分まで)


■頭のなかのイメージをチームに共有するには

今回のトークテーマとして"インスピレーション"が取り上げられた。アイディアの具現化に至るまでの工程について、真鍋さんが説明する。

真鍋:他のメンバーと話してて、何か思い浮かぶことが多いですね。最初のアイデアはポンポン出たりするんですけど、最後にどうやってそれを(チームに共有するために)出していくのかっていうのが難しくて。

「どういう部分がチームと情報共有しやすいか?」とクリス智子が質問すると......。

真鍋:技術的なことは一番共有しやすくて。それを使って作品を作るには、最初は誰かの頭の中にしか(アイデアが)なかったりするので。それを絵にしたり、ソフトウェアでプロトタイプを作ったりして、ちょっとずつ共有していく形です。

現在のチームは10年以上活動を共にしているメンバーのため、一言話せば全員が理解できる関係性だという。コラボレーションでは新たなチームと活動する場面があるため、「どうすれば自分たちと同じ感覚になってもらえるか」というフェーズが必要だと真鍋さんは語った。当初は頭に描くイメージの共有に苦戦したが、少しずつ歳月をかけて効率化されたという。


■音楽とシステムの両立を考える

メディアアーティスト・プログラマー・デザイナー・DJなど多岐に渡って活躍する真鍋さん。10月6日(日)に行われた「discrete figures Special Edition」の公演を振り返り、音楽とシステムの両立について語った。

真鍋:札幌の公演は、ほとんど自分が曲を作っているんですよ。音の作業は感覚でできるんですけど、システムはそうもいかないので。頭の使い方が全然違いますね。音の作業のほうが楽しいです。システムは得意だし、自分の職能としては一番正しいとは思うですけど。(音とシステムのバランスを取るのは)難しいなって、最近思ってました。

番組では他にも、"本を好きな人たちが集まる場"であるブックカフェ&バー、「BAG ONE」を紹介する場面があった。 radikoでチェックしてみてほしい。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年10月23日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOOD NEIGHBORS』
放送日時:月・火・水・木曜 13時-16時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。