音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
DYGL・下中が「ローファイ」をテーマに選曲! Instagramをチェックするほど憧れているバンドとは?

DYGL・下中が「ローファイ」をテーマに選曲! Instagramをチェックするほど憧れているバンドとは?

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)のワンコーナー「SONAR'S ROOM」。毎週火曜日はDYGLが登場。9月24日のオンエアでは、下中洋介(Gt)が「ローファイ」をテーマに語った。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年10月1日28時59分まで)


■下中が憧れるバンド

下中は「あまりローファイで音楽をくくるのは好きじゃないんですけど」と前置きした上で「60年代のバンド形式は全部ローファイみたいに感じる」と語る。さっそく「ローファイ」をテーマに3曲を紹介した。

・The Gordons『I Just Can't Stop』

下中:ニュージーランドのバンドですね。Flying Nun Recordsというレーベルのコンピレーションに入っていて、すごく印象的だなと思って、僕の頭のなかに入っていたんです。ちょうど「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)」でニュージーランドのバンドとライブをすることになって「The Gordonsって知ってる?」「知ってる。カッコいいよね」みたいな話をして、ニュージーランドの人とThe Gordonsの話をできたという、僕のなかではいい思い出があります。

・The Stevens『Turpins Falls』

下中:オーストラリアのバンド・The Foetalsのライブをロンドンで観ました。Instagramをボーカルの人と交換して、ちょっとだけしゃべっただけなんですけど、僕は彼のギターが好きで、見た目もカッコいい人なんです。憧れもあって、その人のインスタを見ていました。ストーリーズに惜しみなく好きな音楽をあげてくれるんですけど、そこにThe Stevensのアルバムが入ってまして「これはチェックしよう」って聴いて、その中で好きになったのが『Turpins Falls』です。キャッチーだし音もローファイでくくられると思うけど、こういう生っぽい音のほうが演奏の熱量が伝わりますよね。

・The Foetals『Fine』

下中:ボーカルの人が、カッコいいんですよ。ライブを観ていても、すごくギターが好きなんだなというのを感じます。アルバム制作は、たしか1週間かかってないんですよ。かなりのスピード感で作ったアルバムだと思うんですけど、すごくいい曲が集まってるし、すごくキャッチーで親しみやすいので、僕は本当に好きですね。いい意味で作り込みすぎてないというか、あまり脳みそでの判断が含まれてない感じで大好きです。パワーポップに近いかもしれないです。僕はパワーポップが好きなので共鳴したのかなと思います。

下中が紹介したバンドを、ぜひチェックしてほしい。

J-WAVE『SONAR MUSIC』のワンコーナー「SONAR'S ROOM」では、月曜から木曜まで日替わりのアーティストが、今の自分たちの音楽に影響を与えたカルチャーについて語っている。放送は月曜~木曜の22時30分頃から。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年10月1日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン